今日から逆上がりマスター!超簡単逆上がりのコツとお役立ちアイテム

子供が小学校低学年にもなると、親としては「そろそろ逆上がりができてほしい」なんて思ってしまいますよね。でもいざ教えようとすると難しいもの。「どうやって教えればいいのかわからない」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?逆上がりの習得にはちょっとしたコツがあります。また、身近なあるアイテムを使った練習法が逆上がりの練習に効果的なので、何度も試したけどダメだった…なんて方も、ここで紹介する練習法でぜひリトライしてみてください。

逆上がりをはじめる前に。体を持ち上げる筋力を付けよう!

逆上がりができない子には、腕が伸びきってしまうという特徴があります。体を持ち上げるだけの腕と背中の筋力がないことが原因です。筋力が備わっていないと、いくらコツがわかっていても逆上がりを成功させることはできないので、まずは必要な筋力を身につけるトレーニングをしましょう。逆上がりに有効な筋力トレーニングは以下の2つ。斜めけんすいは小さな子供でもやりやすいので、斜めけんすいからはじめて、慣れてきたらダンゴムシのぶら下がりに挑戦しましょう。

1.斜めけんすい

胸より下の高さの低めの鉄棒につかまり、足を前にずらして体が斜めになるようにします。胸を鉄棒に引き寄せるように腕を曲げたり、伸ばしたりします。1セット10回で、12セット以上を目標に頑張りましょう。

2.ダンゴムシのぶら下がり

肘を曲げた状態で鉄棒にぶら下がります。膝を胸に近づけるように引き上げた状態でまずは5秒間キープ。腕力だけでなく、背筋も鍛えることができるので、逆上がりに非常に有効なトレーニングです。10秒できるようになれば合格です。

最適な鉄棒の高さは?順手・逆手どっちがいい?基本姿勢を確認しよう

鉄棒の高さについて

逆上がりの練習に適した鉄棒の高さは、子供の腰から胸くらいの高さです。とはいっても、幼児の腰から胸くらいの高さの鉄棒って意外とないですよね。その場合は近所の公園でいちばん低い鉄棒を探して練習しましょう。

握り方について

私が子供の頃は、“逆上がりは逆手がいい”と教わりましたが、最近では順手が主流のようです。でも特にどちらがいいということもないので、両方やってみて子供が握りやすい方、うまく回れそうな方を決めてやってみましょう。

回る前の基本姿勢

鉄棒の近くに立って肩幅の間隔で鉄棒を握りましょう。両足は前後に軽く開きます。肘を軽く曲げて、手首は下に向けます。

いよいよ逆上がり!3ステップで回ろう

筋力と基本姿勢を身につけたら、ようやく逆上がりに挑戦です。次の3ステップを頭に入れてトライしてみましょう。ポイントは、終始脇をしっかりしめて腕を伸ばさないこと。最初は補助をしてあげながら、コツを掴めるまで何度も繰り返し練習することが大切です。 

ステップ1:「ドン!」と思い切り地面を蹴る

基本姿勢で前になっている足を踏み切り足にして、鉄棒の少し向こう側の地面を思い切り「ドン!」と踏み込みます。下に強く踏み込むことで生じる反発力を利用して体を持ち上げます。

ステップ2:頭の上の方で蹴り上げる

次に1と反対の足(基本姿勢の後ろの足)を思い切り蹴り上げます。逆上がりができない子は前に蹴ってしまいがちですが、これでは体が回転しません。頭の真上を蹴るイメージで大きく足を振り上げましょう。「ここを蹴るんだよー」と蹴る位置をボールなどで確認するとイメージが掴みやすいですね。

 ステップ3:おへそをグッと鉄棒に引き寄せる

蹴り上げたら、肘をさらに曲げておへそを鉄棒に引き寄せます。最初のうちは腰を支えて補助してあげるといいでしょう。この時、あごが上がってしまうと回転しないので、「あごを引いてねー」と声をかけましょう。最後に膝を伸ばして体を起こします。

タオルを補助道具にすれば、筋力がなくてもできちゃう! 

自力でできるようになるまで、大人が補助をして回転するイメージを掴むことが大切です。他にも、身近なタオルを補助道具として使うこともできます。大人の力を借りていない分、「自分でできた!」という成功の感覚がより強く持てるかもしれませんね。 

タオルを使った練習法

90cm程度の一般的な長さのハンドタオルを用意。鉄棒の近くに立ってタオルを腰に回し、両端を鉄棒にかけて両手で抑えるように握ります。この状態で逆上がりをするだけ。お腹が鉄棒から離れないようにタオルが補助してくれているので、驚くほど簡単に回れてしまいます。

「できた!」成功の瞬間を子供に

筋力とコツ、両方の体得が必要な逆上がりは、何度もあきらめずに取り組む姿勢が大切です。努力して手に入れた「できた!」という成功体験は、子供を大きく成長させます。だからこそぜひ、その瞬間を味わってほしいですよね。補助することはもちろんですが、声掛けをしたり、褒めてあげたり、時には親自身が一緒になって挑戦してみるなど、楽しみながらサポートしてあげましょう。