ひと昔前にタイムスリップ!? レトロな下町の『あらかわ遊園』

ママはおでかけスポット検索マニア!Vol.9

おでかけ大好き6歳長男と、外では抱っこちゃん1歳次男のおでかけレポート!
インドアなパパを連れ出すために、ママがおでかけプランに試行錯誤!?


大混雑のテーマパークとは違ってゆっくりできる遊園地!
「たまには遊園地に行きたいな~。でも、あまり遠くなく気軽に行きたい!」と思い立って、
「気軽・遊園地・子ども」で検索!家からいちばん近場の『あらかわ遊園』がヒットしました~。
公式HPで詳細を見てみると、ちびっこ広場やのりもの広場といった子どもが好きそうなキーワードがたくさん!
さぁ、都電に乗って『あらかわ遊園』へGO!

都電荒川線「荒川遊園地前」駅で降り、公園を横目に遊歩道をのんびり歩くこと15分くらい(大人の足だと徒歩3分くらい)で到着。入り口からは大きな観覧者がお出迎え。
「観覧者乗る~!」と長男、さっそくテンションがマックス状態。
興奮するとよくしゃべる、しゃべる(笑)。
入園前からの楽しそうな長男を見て連れてきてよかったと満足してしまいそうでした。

のりもの広場には、豆汽車・ファミリーコースター・スカイサイクルなど小さい子どもでも安心して乗れるのりものばかり。
週末に行ったので並びましたが、どれも20分前後待ちくらいなので飽きることなく待てました。(えらい!)
次男くんは豆汽車だけ乗りましたが、終始スマイル全開で楽しそう!


どうぶつ広場でおサルにエサやり!
arakawayuen_2

エサをあげるとおサルさんがたくさん寄ってきてくれる!けど、長男はちょっと怖かった様子。
でも、「かわいいね~♪」とうれしそうな笑顔にほっこり。
そして、どうぶつ広場にはコインを入れて動くどうぶつの乗り物がたくさんありました。
デパートの屋上でよく見たアレ!です。「懐かしい」と思わずつぶやいてしまった私。
どうやら子ども心をくすぐるようで、どうぶつはほどほどに乗り物に乗って運転していました。


お昼は広―いしばふ広場でお弁当&のんびりタイム

簡単なお弁当(お弁当持ち込みOK!)を隅田川の風が心地良いしばふ広場で食べました~。
お昼ご飯時間もすぐに終わり、ママたちは座ってのんびり、子どもたちは駆けまわり楽しい時間を過ごしました。

午後は、釣り堀で釣りやポニー乗馬を体験。
どれも激混みということはなく、子どもも飽きないのでママもストレスフリーでうれしい限り。
さすが、下町の遊園地。のんびりとした時間を過ごせる遊園地なんてなかなかない!と私は気に入りました。
(無料開園日が年に何回かあって、そのときは激混みとのうわさが。HPで確認してみてください!)
ちなみに、入園料は大人でも200円というお財布にやさしいお値段。
のりものチケット代はまた別ですが、大人とのセット券などお得なチケットもありますよ。

のんびり遊園地を楽しみたい親子にぴったりのあらかわ遊園。
夏(プールがあります!)に、また行こうと長男と約束しました~♪


(文:アンドウケイ)


<あらかわ遊園>
住所:東京都荒川区西尾久6-35-11
開園時間:9:00~17:00
休園日:各月の休園日等については、HPの営業カレンダーをご覧ください。
入館料:大人 200円
小中学生 100円(平日 無料)
65歳以上 100円
未就学児・障碍者手帳をお持ちの方 無料

EPARKママこえ「あらかわ遊園」の口コミはコチラ

ライタープロフィール

やっと小学校に慣れてきた一年生の長男、新しい保育園でもニコニコ次男。
ふたりの男の子のママです。日々の悩みは「今日の夜ごはんどうしよう~?」です!