外国人観光客にもひそかな人気! すべてがタイヤで作られた「タイヤ公園」

高齢ママの、がんばる!外遊びVol.5 『タイヤ公園』

園庭のない保育園に通い外遊びが少ない息子。
休日は外で思い切り遊ばせてあげたいと日々外遊びスポットを検索しています。
みなさんにオススメのお出かけ情報をご紹介していきます!



高さ8mのタイヤのゴジラが待っている!海外でも注目されている公園!

みなさん、東京大田区にある「タイヤ公園」って知っていますか?
その名のとおり、すべての遊具が「タイヤ」でできている全国でも珍しい公園です。
JR京浜東北線の蒲田駅から徒歩15分に位置するタイヤ公園(正式名称は「西六郷公園」ですがその名称で呼んでいる人はいない)は、平日は幼稚園や保育園の子どもがいっぱい、休日は遠方からもたくさんの親子が集まる大人気の公園です。

公園に着いて圧倒されるのが、高さ8メートルもあるタイヤのゴジラ。
そして見渡すと、タイヤ、タイヤ、タイヤだらけ!!
タイヤのロボット、タイヤのブランコ、すべり台はタイヤをおしりの下にしいてすべることができます。
大きい子どもはゴジラやロボットに登ってアクロバティックに動いていますが、乳幼児もお砂場や小さいタイヤがあるので安心して遊べます。
お砂場は定期的にお掃除の方がチェックしてくれているのでゴミなどほとんどありません。
トイレもありますし、おむつ替えスペースもあります。


オススメは大人でも怖いくらいのすべり台!

タイヤ公園でぜひ体験していただきたいのが広いすべり台です。
たかがすべり台と思って甘くみてはいけません。
大人でもけっこう怖いです。
子どもが3歳くらいまでは抱っこしながらすべっていましたが「ひゃ~怖い!」と私も思わず声がでてしまうほどでした。
でも子どもは楽しいようで何度でもすべりたがります。
そうそう、このすべり台の要注意ポイントはパンツ(ズボン)にけっこうなダメージがくること! お高いデニムやパンツを履いて行ってはいけません。
私に抱っこされながらすべっていたわが子が、恐々ながら自分ひとりですべれるようになり、さらにタイヤを抱えて頂上まで登り、私と競争してすべれるように。
子どもの成長もこのすべり台で感じることができます。
先日も得意げに滑る息子の姿を見て、「小さいときはすべるのが怖くて頂上でワンワン泣いてよね…」と感慨にひたりました。

 

公園のすぐ横にはJR京浜東北線と東海道線が走っており、鉄っちゃんのお子さんにももってこいのロケーションです。
ときにはスーパービュー踊り子や成田エクスプレスが走ることもありますよ。

この公園、最近では外国人観光客にもひそかな人気になっているそうです。
廃タイヤをリサイクルして公園の遊具にする「MOTTAINAI」精神が観光客にも評価されているとか。
今後は子どもたちだけではなく、外国人観光客も押し寄せてしまうのでしょうか…。
1日中あそべる大満足のタイヤ公園ですが、ひとつ困ることが。
それは日差しを遮る場所がほとんどないこと!
屋根付きの休憩場所は少しありますが、遊具がある場所は直射日光がガンガンです。
天気のいい日の紫外線&熱中症対策はママも子どもも忘れずに!

(文:スズキユキコ)

タイヤ公園(西六郷公園)>
住所:東京都大田区西六郷一丁目6番1号

便利でおトク! オンライン事前決済チケット

ライタープロフィール

スズキユキコ
4歳の男の子のママ。商社勤務と編集者を経て、38歳で出産しました。老いた肉体にムチうちながら休日は子どもと外遊びしてます。