【おでかけコラム】公園に動物園に水遊び! 子どもが喜ぶ遊びがいっぱい「東京ドイツ村」

高齢ママの、がんばる!外遊び Vol.1『東京ドイツ村』

園庭のない保育園に通い外遊びが少ない息子。休日は外で思い切り遊ばせてあげたいと日々外遊びスポットを検索しています。みなさんにオススメのお出かけ情報をご紹介していきます!

保育園は園庭がなく、休日の近所の公園も人が多くて思い切り遊べないわが子。
人が少なくて思いっきり広いところで好きなだけ遊ばせてあげたいって思います。

都心から遠くなく、そんな楽しい場所がないかな…と探していたときにママ友から教えてもらったのが「東京ドイツ村」でした。

「千葉にあるのになんで『東京ドイツ村』?」とネーミングの怪しさに最初あまり期待していなかったのですが、行ってみたら最高に楽しい!子どもが楽しめる要素がいっぱい詰まったテーマパークなのです。

おもしろいのは広い園内を車で移動できること。もちろん歩いても移動できるのですが、
かなり広い敷地(しかも傾斜あり)なので、車で移動は小さい子ども連れだととても便利です。エリアはテーマごとにわかれていて、どれも小さい子どもにとって楽しいものばかり!いくつかご紹介しますね。

わんぱく広場

広~い広~い芝生の敷地にブランコ、ジャングルジム、ターザンロープなど遊具がたくさん。
近所の公園での「次のお友達が待ってるから交代しようね」とお決まりのセリフを言う必要もありません。遊具の数もたくさんあるし、いつも空いています。
他にも芝生にねころんだり、ボール遊びをしたり、凧揚げをしたり…。好きなことをして遊べます。

こども動物園

ヤギやひつじ、モルモット、リスなど子どもが大好きな小動物がいて、動物園デビューにもってこいの場所。自動販売機でえさを買って、動物たちにえさをあげられます。(最近えさが100円から200円に値上がりしてちょっと残念…)
2月はヤギの赤ちゃんがたくさん産まれるそうなので、キュートな赤ちゃんヤギたちに会えるかも…?!

収穫体験

じゃがいも、しいたけ、たけのこなど季節に応じた野菜や果物の収穫体験ができます。
みかん狩りの食べ放題なんていうのもありますよ。

その他、大きい観覧車やミニ遊園地、パターゴルフなど1日じゃ遊びきれないほどたくさんのエリアがあります。

そしてそして、なんといっても我が家のイチオシは夏場の水あそび!!
じゃぶじゃぶ池の大きいバージョンなのですが、地下水から湧き出たお水が冷たくて気持ちいい!噴水やすべり台もあり、赤ちゃんから小学生まで楽しめるエリアです。
我が家はドイツ村の水遊びに行くために年間パスポートを買い、テント、テーブル、椅子などアウトドア購入したくらい入れ込んでます。

「どこがドイツなの…?」と疑問に思うところもありますが、そんなことどうでもいいや!と思うくらい楽しいスポットです。(安心してください。ドイツ風の建物やドイツ料理が食べられるところもありますよ!)

アクアラインに乗ると30分足らずで到着、気軽に行ける遊び場です。
同じ千葉県にある「東京ディズニーランド」もいいですが、「東京ドイツ村」もオススメですよ!

 

(文:スズキユキコ)

 

<東京ドイツ村>
住所:千葉県袖ケ浦市永吉419
営業時間:9:30~17:00 最終入園16:00(日程によって変更あり)
入園料:大人 1200円 中・高校生 800円 4歳~小学生 600円
シニア(65歳以上・要証明書提示) 1000円 ※3歳以下無料

EPARKママこえ「東京ドイツ村」の口コミはコチラ

ライタープロフィール

スズキユキコ
4歳の男の子のママ。商社勤務と編集者を経て、38歳で出産しました。老いた肉体にムチうちながら休日は子どもと外遊びしてます。