ラウンドワン横浜西口店で初めてのボーリングにチャレンジ!!

お昼過ぎでも気軽に行けるラウンドワン横浜西口店

雨でお外におでかけできないとおとなしく自宅ですごそうとした時、長女7歳(小学校1年生)、次女4歳、三女1歳の3姉妹の我が家はおとなしく過ごせるはずもなく、お昼過ぎでも気軽に子連れで入店のできるお店があればと考えた末、ラウンドワン横浜西口店へおでかけしました。ラウンドワンでは保護者同伴であれば夜23時まで入店自体は可能との事で、少しゆっくりと過ごした日でも、おでかけを諦めなくて良い所も魅力です。

横浜駅西口からほぼまっすぐの道を歩き、子どもの足で約10分弱で到着!!

1123_2

 

横浜駅近くのラウンドワンに駐車場はないだろうと思って公共機関を利用して来店をした私達。しかし、現地に着くとしっかり駐車サービスがあった事に驚きました。駐車場利用の場合は、1施設につき1,000円以上の利用で、3時間の駐車サービスがあり、車庫には高さ等の制限があるので、注意が必要です。

ラウンドワンの近くにはダイエーやビブレがあり、お買い物の街というイメージがありましたが、お買い物の間の足休めに遊びに来られるのも魅力のひとつだと思いました。

子どもにはまだまだ重いボールでも、専用すべり台からシューッ!!

1123_3

 

お店で貸してくれるシューズのサイズは、一番小さいもので18センチだったので、18センチ以下のお子様の場合はマイシューズが必要です。ゲームでは、どんなに軽いボールでも、4歳の子どもが投げるにはまだまだ力が必要です。

しかし、ラウンドワンのボーリングでは、お子様の利用の際、ボールをすべり台の上からすべらせる事で、レーンに投入させ、ピンを倒して遊ぶ事のできるすべり台を無料で貸してくれるので、小学生以下のお子様もボーリングを楽しむ事ができます。また、ガーター防止策を付けてくれるので、必ず1本はピンを倒す事ができるため、飽きずに最後まで「今何本倒れた?」と嬉しそうに聞いて来ました。

家族の応援も一生懸命!! ボーリングで家族の絆を再確認。

1123_4

 

子ども達は自分も楽しいと思えるゲームだと、自分以外の人がどうやってボールを投げるのか、何本倒れるのかなど、興味津々になるものです。ボーリングがこんなにも楽しいものなのかと実感した娘達は、自分の順番を心待ちにしながら、画面に表示されるピンや点数を夢中で見ていました。

また、ラウンドワンでは30分に1度、スタッフからのアナウンスで、場内全体でのイベントがあり、ライトを暗くし光るレーンの上でスペアかストライクを決めると、ラウンドワンオリジナルグッズのプレゼントやプリクラ無料券のプレゼントがある等、場内全体が盛り上がりました。

ボーリングの後もまだまだお楽しみが続き、嬉しそうな娘。

1123_5

 

ボーリングのゲームが終った後、スタッフからプリクラ1回無料券と、ラウンドワン限定オリジナルグッズ(ぬいぐるみ)、クレーンゲーム無料券を4枚も頂いて、早速プリクラを撮る事にしました。プリクラなんて撮ったの何年ぶりだろうと懐かしさもありましたが、現代のプリクラは髪の色も変えられたり、メイクが出来たりと技術の進歩の素晴らしさを感じました。

クレーンゲームの無料券は対象の台が決まっていましたが、老若男女問わず楽しめる景品があり、一緒にハラハラドキドキしながらゲームを楽しむ事が出来ました。お菓子からグッズまで、ぬいぐるみ以外の景品も充実していて、大人の方もつい夢中になって楽しめます。

いつまでも遊んでいられる『ラウンドワン横浜駅西口店』!

1123_6

 

10月1日からのキャペーンで、大人1人につき、「小学生以下のお子様1人無料」を実施していました。ママとパパと大人が2名いたので、小学校1年生である長女と4歳である次女の分のゲーム代は無料となり、かかったのは大人分のゲーム料金と家族の貸し靴だけでした。カラオケについてもルーム代無料(ドリンクバー付)の特典があったり、ポケモンカレンダーのプレゼントがある等、小さな子連れでの来店も歓迎ムードだったので、楽しく遊ぶことができ、よかったです。

ラウンドワン横浜西口店では、ボーリング、カラオケ、ゲームセンター以外にもビリヤード、ダーツの施設があるので、いつまでも遊んでいられる魅力的な場所でした。

(文:3姉妹ママ)

<ラウンドワン横浜西口店>
住所:神奈川県横浜市西区南幸2-8-16
電話番号:045-412-0880(代表番号)

>>EPARKママこえ「ラウンドワン横浜西口店」の施設情報はコチラ

ライタープロフィール

3姉妹ママ
1歳から小学校1年生の姉妹がいるので、親としてはみんなが一緒に楽しめるお出かけスポットがあると嬉しい!ママも子どもの笑顔になれる場所を探し求めて、日々リサーチ中です。