『多摩動物公園』へたくさんの動物に会いに行ったよ!

子育てママにオススメの『多摩動物公園』

パパママと2歳の女の子で、月曜日の午前中から東京都日野市にある『多摩動物公園』へたくさんの様々な動物に会いにいくためにおでかけしました。ふれあいコーナーでは実際にモルモットを抱っこしたりナデナデしたりしながらふれあいを楽しむことができ、初めは驚きながらさわりつつも初めてのふれあいに娘も大喜びです! 

モノレールに乗って楽しみながら『多摩動物公園』に無事到着!

1015_2

 

JR中央線の立川駅から、多摩モノレールに乗り換えて『多摩動物公園』へと向かいました。立川駅でも全く迷うことなく乗り換えられ、多摩動物公園駅へと到着しました。動物園に直結している便利な駅なので、下車してからすぐに動物園へ行くことができて子供もぐずることもなく、とても快適でした。ホームページ上には動物園の駐車場がないと記載がありましたが、周りには民間の駐車場がとてもたくさんあり、車で行っても十分に楽しめます。

とても間近で生まれてはじめてのカンガルーとご対面!

1015_3

 

オーストラリアの人気者カンガルーのコーナーがありました。娘は生まれて初めて間近で見るカンガルーの跳ねる姿に少し驚きつつもじっくりと見入っていました。動物園によくある檻の中にいる動物を見るという展示方法ではなく、とても近い距離でカンガルーを眺めることができるようになっており、溝が手前にありましたが柵のようなものもなく娘は「ママ、カンガルーが跳んできたらどうしよう?」と言うほど臨場感があふれるワクワクする楽しいコーナーになっていました。説明なども表示されていて、子供だけでなく大人も生態を知ることができ、楽しむことができます。

貴重な体験ができました! ゾウさんのフンってくさくないの?

1015_4

 

ゾウがいた場所のすぐ脇には、ボランティアのスタッフさんがいて、ゾウのフンを実際に持ってみてくださいと声をかけてくれました。そこでは網に入った乾燥させたゾウのフンを手で持って重さを実感したり臭いを嗅いだりすることができました。やはり最初はゾウのフンということもあって、少し躊躇しながらも2歳の娘は網を手で持ってとても楽しそうでした。私も実際に持ってみたのですが、意外に軽かったのでとても驚きました。普段はなかなかゾウのフンを手にすることはできないので、とても貴重な体験ができて、楽しかったです。

キリンのえさやりを初めて目の前で見学でき、ドキドキでした!

1015_5

 

キリンの展示施設には、キリンがとても間近で見られるような工夫がありました。見学スペースには透明な仕切りがあるので、小さな子どもでもキリンの足元から頭の先までしっかりと見ることができてとても楽しそうでした。訪れた時間はちょうどキリンのえさの時間だったので、とても高い位置でキリンが食事をしている光景を一生懸命顔を上に向けて近くから見ようとする娘の姿がほほえましかったです。高い位置には網も張られていて大人でもキリンの息遣いを感じることができ、子どもと一緒になって楽しむことができてよかったです。他の動物園にもキリンはいますが、ここまで近くで見ることができるのは初めてだったので親子ともども楽しめました。

『多摩動物公園』は子育てママに嬉しいサービスがたくさん!

1115_6

 

園内の入口を入ると、すぐパンフレットが置かれていてどのように順路を回ったらよいのかが分かりました。また少し進むととても大きな展示スペースがあり、パンフレットの図が拡大されて掲示されているので、パンフレットの文字が小さく見えづらいという方でも、そこで一目で行きたい動物の園舎などを確認することができるので、とても親切だと思いました。また、入口付近には有料(一日500円)のベビーカーの貸し出しがあったり、迷子札を作成できるスペース(無料)もあり、子育てママにはとても嬉しいサービスがたくさんあります。園内を走るバス(無料)は坂道の多い動物園を快適に進むことができるので、小さいお子さん連れの場合など、ぜひご利用してみてはいかがでしょうか。

(文:ららちゃんママ)

<多摩動物公園>
住所:〒191-0042 東京都日野市程久保7-1-1
電話番号:042-591-1611(代表番号)
営業時間:[月火木金土日祝] 09:30~17:00

>>EPARKママこえ「多摩動物公園」の施設情報はコチラ

ライタープロフィール

ららちゃんママ
2歳の女の子のママ。元気に走り回って時折迷子になりそうになりながらも一緒に楽しめる場所を探すことに楽しみを見いだしている日々。これからも娘と一緒にママも成長します!