『ソニー・エクスプローラサイエンス』で光と音の科学体験!

理科や化学に興味を持ったらココ!

10月の週末、10歳の息子とお台場のアクアシティにある『ソニー・エクスプローラサイエンス』へおでかけしました。ここは、ソニーが経営する「光と音のつながりと、その効果を学ぶことができる体験型科学館」です。最近、理科や化学に興味を持ち始めた息子にピッタリだと思い、行ってみることにしました。

品川駅からレインボーバスに乗り換えて、レインボーブリッジを渡ってお台場に到着!

1107_1

 

品川駅から『お台場レインボーバス』に乗って、いざお台場へ! お台場へ行く時は、いつもこのバスに乗ります。田町駅からも出ているので、利用しやすいです。東京湾が見えてきたら、レインボーブリッジを渡り、20分ほどで「フジテレビ前」に下車しました。

アクアシティのヒルトンお台場側の入口から入ったら、メディアージュへ行けずに迷ってしまいました。デックス東京ビーチ側から入り、メディアージュの5Fに上がらないと辿り着かないので、要注意です。館内は、飴、ガムを含む飲食が一切禁止なので、事前に食べ物は買わないほうが良いですよ。

『AR(拡張現実)ヘンシンミラー』で、いろいろなキャラクターに変身したよ!

1107_2

 

チケットと買って入場して自動ドアが開くと、そこは近未来のような世界が広がっていました。最初は『インフォメーション&エンタテインメントゾーン』で、最初のコンテンツがこの『ARヘンシンミラー』です。カメラでとらえた顔の位置や人の動きを瞬時にコンピュータ処理し、そこに様々な情報を重ねあわせることにより、いろいろなキャラクターに変身したかのような画像が画面の中に現れます。首をかしげるとコンピュータが反応し、キャラクターが次々と変わるのがおもしろかったです。

丁度ハロウィンバージョンだったので、顔がカボチャや魔女になり、大人も子どもも一緒に楽しめました。混雑していても、並ばずに遊べるのが良いと思いました。

『マーブルマーケット』でコンピュータと対戦!

1107_3

 

次に『ライト ゾーン』へ行きました。ここは、光をテーマにしたゾーンで、映像体験で頭も体も使って遊ぶことができます。中でも息子は『マーブル マーケット』が気に入った様子。テーブルに触れるだけで、コンピュータが反応し、光のマーブルを沢山集めた人が勝つゲームです。

このしくみは、ソニーコンピュータサイエンス研究所が生み出した「ハイパースキン」というセンサー技術が使われていて、コンピューターは、テーブルに触れている人体の位置を計測します。何人で触っても、全ての人体を同時に認識することができるそうです。息子はコンピュータ相手に、何度も対戦していました。やり方が分からないでいると、館内にいるスタッフが遊び方を教えてくれるので助かりました。

『オーシャンスコープ』で、海の中の生き物を探してみたよ!

1107_4

 

同じく『ライト ゾーン』にある『オーシャンスコープ』で遊びました。入り口にあるタブレットを一人一つ持って、中に入ります。タブレットを使用し、画面上でカンブリア紀中期(約5億年前)の絶滅したバージェス動物群か、現存する希少海洋生物群かを選択し、生物探索を開始します。円柱形のフィールド内は海中をイメージしたデザインになっていて、タブレットをかざすと、内臓のカメラで撮影されるフィールド内の画像(現実の画像)とCGで制作された生物(バーチャルな画像)を合成して表示します(AR技術)。

体験者は潜水艦に乗って探索している設定となっているため、限られた探索時間中にどれだけ収集できるかがミッションとなります。これは、子どもだけでなく、大人もハマって生き物をたくさん集めたくなります。タブレットが5個しかないので、混雑時は待つことになりそうです。

『ソニー・エクスプローラサイエンス』は大人も子どもも楽しめる! 

1107_5

 

週末には、ミニ実験を交えたショー「○×サバイバルクイズ」を開催していました。見事正解すると、プレゼントがもらえるみたいですよ。他にも、3D映像が観れたり、時間帯によっては、ショーやミニ実験が行われているようです。館内はそれほど広くないですが、光と音で構成されたコンテンツなどが40種類近くあり、大人も子どもも楽しめ、時間が過ぎるのがあっという間でした。週末なのにそれほど混雑していなかったので、自由に遊べてよかったです。

入場券は当日中であれば、出入りが自由なので、アクアシティなどで買物や食事を済ませて、また戻ってきて遊べますよ。館内は飲食禁止なので、自動販売機も売店もありません。このシステムを利用して、お昼やお茶は外ですませればよいですね。『体験型科学館』ということだったので、もっと難しい、堅苦しいイメージで行きましたが、思った以上に楽しくて、室内なのに体もたくさん動かせて、息子も大満足でした。

(文:市川智子)

<ソニー・エクスプローラサイエンス>
住所:〒135-0091 東京都港区台場1-7-1 メディアージュ5F
電話番号:03-5531-2186(代表番号)
営業時間:10:00~19:00 ※最終入場 18:30
休館日:毎月第2・第4火曜日、12月31日、1月1日、施設法定点検日(通常1月)
※祝日、春・夏・冬休み期間は開館

>>EPARKママこえ「ソニー・エクスプローラサイエンス」の施設情報はコチラ

ライタープロフィール

市川智子
14歳の女の子と10歳の男の子のママ。お姉ちゃんが塾や勉強で忙しく、息子と一緒にお出掛けする機会が多いので、楽しく遊べて色々なことを学べるお出かけスポットを探索中。