名古屋市科学館! 電車好き2歳児が好きな遊び場徹底解剖!

愛知県名古屋市の名古屋市科学館は、プラネタリウム・ブラザーアースを持つ科学館。パパの夏休みの日、パパとママ、幼稚園児の3歳の娘と2歳の男の子2人の家族4人で訪れました。

当日はブラザーアースのチケットは90分待ち。泣くことも考えてプラネタリウムを見るのは諦めました。科学館は対象年齢が高いように思いますが、2歳児の男児でも遊べる内容とは何があるんでしょうか?

最初はここ! ジオラマ大好きな息子はここだけでも充分なくらい!

0831_odekake_1

 

お盆休みまっただ中。駐車場にとめようとしたら、まさかの「満車」! 科学館前も行列でプラネタリウムチケット90分待ちでした。2歳児はプラネタリウム内でしゃべってしまうことも考えて、最初から予定には組み込まずでしたが、ここまで混んでいるなんて意外すぎ!

午前中でもかなり混んでいたので、午後より午前がねらい目のような気がします。

大好きなジオラマは3階にあります。真っ先にGO!! 新幹線や名古屋鉄道の車両をじーっと眺める息子。夢中なものを見ていると本当に大人しいです。

気分は運転士? スイッチを押すだけでも嬉しそう!

0831_odekake_2

 

3階のジオラマ、横にスタートスイッチがあります。電車が動かなくなると「スタート」スイッチを押しに走る息子。前にも来たことがあるのでスイッチ位置も教えなくても知ってるんです。新幹線や名古屋鉄道、JRの電車が順番に走るので、走ると透明階段へかけよって上から走っている様子を確認するのは車掌さんのよう!?

2歳児でも「操作している」感覚はあるみたいで、止まるとこのスイッチブースに駆け寄る様子が親も見ていて面白い! ちゃんと電車の様子を確認しています。

はぐるま“ぐるぐる”だってできるよ! おもちゃみたいに遊べる?

0831_odekake_3

 

歯車展示もあります。いろんな形のはぐるま、取っ手が前についていて時計回りにぐるぐると回すと歯車が動くしくみです。これが息子は本当に大好きで!

1つのはぐるまでは飽きたらず、2つめ、3つ目と順番に回していきます。その後、全部巡った後は、一番最初に回したはぐるまに戻ってきて再度ぐるぐる……。

科学館では、スイッチを押すだけ、レバーを引くだけや回すだけの簡単な操作の展示物が多いので2歳児でも遊べる! むしろ、大人よりも夢中になって遊んでいます。

水の広場も大好き! ボタンを押すと水が落ちていく!?

0831_odekake_4

 

水の広場でも遊びます。2階の常設展示で水を使った機械が並んでいます。ここでもスイッチを押したりするだけで、水に光が当たったりします。新幹線はもちろん、滝など動きのあるものが好きな息子は、水の動きを見ています。

子供の集中力は大人にはよくわからないほどで、じーっと流れを見ている様子は「とりあえず飽きるまでつきあってみよう」と思ったりして。大人よりも集中して流れを見ていました。集中力トレーニングにもなるのかな?

これ知ってる! シーソーでしょ? ぎっこんばったんできるよ

0831_odekake_5

 

てこの原理を示す機械です。中央に近い部分だと力が必要で、端の方が軽い力で押すことができるというもの。でも、息子にはてこの原理なんてわからないみたい。

シーソーがあった! と興奮して駆け寄り、力を入れて上からぎっこんばったんさせています。お姉ちゃんの3歳児は、こっちが重い、こっちが軽いの説明に「ふーん、そうなんだ」と少し理解を示していました。

2歳児にはまだまだかな? でも、シーソーが科学館にあったね!!

アミューズメントパーク感覚で行ける名古屋市科学館!

0831_odekake_6

 

我が家は過去に名古屋市科学館に来た時に年間パスポートを作っています。展示室のみだと大人400円、年間パスポートは1600円。4回以上来ることで元が取れます。

前回も、巨大ジオラマに夢中で、2歳児なら平日利用もできるのではと年間パスポートを購入。夏休みのような時にもチケット購入せずにスムーズに入館できますよ(ただし夫のチケット購入で並びましたが……)。科学館、小さい子でも原理を知らずに遊んでいるので、アミューズメントパーク感覚で行けるな、と改めて実感しました!

(文:KT)

<名古屋市科学館>
住所: 〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄2-17-1芸術と科学の杜・白川公園内
電話番号: 052-201-4486
営業時間: 09:30~17:00
休館日: 月曜

EPARKママこえ「名古屋市科学館」の口コミはコチラ

ライタープロフィール

KT
娘と息子の2人育児をしています。「毎日楽しく」がモットーですが、時には叱ることも……。子育ての楽しさ&むずかしさを実感中です。