花フェスタ記念公園「キッズサマー」 水遊びわんぱく広場で、おおはしゃぎ♪

夏休みに、上の子の幼稚園のママ友に誘われて、岐阜県可児市にある花フェスタ記念公園におでかけしました。バラ園が有名な公園ですが、夏季限定イベント「キッズサマー」で、暑い夏でも一日外で遊べちゃいます。

6歳と3歳の娘たちは、久しぶりに幼稚園のお友達に会えると朝からワクワク。

家から水着に着替えて、いざ出発!

めざすは、霧のプレリュード!

0825_1

 

無料駐車場が、西駐車場1000台/東駐車場700台あり、バラまつりや花火大会などのイベントがなければ、午前中で満車になることはありません。マイカーで10時ごろ到着したけど、ゲート近くの駐車場に止められました。霧のプレリュードへは、西ゲートが近いですよ。

荷物運びも兼ねてベビーカー持参したけど、ベビーカーの無料貸出もあります。

西ゲートから霧のプレリュードまでは、ちょっと上り坂。子どもと一緒に歩くと、7~8分ぐらいかな。子どもたちはがんばって歩いたけど、ロードトレインポッポ(有料)で移動すれば、ベビーカーも乗せてくれるから楽ちんです。

パラソル付きのテーブル席で、ママたちはひとやすみ

0825_2

 

先に到着していた、ママ友さんがパラソルのテーブル席を確保してくれました。ほかにも木陰のテーブル席もあり、ママたちもゆっくり椅子に座っておしゃべりも楽しめます。

小高い丘にあるので心地よい風が吹き抜けて、岩壁から噴き出るミストがテーブル席までくると、ちょっとひんやり涼むこともできます。

11時ごろには、ほぼ満席状態。テーブル席が取れなかった人たちも、木陰にレジャーシートを敷いたり、テントを広げて場所取りをしていました。

エリア内に、仮設の売店とシャワールームもありましたよ。

イルカにも乗っちゃうよ

0825_3

 

大きなイルカやシャチなど、浮き輪も無料貸出。貸出といっても受付はなく、浮いている物を使うというアバウトなルール。でも、初対面の子どもたちとも上手に貸し借りしながら遊んでいる姿を見ると、親ながら子どもの成長を感じますね。

うちの子どもたちも、お友だちと協力しながら大きなイルカにチャレンジ! まずは、下の子が恐る恐る乗ってみました。乗った後は、お姉ちゃんたちが押してくれたけど、緊張のあまり無表情でした。(笑)

「ゴロゴロ大玉遊び」や「ふわふわドーム」など楽しいこといっぱいあるよ!

0825_4

 

お弁当も食べて、そろそろ帰ろうかなぁ……と西ゲートに向かう途中の音楽広場で見つけた、大きなボール。子どもたちは、投げたり蹴ったりと思い思いにボールを追いかけていました。水遊びで涼んだはずなのに、みんな汗だく……。花フェスタ公園を満喫できたようです。

水遊びのほかにも、花のミュージアムホールには、夏限定で全天候型キッズルームが登場! 猛暑や急な雨の日でも、広いキッズルームで遊ぶことができます。

園内には、バラ園のほかレストランや花のタワーなど、散策しながら楽しめる場所もあります。春と秋にバラまつりが開催されますが、年間を通して季節の花木をみることができる花フェスタ記念公園に、家族でおでかけしてみてはいかがですか。

(文:坂井まさ子)

<花フェスタ記念公園>
住所: 〒509-0213 岐阜県可児市瀬田1584-1
営業時間: 09:00~17:00(入園は16:30まで)
休館日: 火曜、年末年始はお休み、バラまつり期間中は無休

EPARKママこえ「花フェスタ記念公園」の口コミはコチラ

ライタープロフィール

坂井まさ子
6才と3才のおてんば女の子の40代ママです。ときどき頼りになる人任せパパと、【無理せずお得に!】をモットーに、家族でおでかけを楽しんでいます。