『川口市立科学館』で見て触って体験しながら科学を学ぼう!

暑い夏、真っただ中! 夏休みも中盤に差し掛かった週末、私、パパ、2歳の息子と、埼玉県川口市のSKIPシティ内にあります『川口市立科学館』におでかけしました。科学を家族一緒に見て触って体験して学べる場所として、そして子どもの自由研究のネタ探しとしてもおススメ!

メインテーマは『太陽』。『力』『光』『水』『大気』『生命』のサブテーマに沿った展示装置がと所狭しと並んでおり、それぞれ自由に体験できるようになっています。プラネタリウムも併設され、星空で癒されることもできますよ。

さて、わんぱく息子がサイエンスの不思議な世界を楽しむことができるでしょうか?!

長期休み中は大人気! でも比較的空いてる穴場スポット!? 

0824_1

 

比較的空いている午前中がねらい目だろうと、午前11:30に到着。しかし、少し遅い時間のせいか、夏休み中ということもあり平日や普段の週末よりも少し混雑気味……。お昼を過ぎたころからさらに混み始めてきたので、小さいお子さんを連れていくときは早めの午前中がおススメです!!

館内は狭いので、ベビーカーでの入館、移動は難しいかもしれません。おでかけの前にベビーカーでの入館が可能か事前にTELや、入館の際受付の方に確認した方が安心です。

SKIPシティ内にあります『川口市立科学館』へのアクセスは、最寄り駅が近くにないため車が便利。川口駅、西川口駅と鳩ヶ谷駅からバスが運行されており、『総合高校』または『SKIPシティ』『SKIPシティ西』のバス停から歩いてすぐになります。

また、SKIPシティ内に簡単なレストランやコンビニがありますが、近くに食事をするところがあまりありません。午後から遊ぶときは、ランチをどこかで済ませてくるのがおススメです。

一歩踏み入れると大きなジオラマが! 運転手になってさあ出発! 

0824_2

 

入館して早速目に入ったのが、鉄道の大きなジオラマ! もちろん、乗り物大好き息子くん。大はしゃぎで猛ダッシュ! 100円を投入すれば新幹線を運転することもできます。中央には川口市のマスコット『きゅぽらん』が。

新幹線は自動運転もされていますが、曜日や時間によって行っていない場合もあります。ジオラマの前に貼り紙されているのでチェックを忘れずに。迫力があって大人でも見入ってしまいますよ。

0824_3

 

まずは、お友達が運転している新幹線をニコニコしながら鑑賞。食い入るように見ております。しばらくして飽きたのか、お友達が楽しそうに運転しているところを羨ましそうに見つめる我が息子……。私の顔を見ては上目遣いで「ぼくもー。ぼくもー。」と何度もお願いされ、可愛さに負けて100円を投入……。

0824_4

 

見様見真似で運転しております。2歳児では少しハンドルが重いのか、運転に苦戦中。パパにアシストされながらなんとか一周運転することができました。満足げな息子の笑顔に、とても癒されました。

将来は新幹線の運転手さんかな?

ボールが浮いている!? 空気の『力』に触れて学ぶ

0824_5

 

こちらは、空気の力で物体を浮上することができる展示装置。ゲームセンターにあるエアーホッケーにも使われていますね。意外と人気で人が集まっていました。空気の力で、小さいボールや大きなボールを宙に浮かせる装置もあります。

大きな子がボールで遊んだりしているときがあるので、小さいお子さんにあたると危険です。怪我にならないよう、十分に注意してあげてください。

パパと一緒にボールを浮かすことに挑戦! 上手に浮かぶでしょうか?

0824_6

 

大成功!! ボールを浮かせることができました! 不思議そうにずっと見つめています。

どうしても浮かぶボールをキャッチしたいようで、何度も挑戦しましたが結局キャッチできず、残念そうな息子でありました……。

0824_7

 

次に、スポンジでできたパックを不思議そうに動かしています。スススーっと浮きながら動くパックに魅了された息子くん。なかなかそこから移動しません……(苦笑)

徐々に慣れてきたのか、最後はパパと一緒にキャッチボールのように動かして、楽しんでおりました。

奏でるパイプの音色はドレミファソラシドー! 

0824_8

 

ドレミパイプと呼ばれる楽器で演奏にトライ! ドレミパイプはアメリカ生まれの楽器で、幼児の知育楽器としても最近取り入れられています。ひざや机、床などを叩いて演奏する楽器です。息子は乗り物だけでなく、音が出る楽器も大好き! バチを持って早速演奏開始です。

固定されていないので、あまり強く叩きすぎると弾んで危ないです。やわらかい素材でできていますが、振り回すとケガする場合もあるので、気を付けてください。

0824_9

 

初めはうまく叩けず、机ばかりを叩いていました……。叩こうとするとパイプが行ったり来たり。かなり苦戦中の我が息子。もう一度きれいに並べて再度挑戦! うまく奏でることができるかな?

0824_10

 

逆側で固定してあげて、やっと叩くことに成功! 綺麗な音色がでたときには、息子も嬉しそうな笑顔を浮かべました。

台が高いので、小さいお子さんは抱っこしてあげても良いかもしれませんね。

お昼を過ぎたことから、かなりの混雑具合に……。2歳の息子にとって初めてのサイエンスワールドは、不思議と驚きの体験だったと思います。ナゼ? と考えるのはまだまだ先ですが、大きいお子さんや小さいお子さん。パパもママも家族一緒に体験して学んで、驚きを共有できる場所としておススメです。

川口市立科学館で化学体験!

0824_11

 

館内には、竜巻が出来る仕組みを体験したり、津波の原理を学べたり光を使った装置など、今回のレポートだけでは紹介しきれない展示装置がまだまだたくさんあります。お魚やウーパールーパーにも会えますよ!

装置の使い方がわからない場合は、スタッフの方に聞くと快く教えていただけます。時間によっては、展示装置で簡単な実験なども行われ、目の前で見学することもできます。

そんな盛りだくさんの館内をおもいっきり楽しむためにも、入館したらすぐに

コインロッカーへ荷物を預けましょう! 鍵をかけるには100円かかりますが、荷物を出すときに返却されるので助かります。館内では飲食禁止のため、夏場は入館前に水分補給をお忘れなく。

土曜日には『わくわくワーク』。日祝日には『どきどきサイエンス』という教室も開催。『サイエンスショー(日祝日)』も行われ、ドキドキワクワクがいっぱいの川口市立科学館。家族みんなでサイエンスの不思議を体験してみてはいかがでしょうか。

(文:人見佳代子)

<川口市立科学館>
住所: 〒333-0844 埼玉県川口市上青木3-12-18
電話番号: 048-262-8431
営業時間: 09:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日: 月曜(祝日の場合は翌平日)、年末年始(12月29日から1月3日)

EPARKママこえ「川口市立科学館」の口コミはコチラ

ライタープロフィール

人見佳代子
私、パパ、そしてやんちゃな息子の3人家族です。
いろんなことを体験させてあげたいと、週末は息子が喜びそうな場所にいつもでかけています。
子育て中の今は、映画鑑賞とコーヒーが唯一の癒し時間……。