暑い日は火を使わずさっぱり! 「カラフルおにぎらず」お弁当

こうも残暑が厳しいと、毎朝、お弁当作りだけで汗をかいてしまうお母さんも多いのでは?
そこで今回は、少しでも涼しく調理できるように、火を使わずにできる変わりおにぎらずのお弁当をご紹介します。さっぱりとした酢飯を包んでいるのは春巻きの皮。実は加熱しなくても食べられる上、全形の海苔とほとんど同じ大きさです。

材料

ごはん1カップ
すし酢適量
春巻きの皮2枚
市販の錦糸卵大さじ3
カニカマ3本 20gくらい
しば漬け小さじ1
マヨネーズ小さじ1
ハム1枚
フリルレタス適量
たくあん適量
赤キャベツ適量
にんじん適量
オリーブオイル適量
適量

【作り方】
1.ハムは2つに切る。それを半分に折り、山の方を上にしてくるくると巻き、もう片方を周囲に巻きつけ、パスタを刺して固定し、花を作る。たくあんは写真のように細かく格子状に切り込みを入れる。

0831_bento_1

2.赤キャベツとにんじんを千切りにし、オリーブオイルと塩であえる。

0831_bento_2

3.カニカマとしば漬けを細く刻み、マヨネーズとあえてほぐす。

0831_bento_3

4.ごはん1カップにすし酢を入れてよく混ぜ、細く刻んだ錦糸卵を入れて、黄色い酢飯を作る。

0831_bento_4

5.春巻きの皮の上に黄色い酢飯の半量を置き、その上にレタスをしき、3をのせて、残りの黄色い酢飯ではさみ、おにぎらずを作る。

0831_bento_5

6.フリルレタスとともにお弁当箱に入れ、1や2を隙間に詰める。

0831_bento_6

黒い海苔を使うより見た目にも涼しく、可愛らしく仕上がりますよ。もっちりとした食感で、満足感もあります。

料理研究家・オガワチエコ

ライタープロフィール

オガワチエコ
料理研究家。雑誌やテレビ、書籍などで活躍中。著書に『彼の家に作りに行きたい!純愛ごはん』(セブン&アイ出版)、『おにぎらずの本』(泰文堂)、『スティックオープンサンドの本』(講談社)など。
HP  http://www.ogawachieco.com/
ツイッター https://twitter.com/ogawachieco