ピーマン嫌いを克服!「隠しピーマンの肉巻き肉だんご」お弁当

今も昔も、子どもが苦手な野菜No. 1のピーマン。
ビタミンAやCがたっぷりで、疲労回復や夏風邪の予防にもぴったりなので、旬のこの時期に、好き嫌いを克服してもらいたいものです。
そこで今回は、下処理をして甘みを引き出し苦味をおさえたピーマンを、さらにお肉で隠した肉だんごのお弁当をご紹介します。

材料

ごはん小さめ1膳
ピーマン2つ
牛細切れ肉100g
塩、こしょう適量
ケチャップ、ウスターソース各大さじ1
砂糖小さじ1
冷凍コーン1/2カップ
ひとつまみ
小麦粉大さじ2
大さじ1

【作り方】

1.ピーマンは1/4に切り、へたと種を取り除く。耐熱性密閉容器に入れ、水大さじ1を加え蓋をし、600wの電子レンジで1分半加熱する。加熱しておくことによって、甘みを引き出し、苦味をおさえることができる。

0824_1

2.1のピーマンを牛肉で巻き、肉団子のように丸め、塩、こしょうをしておく。

0824_2

3.油(分量外・大さじ1)を熱したフライパンで焼く。

0824_3

4.焼き色がついたら、ケチャップ、砂糖、ウスターソースを混ぜたタレを絡めながら火を通す。

0824_4

5.冷凍コーンを耐熱性密閉容器に入れ、蓋をして、600wのレンジで1分加熱する。塩、小麦粉、水と合わせてよく混ぜ、油(分量外・大さじ1)を熱したフライパンに少量ずつ落とし、両面を焼き、コーンのミニお焼きを作る。

0824_5

6.お弁当箱にごはんを入れて、レタスで仕切り、5のお焼きを詰める。

0824_6

7.隠しピーマンの肉だんごを詰める。半分に切ったものも入れると色鮮やか。ピーマンの見た目で拒絶反応を起こしてしまう場合は、切らずにそのまま入れる。隙間にミニトマトを入れ、ピックを挿し、ふりかけをかけて出来上がり。

0824_7

ピーマンは油と一緒に調理することで、栄養の吸収率がぐっと高まります。下処理の加熱時に油であえてもいいですね。

料理研究家・オガワチエコ

ライタープロフィール

オガワチエコ
料理研究家。雑誌やテレビ、書籍などで活躍中。著書に『彼の家に作りに行きたい!純愛ごはん』(セブン&アイ出版)、『おにぎらずの本』(泰文堂)、『スティックオープンサンドの本』(講談社)など。
HP  http://www.ogawachieco.com/
ツイッター https://twitter.com/ogawachieco