【お花見2018関西編】子どもも楽しい♪親子で桜を堪能しよう!

東京に開花宣言が出され、全国的に桜の波が広がってきましたね。
東京・関東編に続き、関西でもお花見をしつつ遊具やアトラクションで子どもも楽しめるスポットを集めてきました!
ご飯を食べてお花を見るだけでは物足りない子どもたちも満足のお花見になるのではないでしょうか♪

 

 

ひらかたパーク(大阪府枚方市)

「ひらパー」の愛称で親しまれているひらかたパーク。園内には300本の桜が咲き誇り、春のひらかたパークを彩ります。
桜並木を駆け抜けるジェットコースターや園内全体を見渡せる観覧車に乗って桜を眺めるのも遊園地ならではのお花見!
テイクアウトができる飲食店も多いので、買って外で食べるのもお手軽でいいですね。
もちろんお弁当を持ちこんで食べるのもOK☆


0歳からでも乗れるアトラクションが豊富にあるひらかたパーク。
乗り物だけでなくアスレチックもあるので、いろんな遊びが楽しめます!

 

ひらかたパーク

◆入園料
大人1,400円 2歳~小学生800円
※乗り物乗り放題のフリーパスあり
◆営業時間
10:00~17:00(春休みは10:00~18:00)
◆ベビー施設
ベビールームが正面インフォメーション・中央インフォメーション内にあります(給湯設備完備)。
ベビーカー貸出は正面インフォメーションにあります。1日500円で貸出時に保証金として1,500円かかります。
◆駐車場
1日1,500円
◆その他
見ごろは3月下旬~4月上旬ごろです。

≫≫≫アクセス・口コミ・施設の詳細はコチラ!

 

神戸市立王子動物園(兵庫県神戸市)


日本で唯一ジャイアントパンダとコアラを同時に見ることができる動物園として人気の神戸市立王子動物園。
約480本のソメイヨシノが咲き誇り、神戸市内でも有数の桜の名所として人気のスポットです。
各所に休憩できる広場や休憩所が設けてあるので、お弁当を食べる場所には困りません。


王子動物園の中には、なんと遊園地があります!
動物のゴンドラがかわいい観覧車やメリーゴーランド、子ども汽車など、ワクワクがいっぱい!

 

神戸市立王子動物園

◆入園料
大人600円 中学生以下無料
※遊園地の乗り物は別途料金がかかります。
◆営業時間
9:00~17:00(最終入園16:30)
休園日は毎週水曜日(祝日の場合は開園)
※春休み、夏休み期間中は、臨時開園する場合あり
◆ベビー施設
授乳室が正面ゲート・杜の館・動物科学資料館・類人猿展示周辺の4か所にあります(杜の館以外は給湯設備完備)。
ベビーカー貸出は1日300円で正面ゲートにあります。券売機で利用券を購入するシステムです。
◆駐車場
0~2時間までの30分につき150円
2~4時間までの30分につき100円
4時間を超える30分につき50円
◆その他
園内での飲酒はできません。

≫≫≫アクセス・口コミ・施設の詳細はコチラ!

 

みさき公園(大阪府泉南郡)


遊園地、動物園、水族館に夏限定のプールまで兼ね備えたみさき公園。
園内にはなんと約1,000本もの桜があり、いたるところで贅沢に桜を楽しむことができます。
芝生広場でお弁当を広げて、桜をバックに動物たちのフォトジェニックな写真を撮って、桜の中を疾走するジェットコースターや桜を上から眺められる観覧車に乗って…と楽しみ方は様々!

 

みさき公園は電車が好きなお子さんにはたまらない施設!
「わくわく電車らんど」には実際に使われていた車両が展示してあり、中に入って写真を撮ったり、リアルなシミュレーターで電車の運転に挑戦できたり♪
パパも夢中になっちゃうかもしれませんね!

みさき公園

◆入園料
大人1,350円 こども(3歳から小学生)700円
※遊園地の乗り物は別途料金がかかります。
◆営業時間
9:30~17:00(最終入園16:30)
休園日は毎週水曜日※春休み期間中は開園
◆ベビー施設
授乳室はサービスセンター・シャイニースタジアムの2か所にあります。
オムツ交換所はサービスセンター・シャイニースタジアム・みさきキッチン・メモリアル広場のトイレにあります。
ベビーカー貸出はサービスセンターにて1日¥500円で貸出時に保証金として1,500円かかります(返却時に返金)。
◆駐車場
1日1,200円
◆その他
園内での飲酒はできません。

≫≫≫アクセス・口コミ・施設の詳細はコチラ!

 

東映太秦映画村(京都府京都市)

時代劇の街並みが再現されている東映太秦映画村。やっぱり日本の街並みには桜がピッタリ!
中央広場にはベンチがありお弁当を食べることができます。
また、2018年3月24日(土)~4月8日(日)には「映画村さくらまつり」が開催!
さくらまつり限定で花魁と写真を撮ったり、特別版の花魁道中を見ることも♪

俳優がセットの工夫や裏話を交え、映画村を案内する「おもしろ散策ツアー 桜スペシャル」や京都名産品を使ったオリジナルメニューを楽しんだりもできちゃいます。

©石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

ヒーロー好きのお子さん必見!
東映太秦映画村には、今まで東映が制作してきたスーパー戦隊シリーズや仮面ライダーシリーズなどの特撮ヒーローの展示やショーが行われています。
2018年3月17日(土)~7月8日(日)には大人気放映中の「仮面ライダービルド」をはじめ、歴代仮面ライダーが集結する「仮面ライダーワールド」が開催され、大迫力のプレミアムステージや仮面ライダープレイランド、ビルドの地下秘密基地の再現など、大人も一緒にはしゃいじゃうかも!

©石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

 

東映太秦映画村

◆入園料
大人2,200円 中・高生1,300円 こども(3歳から小学生) 1,100円
※有料のアトラクションがあります。
◆営業時間
平日 9:00~17:00
土日祝 9:00~18:00
◆ベビー施設
ベビールームはインフォメーション横にあります。
ベビーカー貸出はインフォメーションにて無料で行っています。
◆駐車場
1日1,500円
◆その他
映画村はテーマパークであると同時に、実際に映画・テレビ等を製作する仕事の場でもあることが大きな特徴です。
撮影本番中は声を出したり物音を立てないよう、係員の案内に従ってご見学下さい。

≫≫≫アクセス・口コミ・施設の詳細はコチラ!

 

京都市動物園(京都府京都市)

平安神宮からすぐ南東の位置にある、日本で2番目に古い動物園である京都市動物園。
園内には130本の桜が咲き、休憩できるベンチも多いため子連れでもゆっくりと桜を見ることができます。
動物園中央には庭園があり、池の水辺に咲く美しい桜は必見!

京都市動物園にはミニ遊園地があります!
昔ながらの遊園地で、汽車や観覧車など小さな子どもでもアトラクションで楽しめます。

 

京都市動物園

◆入園料
大人600円 こども(中学生以下)無料
※遊園地の乗り物は別途料金がかかります。
◆営業時間
9:00~17:00(最終入園16:30)
休園日は毎週月曜日※春休み期間中は開園
◆ベビー施設
授乳室は正面エントランス・おとぎの国・東エントランスの3か所にあります。
ベビーシートは正面エントランス・おとぎの国・類人猿舎・東エントランスのトイレにあります。
ベビーカー貸出は無料にて行っておりますが、数が少ないのでご注意を。
◆駐車場
専用駐車場はありません。近隣の下記駐車場をご利用ください。
◎岡崎公園駐車場 収容台数:506台
◎みやこめっせ地下駐車場 収容台数:163台
◆その他
酒、ビール等のアルコール類の持ち込みはできません。

≫≫≫アクセス・口コミ・施設の詳細はコチラ!

 

お花見といえばお弁当♪

 

かわいいお弁当がいっぱい☆
≫≫≫お弁当レシピはコチラから!