ゲップのさせ方

赤ちゃんは自分でゲップを出すことができません。ですからママはミルクと一緒に飲み込んだ空気(ゲップ)を吐き出させるために、トントンと背中をたたいたり、さすったりしてあげる必要があります。そうしないと、飲んだミルクを戻してしまことがあるからです。空気(ゲップ)が出るまで、やさしく続けます。

ゲップのさせ方のポイント

わきに手をいれ縦抱きにして、背中をトントンと叩きます。

背中を上下にさすってあげてもゲップが出やすくなります。