数え年で19歳、33歳、37歳が本厄! 気になりますか?

気になるママが70%近く! 厄払いを済ませたという声も

厄年って聞いたことがありますか? 女性の場合、数え年で19歳、33歳、37歳が本厄で、それぞれの前の年が前厄、次の年が後厄。そして、本厄でも33歳は大厄といわれています。「厄年に病気や事故にあった」とコメントしているママが多くいましたが、30代のうち6年間が厄年ですから、30代に何かあったときが厄年でも仕方ないですね。気になるママは厄払いをしているようですが、「気にすると本当に嫌なことがありそうだから」と気にしないママもいます。本人の気の持ちようでしょうか?

Q 本厄、前厄、後厄など、厄年って気になる?

1位 少し気になる 36%
2位 すごく気になる 30%
3位 あまり気にならない 18%
4位 まったく気にならない 14%
5位 厄年がわからない 2%

「少し気になる」と回答したママのコメント

「悪い事があると厄年のせいにしちゃいがち」
「気になるけどあえて調べたりはしない」
「気にしていなかったが、今年本厄と知り、お祓いにいくことにした」
「厄除けをして、一年間は辛抱して明けるのを待つ」
「若いときほど気になりました」
「今年厄年。厄年の意味を、年齢的に体質や体調に変化のある年齢になるから用心する年ととらえているため」
「気になるので、厄年は旅行とか控えることにしている」
「厄年で私の母は他界したから」
「やっぱり厄年は病気になったことがあるので気になります。かといっても、厄年でないときにも病気になったことはあるのでその病気を厄年のせいにしているような気もしますが…」
「子どもの行事にふりまわされ、ついつい後回しにしてしまったが、きちんとやりたい」
「何かあったときにいやだなと思うので、お祓いに行きました」

「すごく気になる」と回答したママのコメント

「悪いことを事前に防いだりできるかもしれないから」
「本厄には厄除けに行く」
「調べないとわからないから知らないで生きてきたけど、調べたら人生どん底だったときが厄でした」
「占い好きだから」
「本厄のときに厄払いしなかったら車に轢かれたり病気したりと大変だったから」
「厄払いは必ずします!!」
「親が気にするのでその影響」
「以前そういう場所で働いていたころもあり、気にしています」
「19歳のときに大事故。33歳のときに流産。実際にいろいろあったから」
「あまり気にしないようにしている」

「あまり気にならない」と回答したママのコメント

「一応厄除けは行くけど、気にしてたらお祓い代とかがバカにならない」
「あっという間に過ぎて行った厄年。厄除けにも行ったことないです」
「厄年でもどうにかその一年やり過ごせると思う」
「実家の親はすごく気にするほうだけど、旦那は全く気にしない人なので、気にしなくなった」
「あまりとらわれずのびのびすごしたい」
「みんながみんな同じ年に生まれた人が厄があるとは思わないから」「厄年の話題になると意識するけど、話題にならないと意識しないし、いつなのかすぐ忘れる」

「まったく気にならない」と回答したママのコメント

「そもそも人生よくないから気にならない」
「気にしないほうが楽しく過ごせる」
「自分の運は自分で切り開く!!」
「みんなすごく気にするので不思議です」
「それに左右されるのが馬鹿らしい」
「どうやってカウントすればいいかもわからないし、そういうのにふりまわされたくないから、あえて知識を得ていないです」
「そんなこと気にしていたら楽しく暮らせない」
「坊主を儲けさせるだけ」
「星占いとかと一緒でしょ。気になりません」