育児ノイローゼのとき、頼りになるのは誰?

頼りになるのは、パパよりもママの両親!

育児ノイローゼになったとき、ママは誰を頼りにするの? 第1位は「ママの両親」! 第2位が「パパ」、第3位が「ママ友」と僅差で並びます。それぞれに求めるものは異なりますが、育児ノイローゼ気味のママには、「自由な時間」「話相手」「理解してくれる家族」の3つが効くようです。
 
Q 育児ノイローゼ、主に頼りになったのは?

1位 ママの両親 33%
2位 パパ 29%
3位 ママ友 15%
4位 誰にも頼らなかった 13%
5位 パパの両親 2%
6位 病院やカウンセラーなどの専門家 1%
7位 保育園や幼稚園の先生 1%
8位  mixiやtwitterなどのSNSを通じた知り合い 1%
9位  その他 12%

「ママの両親」と回答したママのコメント

  • 「話を聞いてもらってストレス解消してました」
  • 「実家に帰って家事をせずゆっくりさせてもらった」
  • 「預かってもらって、ひとりで過ごす時間を作ってくれた」

「パパ」と回答したママのコメント

  • 「パパに子どもを任せて買い物に行った」
  • 「イライラしてるときも、そっと支えてくれました。お皿洗い手伝ってくれたり、甘いもの買ってきてくれたり。ありがたいです」
  • 「精神的にヤバくなったときは、手伝えることは手伝ってくれた。あとはパパに八つ当りしたり、泣いたりしたのを受けとめてくれた」
  • 「夜勤勤務なので夜いるときは、子どもが泣きじゃくると、必ず近所を子どもを連れて周ってくれたので、その間ひとりで落ち着けました」

「ママ友」と回答したママのコメント

  • 「疑問に思ったことをメールで聞くと自分の育児体験談や失敗談をすぐに返信して教えてくれてすごく救われた気持ちになりました」
  • 「愚痴を聞いてもらいアドバイスをもらった」
  • 「お茶会でしゃべり、おいしいものを食べてストレス発散」
  • 「イヤイヤ期に私もイヤイヤが増え、ひきこもりになろうと思っていたけど、同じ月齢のママさんが毎日遊びに誘ってくれ最初は面倒だと思うこともあったけど今思えば、ひきこもりになっていたら暗くて友達ひとりもいない生活を送っていたのかもと思うとゾッとします」

「誰にも頼らなかった」と回答したママのコメント

  • 「結局、昼間もひとり。夜も『翌日仕事だから』との理由で自分しか育児できる人がいなかった」
  • 「引越したばかり、パパは仕事で遅い、実家なし…で結局誰にも頼れずに乗り切るしかなかったです」
  • 「自分で解決できるから」
  • 「頼る人がいない」