賢いママは子どもの未来のために、今すぐできることを考える!
お金のムダを見直そう

ママはいつだって子どものことを思っています。今この瞬間はもちろん、明日のことも、そしてこれから続く未来のことも。

子どもがずっと幸せに豊かに暮らせるように、できることはしてあげたいという気持ちはすべてのママに通じるものではないでしょうか。子どもへの愛情を与え育むだけでなく、健康に気を使い、生活や教育の環境を整える…ママがするべきことは本当にたくさんありますよね。そして、今ママがしていることはすべて子どもの未来につながっています。

子どもの未来を考えるときに、避けて通れないのが「お金」のこと。「わかってはいるけど、まだ子どもが小さいし…」などと先送りしてしまいがちですが、今から考えても早すぎることはなく、今だからこそできることもあるはずです。むずかしいことはさておき、家計の見直し、貯蓄の方法、電力会社の見直しなど、身近なところから「お金」のことを考えてみませんか? 賢いママになって、子どもの未来のためを豊かにしてあげたいですね。

ママが望む子どもの将来像と教育費

親ならだれしも、子どもの未来に淡い期待を抱いてしまうもの。こんな職業についてほしいとか、自分が果たせなかった夢を叶えてほしいとか…。とは言いながらも、「この子らしく幸せに生きてほしい」というのが本当の願いなのでは?

このシンプルな願いを叶えるにも、手助けしたいのが親ごころ。そして、そのために必要なのが「教育費」というお金なのかも。そこで、学費や塾、習い事など、子どもの教育費にまつわる現実を改めて考えてみましょう。

今、ママがすべきことはお金お有効活用

日々の生活費はもちろん子どもの教育費など、子どもの成長に比例するようにお金はたくさんかかりますよね! 備えあれば憂いなし、やはりお金はあって困るものではないわけですから、今こそしっかり見直して有効活用したいものです。

そこで、ファイナンシャルプランナーの鈴木さや子さんに、おすすめの貯蓄術を教えていただきました。またこの機会に手軽な節約術として、電力自由化による電力会社の選択について、ママたちと学んでみました。

電力会社の見直しでラクに大幅節約が可能に

節約するときに、食費やレジャー費、教育費を削ようと考えるママは多いかもしれませんね。食費やレジャー費を削ればその内容が変わります。では、教育費を削ると? 子どもの教育に何かしらの影響が…それはママとしても本意ではありませんよね。

そこでオススメしたい節約が電力会社の切り替え。電気料の支払いは減っても電力自体は何も変わらないのが魅力です。電力会社を切り替えたEPARKママこえスタッフのレポートも必読です!