『天王寺動物園』で動物の「ごはんタイム」を見るぞ~♪

迫力満点の「動物のごはんタイム」が毎日ある老舗動物園

今日は5才の娘と遅れて合流した3才の姪をつれて、大阪府大阪市の『天王寺動物園』におでかけしました!この動物園の人気イベントは、動物の食事が見られる「ごはんタイム・おやつタイム」。特に、迫力満点の「肉食動物のおやつタイム」は曜日ごとに開催される動物舎が変わるので、子どもたちは「今日はどの動物かな?」と着く前から楽しみにしていました。この日はなんと“百獣の王”ライオン!絶対に見逃さないよう、開始時間を覚えておきました。
また、園内にある「白雪姫時計台」は名物撮影スポットなので、ぜひ訪れてみてください。

通天閣やスパワールドを目印に、迷うことなく『天王寺動物園』に到着

 

最寄りの地下鉄「動物園前駅」周辺にはコンビニがあるので、手拭きや虫除けを忘れたら買っていくこともできますよ。
駅から10分ほどで『天王寺動物園』に着きます。途中ベビーカーの方も見ましたが、園内ではベビーカーのレンタルもあります。借りるのもいいかもしれませんね。
チケット売り場ではそんなに並ばずにチケットを購入できました。私たちはロッカーに荷物を預けましたが、ロッカー数はそれほど多くないので、手荷物にはご注意を。大きくてロッカーに入りきらない荷物はベビーカーのレンタル場所で、有料ですが預かってもらえます。
入口近くのにある「白雪姫時計台」は15分おきに音が鳴り、中から白雪姫が登場します。『天王寺動物園』の目玉なので見逃さないようにしてくださいね!

まずは、楽しみにしていたライオンのおやつタイムから!

 

ライオンのおやつタイムは毎週土曜日のイベントで、入り口からも遠くない「アフリカ・サバンナ」ゾーンで見ることができます。ライオン舎の前はそんなに広くないので、開始5分前に着いても1番前の端っこからしか見ることができませんでした。できれば15分前には先着していた方が良いかもしれません。おやつタイムの前には飼育員さんからライオンの生態についての説明があります。最初から最後までベストポジションで見たい人は、時間に余裕を持って来られることをオススメします!

本物そっくりのカバ像の前でパシャリ♪

 

ライオン舎とカバ舎の間くらいに本物そっくりなカバの像があり、人気の撮影スポットになっていました。日差しが強くなるこれからの季節はカバ像もとても熱くなるらしく、ヤケドの注意書きがありました。すだれで屋根を作ってありましたが、小さいお子さんがいきなり触ったりしないようにママ・パパは注意してあげてくださいね。大きな子だとカバ像の頭の方から器用に登って写真を撮っていましたよ。娘はまだ小さいので顔の前で写真を撮りましたが、カバのサイズが思ったより大きくてビックリ!引き気味で撮ると全体が入るかもしれませんね。

曜日限定のエサやりは要チェック。土日限定アシカのごはんは豪快!

 

「ごはんタイム・おやつタイム」は、その日の動物の体調によってはエサやりを見ることができないこともあるので、動物園入口にある一覧でチェックしておくと良いですよ。

オススメはアシカのごはん!土日限定のイベントで、エサのあげ方も豪快でした!アシカ舎は屋根がないので、ごはんタイムが近くなると野鳥たちが集まってきます。その数がアシカたちより多くてちょっぴりビックリ!いざエサやりが始まると、アシカのごはんを食べてやろうとお構いなしに群れてきました。 日常では見られない光景を見ることができるのも動物園の良いところですね。

『天王寺動物園』は動物園デビューにピッタリ!

 

3才の姪と5才の娘を連れてのおでかけでしたが、園内は木々が多くて日差しを避けられ、ゆっくりまわることができました。土産屋さんの側には軽食屋さんもあり、オニギリや焼きそば、唐揚げやポテトも売っていて、テントの下のテーブルで食べることもできました。

トイレの建物はキレイで、内部も清潔。オムツを替えるシートもちゃんとありましたので、トイレトラブルはありませんでした。小さなお子さんも安心して楽しめますので、『天王寺動物園』は“動物園デビュー”に最適だと思いますよ!

(文:夢弓ママ)

天王寺動物園(大阪府大阪市)

使った料金:1,100 円
遊んだ時間:13:00~16:20  計3時間20分
いっしょに行った子どもの年齢:5歳(女の子)、3歳(女の子)

ライタープロフィール

夢弓ママ
5才の女の子のママ。生き物好きが娘にも遺伝したかと思うくらい、親子で生き物が大好き!特に水族館へのおでかけが大好きです‼