『ヨコハマおもしろ水族館・赤ちゃん水族館』に9歳の娘が初訪問

横浜中華街の、子どもと楽しめるスポット!

週末の日曜、横浜中華街にある、『ヨコハマおもしろ水族館・赤ちゃん水族館』におでかけしました。おでかけメンバーは、私、9 歳(長女)の2 人です。横浜中華街というと、中華料理を食べに行くことが目的で、子連れで遊びに行く場所ではないイメージを持っている方はいませんか? ところが横浜中華街にあるこの水族館、赤ちゃんから小学生まで子どもと一緒に楽しめる一押しのスポットなんです。子連れスポットとしての横浜中華街の新しい一面を発見できますよ!

タイトル下

中華街を散策していたら到着!

初段落_見出し下
東急東横線・みなとみらい線に乗り、元町・中華街駅の2番出口より地上に出て少し歩くと、目の前に立派な中国風の門が目に見えてきます。これが横浜中華街東門の朝陽門で、異国情緒たっぷり。おでかけのワクワク感が高まります。
ここから中華街を通って歩いて行きます。日曜日の中華街の通りはなかなかの人込みなので、はぐれないよう注意が必要です。

ここは小学校!?ユニークな仕掛けを楽しみながら、お魚についてお勉強

本段落1_見出し下

『ヨコハマおもしろ水族館・赤ちゃん水族館』は入館するときに受付スタッフが子どもにマグネットペンを渡してくれます。そして入場するとすぐに下駄箱が見えてきます。実は横浜おもしろ水族館は小学校をイメージして作られているらしく、下駄箱だけでなく、体育館や職員室などのモチーフもありました。
でも、下駄箱かと思ったものをよくよく見てみると、なんとお魚が中で泳いでいて、下駄箱型の水槽でした! ここで入館時に渡されたタッチペンの登場です。展示されている水槽に魚の名前や生態に関する三択のクイズが出題されていて、3つのボタンそれぞれにマグネットペンを近づけます。正解なら磁石でくっつき、不正解は反発して押せない仕掛けになっていました。仕掛けが楽しくて、私も娘もテンションがあがりました!

お魚についてもっともっと興味が持てるイベントやショータイムも見逃せない!

本段落2_見出し下

通常のお魚の展示に加え、期間限定のイベント展示なども行われていました。私たちが訪れた時はちょうどバレンタインにちなんだお魚の特別展示が行われており、チョコレートをディップしたような模様の魚や、チョコチップをトッピングしたような模様のヒトデなど、見たこともない珍しくてかわいい生き物の展示に目を奪われました。また、バレンタインメッセージを書いてボードに飾る企画もありました。

その他にも、時間を区切って行われるオニダルマオコゼの餌付けショーや合唱水槽ショータイムは見逃せません。特に印象的だったのは、オニダルマオコゼの餌付けショーです。水槽に本物と模型の偽物のオコゼが混じっていて、普段はじっとしていて見分けがつかないのに、えさを与えると本物のオニダルマオコゼがすごい速さで食いつく様子に親子でびっくりしました。

赤ちゃん水族館は幼稚園?! 小さい子もここならのびのび遊べちゃう

本段落3_見出し下

おもしろ水族館のエリアを抜けると、右手にお土産グッズ売り場と左手に出口があるのですが、お土産グッズ売り場の向こうに赤ちゃん水族館があります。赤ちゃん水族館は幼稚園をモチーフにしていて、園長室や園バッグ・帽子の装飾もされています。また、ここは土足禁止です。小さな子が裸足で楽しく遊べる場所になっています。入口にはお魚の卵の水槽、次に魚の赤ちゃんや愛らしいウミガメの赤ちゃんの水槽、奥にも工夫を凝らした魚の水槽の展示があります。バレンタイン企画のモズクショイがリボンを背負っていて、かわいらしかったです。奥の広場にはジャングルジムと滑り台があり、小さいお子さん達に大人気でした。水槽が低い位置に設置されていて、ジャングルジムやすべり台にも水槽がついていて、小さなお子さんが遊びながら魚を観察できる工夫がされていました。

『ヨコハマおもしろ水族館・赤ちゃん水族館』のポイントはココ!

結論_見出し下

水族館のモチーフは小学校や幼稚園なのですが、決してお堅い内容ではなく、吉本興業によるプロデュースだったこともあり、装飾の中にちょっと笑えるギャグも盛り込まれています。お笑い好きな親子なら、ギャグを探しながら館内を歩いて見るのもいいかもしれませんよ。
ビルのワンフロアの一角にある水族館で、魚に関する三択問題があちこちにあるので、タッチペンを使いながら一つずつ子どもと館内を回っていくと、夢中になってしまい、気づくとあっという間に時間が過ぎちゃいます。
チケットを見せれば出入り自由なので、おなかがすいたら途中で外に出て、その後再び入場することも可能です。出たり入ったりしながら、朝から一日中かけて回ってみるのもいいかもしれません。帰るときにはタッチペンを返却BOXに返すのを忘れずに!

(文:ゆり)

<ヨコハマおもしろ水族館・赤ちゃん水族館>
住所:〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町144 チャイナスクエアビル3階
電話番号:045-222-3211(代表番号)
営業時間:[月火水木金] 11:00~20:00 [土日祝] 10:00~20:00

>>EPARKママこえ「ヨコハマおもしろ水族館・赤ちゃん水族館」の施設情報はコチラ

ライタープロフィール

ゆり
15歳の男の子、12歳の男の子、9歳の女の子の3児のママ。おでかけ大好きな末の娘と親子で姉妹のように楽しくおでかけできるスポットをただいま探索中。