大好きなキャラクターと会える、東京都内のテーマパーク3選

NHKスタジオパーク

テレビや本でしか見たことがないキャラクターに本当に会えるとなったら、お子さんはどんな反応をするでしょう? 喜ぶのか、驚くのか…。想像するだけでも楽しいですよね。その想像は、テーマパークに行けば、実現するかもしれません。
実は東京にも、人気のキャラクターたちに会えるテーマパークがあることを知っていますか?ここでは、東京にあるキャラクターに会えるテーマパークから、おすすめの3施設をご紹介します。ぜひ、大好きなキャラクターと遊んだ思い出をプレゼントしてあげてください。

※記事内の写真の一部に、口コミ投稿いただいた画像を使用しております。

NHKスタジオパーク

画像提供:NHKスタジオパーク

大人も子どもも楽しめるテーマパーク

渋谷区のNHK本社内にある、NHKのテーマパークです。施設内には、NHKならではの体験やイベントなどが数多くあり、Eテレ好きの子どもたちにはたまらない場所です。きかんしゃトーマスや忍たま乱太郎など、アニメの声優にチャレンジできるアフレコスタジオや、Eテレの番組で流れる音楽や体操を楽しめます。

 

子どもが大好きなEテレのキャラクターに会える!

 

NHKスタジオパークでは、テレビでおなじみの子どもたちが大好きなキャラクターたちに会うことができます。ワンワンやガラピコぷ~は人気のキャラクターですよね。「こどもライブラリー」では大人も懐かしい、「おかあさんといっしょ」歴代のキャラクターたちに会えます。なかでも人気のイベントとなっているのが、ワンワンと記念撮影ができる「ワンワンとハイポーズ!」や、ガラピコぷ~のキャラクターと歌ったり遊んだりできる「スタパDEガラピコぷ~ミニ」です。いつもテレビで観ているキャラクターが目の前にいるので、子どもたちは目が釘付けです。
また、館内にショップやレストランもあり、グッズやお土産の買い物をしたり、食事ができたりするのも家族連れにおすすめしたいポイントです。ベビーシートやベビーキープ付きのトイレ、授乳室も完備されているので、赤ちゃんと一緒でも安心して利用できますよ。

 

EPARKママこえの口コミをご紹介します!

ちょうど、NHKの秋祭りをしていた時に行きました。 写真を撮ってくれるサービスもしていたので、撮って貰いました。年に何回か無料の日があるみたいで、イベントもよくやっているみたいです。 小さい頃は、おかあさんといっしょのテレビを見ながら踊れるコーナーが大好きでしたが、小学生になると、ドラマの小道具を見たり、草原で蝶々を双眼鏡で探すコーナーがあるのですが、そっちの方が楽しいようです。

おかあさんといっしょなどの番組を楽しめる年齢ぐらいから、朝の連続ドラマを理解するようになる年ごろまで、大人も子どももいっしょに楽しめる施設です。アナウンサー体験やアニメのアテレコ体験もできます。キャラクターグッズが販売されているショップや、食事処もあるので、終日楽しめます。隣は代々木公園です。

主なアクセス

JR山手線・東横線・田園都市線・井の頭線・地下鉄銀座線、半蔵門線 渋谷駅 徒歩約12分

駐車場

なし

サンリオピューロランド

画像提供:サンリオピューロランド

アクセス良好、屋内型テーマパーク

サンリオの誰もが知っているキャラクターといえば、ハローキティでしょうか。子どもから大人まで、幅広い年齢層の方に親しまれているキャラクターですよね。ほかにも、マイメロディやけろけろけろっぴ、テレビでもおなじみのぐでたまなど、70種類以上のキャラクターたちがいます。サンリオピューロランドでは、こうしたかわいいサンリオのキャラクターたちに会えるテーマパークです。多摩市内にあり、最寄駅から徒歩で約10分。駐車場も完備されています。
このテーマパークの最大の魅力は、子どもにも大人にも大人気のキャラクターたちに会えること!ショーやパレードなどのイベントは、キャラクターが踊ったりパフォーマンスをしたりする様子がすぐ目の前で見られるので、おすすめです。

 

キャラクターとふれあえる!

サンリオグリーティング

 

イベントのなかでもおすすめなのが、「キャラクターグリーティング」です。登場するキャラクターたちと写真を撮ったり、触れあえたり、とても魅力的なイベントです。キャラクターたちとハグもできちゃいます。もちろん、写真撮影も可能!
また、ショーに参加すれば、一緒に歌ってダンスをしたり、行進をしたりして楽しむこともできます。グッズを購入して参加しても、より楽しめますよね。そして、記念日を祝うことができるのもサンリオピューロランドならではの魅力!誕生日や、家族のさまざまな記念日を、サンリオキャラクターたちがお祝いをしてくれます。

 

EPARKママこえの口コミをご紹介します!

メインはステージやショーなので、見るのが好きな子にはもってこいの場所です。うちの娘は体を動かすことや乗り物が好きで物足りない雰囲気も有りましたが、館内は階段も多く、探検するような感じで楽しんでいました。その為、ベビーカーは不向きです。階段でないといけないような場所も多く小さなお子さんは抱っこをおすすめします。 フリフリや可愛いもの好きの女子向けで、小学生くらいの男子ではなかなか楽しむのが難しいかもしれません。 お土産も可愛かったですが、普通のサンリオ店舗で販売されている物も多く売られており、ピューロランド限定の商品を探すのが大変でした。せっかくなら限定の物をお土産にしたいので。 食事はキャラクターモチーフの物もあり可愛かったです。

娘の2歳のお誕生日に行きました。お誕生日や記念日に行った時にはインフォメーションで首かけかけられるシール台紙をもらいましょう、園内のおねえさん達が声をかけてくれてシールを貼ってくれます!子ども達は喜んでいました。入園料が平日と休日で違うのですが、少し割高だなと感じました。でもショーのクオリティを見て値段にも納得!!と思えるほど素敵でした!子ども達も釘付けで見入ってました。月曜日に行ったのですが、園内はそれほど混雑していなくて乗り物にも10〜15分ほど待てば乗れました。

主なアクセス

小田急線 小田急多摩センター駅 西口改札出口より徒歩約10分 / 京王線 京王多摩センター駅 中央改札出口より徒歩約10分

駐車場

1時間240円
※6時間以上のご利用なら、15時間券(料金1,500円)のご利用をおすすめします。

東京ワンピースタワー

画像提供:東京ワンピースタワー

子どもも大人も大好きなONE PIECEの世界

東京ワンピースタワーは、港区の東京タワーフットタウン内にある大型テーマパークです。駐車場が隣接しており、電車でも徒歩で行ける距離なので、子ども連れで行くにもアクセスは良いです。
そこは、だれもがご存じのアニメ「ONEPIECE」の世界が広がっています!人気キャラクターをモチーフにした9つのアトラクションやライブショー、レストランやカフェ、オリジナルグッズや限定商品が購入できるショップなど、その魅力を十分に堪能できる施設です。特にキャラクターが画面を飛び出し、目の前で迫力満点のアクションを繰り広げるショーステージは必見!観客参加型で大人から子どもまで楽しむことができますよ。「CafeMugiwara」には、世界中のONEPIECE関連書籍を600冊以上取りそろえています。本をゆっくり読みながらお食事するのも良いですね。

 

子連れに優しいテーマパーク

東京ワンピースタワーは入退場自由なので、フットタウン内1階の授乳室を利用後に再入場できます。また、男性・女性トイレ両方におむつ替えシートがあるため、パパでもママでもおむつ替えができます。おむつ専用ごみ箱があるのも、小さい子ども連れの方にはうれしいですよね。お食事をする際には、レストラン・カフェにキッズチェアがあるので安心です。
そして、乳幼児におすすめなのが「フランキーのキッズスペース」。安心して遊べる遊具があり、滑り台やおもちゃで遊べます。一部撮影ができないアトラクションもありますが、基本的に施設内での写真撮影は可能なので、お気に入りのキャラクターと一緒に写真を撮るのもおすすめです。

 

EPARKママこえの口コミをご紹介します!

ママからパパ(自分)への誕生日のプレゼントで、1歳と0歳の娘を連れて4人でお出かけしました! ワンピースタワー自体が小さい子供用のお出かけ場所ではないので、子供がぐずったら帰宅かな?と思っていましたが、全然そんなことありませんでした!! トイレにはオムツ替えシート、フランキーのアトラクション(ゲーム?)横には キッズスペースもあります☆ キャラクターに合わせたアトラクションがいくつもありパパとしては大満足! 1歳の娘のお気に入りは最上階にある『ライブアトラクション2』。 暗い場所だったので怖がるかな?と思っていましたが、音楽に合わせて手を叩いたり 照明のキラキラに見入っていました! スタッフの方もとても親切で、『記念写真撮りましょうか?』など声をかけてもらって、家族みんなで楽しめました☆

主なアクセス

都営地下鉄大江戸線 赤羽橋 赤羽橋出口より徒歩約5分 / 東京メトロ日比谷線 神谷町 2 番出口より徒歩約7分 / JR 山手線 浜松町 北口出口より徒歩約15分

駐車場

東京タワーに隣接する地上駐車場(200台)と地下駐車場(150台)。最初の1時間 は600円、以降30分毎に300円追加

まとめ

大好きなキャラクターに会える、東京都内のテーマパークを3つご紹介しました!大好きなキャラクターに囲まれた空間で過ごす時間は、お子さんにとって楽しい思い出になるはずです。ママにとっても、お子さんの大好きなキャラクターを改めて深く知れるチャンスかもしれません。休日のお出かけは、子どもだけではなく大人も一緒に楽しむことができるテーマパークへ出かけましょう!