親子で体験!かわいい動物たちとふれあいができる東京の動物園

あらかわ遊園ふれあいコーナー

かわいい動物や、かっこいい動物をたくさん見られる動物園。でも、魅力はそれだけではありません。実際に動物をなでたりだっこしたりして、生き物のぬくもりを感じられるのも、動物園ならではの楽しみ。
実は東京にも、動物に触れる“ふれあいコーナー”があったり、エサやりや釣りなど動物とのふれあいができたりする動物園がたくさんあります。今回は、その中でもおすすめの5園をご紹介します!

※記事内の写真の一部に、口コミ投稿いただいた画像を使用しております。

井の頭自然文化園

画像提供:井の頭自然文化園

人気のモルモットふれあいコーナー

69歳まで生きた、ゾウのはな子で有名な井の頭自然文化園。さまざまな動物たちに会うことができますが、なかでも根強い人気スポットがモルモットふれあいコーナーです。昭和62年にオープンして以来、いつもたくさんの家族が訪れています。
毎日、10時から11時半まで、13時半から15時まで体験ができます。混雑時は時間を制限しますが、基本的にはゆっくりふれあうことができます。ふれあいコーナーは屋根付きなので、日差しの強い日も安心です。中に入り、椅子に座ったら、好きなモルモットをスタッフが膝の上に乗せます。このとき、椅子に深く座るのがコツ。その後は、思う存分、そのかわいさに癒されてください。そばに手洗い場があるので、安心してふれあってくださいね。

 

自然に近い状態で生き物とふれあえる広場も

井の頭自然文化園ふれあいコーナー

 

身近な生き物との出会いを楽しむ生き物広場は、より身近な自然とふれあえるスポットです。雑木林や池などの、近所で見られるような自然が作られています。広場で見られるのは、飼育された生き物ではなく、身近に生息している野生の生き物たち。例えば、春には、チョウやテントウムシ、冬眠から目覚めたトカゲなどがいます。夏には、男の子に人気のカブトムシやクワガタムシがバナナトラップへ集まる姿を見ることができます。
スタッフさんと一緒に、落ち葉の下や池の中を覗いたり、触ったりしながら、季節ごとにさまざまな生き物たちに出会えます。4月から10月は毎週日曜日11時から12時まで体験できます。11月から3月の冬の間は月1回になってしまいますが、第2日曜日の11時から12時まで体験できますよ。

 

EPARKママこえの口コミをご紹介します!

自然の中でのんびりまったり過ごせる動物園です。 入園料が安いのに動物もたくさんいてかなり満足します。 うちの子供は動物が大好きで触りたがりなので、モルモットのふれあいコーナーを1番喜んでいました。

小さな動物園と小さな遊園地が一緒になったような公園です。吉祥寺駅から20分ぐらい歩きます。幼稚園や小学校の遠足にもよく使われているようです。入口近くではウサギやモルモットとのふれあいコーナーがあります。(ふれあいタイムが決まっています)動物園は小さい子を連れて歩き回るにはほどよい広さだと思いますが、小動物が多いです。

主なアクセス

JR中央線・総武線・京王井の頭線 / 吉祥寺駅 徒歩約10分

駐車場

駐車場料金:400円 1時間毎

江戸川区自然動物園

画像提供:江戸川区自然動物園

ふれあいコーナーが充実した無料の動物園!

江戸川自然動物園は、江戸川区立行船公園内にある、子どもから大人まで入園料無料の動物園です。小さな動物園ですが、9種類の動物がいるふれあいコーナーは、いつも人気のスポット。ウサギやモルモット、ニワトリ、ヤギやヒツジまでたくさんの動物に自由にさわることができます。
小さな子どもでも、モルモットを抱っこしてみたり、ジャンボウサギのあご周りのたぷたぷしたお肉をさわってみたりと、楽しく過ごすことができますよ。

また、関東のふれあいコーナーでは珍しい、名前のとおり長い耳をしたミミナガヤギもいますので、ぜひ親子でふれあってみてくださいね。夏休み期間中を除いて、毎日10時から11時45分と、13時15分から15時までの1日2回利用できます。

 

ヒツジの毛刈りなどのイベントもチェック

江戸川区自然動物園ふれあいコーナー

 

江戸川区自然動物園では、さまざまなイベントを開催しています。ゴールデンウィークごろに開催されるヒツジの毛刈りショーは、子どもに人気のイベント。なんと、子どもも一緒にバリカンで毛刈りを行えます。あまりできない体験に、お子さんも大喜びするはず。
また、12月に行われるハヤブサやタカのフライトショーも、参加者が1,000人を超えることもある大変人気のあるイベントです。タカの飼育や、訓練を行う専門家、鷹匠(たかじょう)との息の合った演技や、大空を舞う姿は見ものです。フライトショーの後には、クイズコーナーや、鷹匠体験ができるなど、子どもから大人まで楽しく参加できます。実は年々生息数が減少しているという猛禽類(もうきんるい)。このようにふれあえるのは貴重な体験かもしれませんね。

 

EPARKママこえの口コミをご紹介します!

時間が合えば餌ヤリを見ることもできます。 動物と触れ合えるコーナーもあって、うさぎやモルモット、ニワトリ、羊、ヤギなど触れます。3歳~くらいになるとたくさん触れ合って楽しそうにしていました。

主なアクセス

東京メトロ東西線「西葛西駅」から徒歩15分

駐車場

行船公園北側隣に都立宇喜田公園有料駐車場 1時間200円

町田リス園

画像提供:町田リス園

約200匹のリスたちに誰もがわくわく

絵本にもよく登場するリスは子どもの人気者。町田リス園は園の約半分がリスの放し飼い広場になっており、そんなリスたちとふれあえます!すり鉢状の広場には、なんと約200匹のタイワンリスが生活しています。
放し飼い広場では、リスのエサやり体験もできちゃいます。入り口でエサのヒマワリの種を1袋100円で購入。中に入り、専用の手袋を着け、エサを置くと、リスたちがあっという間に集まってきます。手の上でエサを食べる姿は、大人も癒されること間違いありません。

たくさんのリスとふれあいたい方は、お腹の空いている朝や夕方がおすすめですよ。リスはとても人懐こい性格なので、足や肩に登ってくることも。ズボンや汚れても大丈夫な服がおすすめです。小さい体とつぶらな瞳がかわいいシマリスも数匹いるので、探してみてくださいね。

 

モルモットやウサギともふれあえます

町田リス園ふれあいコーナー

 

町田リス園には、モルモットやウサギを抱っこできるふれあい広場があります。入場料は一人100円ですが、付き添いのみの方は無料で入れるので、そばでゆっくり見守れるのが嬉しいですね。
土曜日、日曜日、祝日のみ、10時半から12時、13時から15時半までオープンしています。係員が、膝の上に乗せてから抱っこできるので、初めて動物にふれる子どもでも安心して体験できます。ウサギのだっこは年齢制限があり、8歳からなのでご注意ください。モルモットは年齢制限がないので、小さなお子さんもだっこができます。

ほかにもモルモットやウサギ、カメにもエサやりできるスペースもありますので、ぜひ体験してみてくださいね。エサは1皿100円。シャクシャクと一生懸命食べる姿はかわいいですよ。さまざまな種類のリスや、プレーリードッグなども見ることができ、子どもも飽きずに楽しく過ごせる動物園です。

 

EPARKママこえの口コミをご紹介します!

屋外施設に台湾リス200匹が放し飼いにされていて間近で見ることができます。100円の餌をあげれば手から食べてくれますが、みんなが餌をあげるせいか午後にはお腹いっぱいみたいで餌を購入してもあまり食べてくれません。 行くなら午前をオススメします。 ただ、リスの他にもモルモットやウサギも居るのでそちらは午後でも餌を食べてくれます。

主なアクセス

小田急 / 町田駅 北口出口よりバス約20分

駐車場

駐車場料金:0円 200台

羽村市動物公園

画像提供:羽村市動物公園

毎日開催!どきどきハンズオン

住宅街のなかにある羽村市動物公園。キリンやレッサーパンダなど、子どもに人気の動物もたくさんいますが、ふれあいのイベントも多く行っている動物園です。正門のそばにあるスタディホールでは、モルモットやヒヨコにふれあえる、どきどきハンズオンが毎日開催されています。はじめは緊張するお子さんもいるかもしれませんが、小さくてふわふわのモルモットやヒヨコに、きっと笑顔になりますよ。
ハンズオンタイムは、毎日10時から11時半と、13時半から15時の2回あります。また、土曜日、日曜日、祝日の午後のハンズオン後は、モルモットの大行進を見ることができます。ハンズオンのスペースとモルモットの部屋にかけられたスロープを、スタッフと参加者の手拍子と掛け声で渡るかわいい行進を見てくださいね。

 

キリンやハイエナにも!いろいろな動物へのエサやり体験

羽村市動物公園ふれあいコーナー

 

羽村市動物公園は、エサやり体験のイベントが豊富にあります。 毎日体験できるのは、ヤギとブタ、サルやペンギンなど。平日限定で、ポニーやモルモット。土曜日、日曜日、祝日は、ハイエナやキリン、トナカイのエサやり体験ができます。エサは100円から200円で販売されています。いずれも時間やエサの数量が決まっているので、体験したい方はお早めに行ってみてくださいね。
500円で6種類の動物にエサをあげられるエサやりツアーも人気です。

 

※2017年2月28日現在、高病原性鳥インフルエンザの発生状況により、園内の鳥類への感染予防のため、「エサやりツアー」、どきどきハンズオンで行われている「ひよこのふれあい」と日本池での 「ミズドリのエサ」、ペンギン舎での「ペンギンランチ」、芝生広場での「ハリスホークガイド」が当面の間、中止となっています。

 

EPARKママこえの口コミをご紹介します!

なかでも、子供の興味はペンギンのえさやり。。。 1回200円でアジ(?)が4匹。数量も限定なので並んでGETしました☆ また、スタディホールというところで『どきどきハンズオン』というのも開催されていて1才の娘は初めてみる『モルモット』と『ひよこ』にビビりながらもタッチ♪

ハムスターなどの動物とふれあえるのもとても魅力的です。 遊具もあります。 広い芝生があるので、お弁当を持参して食べている方が沢山いました! 春には花見をしながら芝生でお弁当を食べる方が沢山いるとスタッフの方から聞きました!

主なアクセス

JR青梅線 / 羽村駅 バス約7分

駐車場

駐車場料金:300円 210台
※平日は無料

あらかわ遊園

画像提供:あらかわ遊園

子どもに大人気!ポニー乗馬

荒川区の隅田川沿いにあるあらかわ遊園。1922年に誕生した、歴史ある公営遊園地です。レトロな雰囲気に大人もわくわくしてしまいます。こちらで、ぜひチェックしていただきたいのが、100円で体験できるポニー乗馬です。4歳から10歳までの子どもが体験できます。スタッフさんがサポートしながらコースを一周しますので、ここではたくさんシャッターチャンスがありますよ。温厚な性格のポニーに、子どもも安心して体験できます。
定員制で、1日3回行っており、10時半(受付9時から10時20分)、13時半(受付12時半から13時20分)、15時(受付14時から14時50分)と、事前に受け付けが必要です。休日は受け付けが始まると、すぐに定員になってしまうこともある子どもに大人気のイベントです。

 

親子で楽しい魚つり広場も!

あらかわ遊園ふれあいコーナー

 

ポニー乗馬のそばには、4歳から利用できる魚つり広場があります。9時から16時半まで利用でき、道具やエサも準備されているので手ぶらで行けます。スタッフさんが、竿の使い方やエサのつけ方までアドバイスしてくれるので、釣りはしたことがないお子さんでも楽しめます。鯉や金魚を、時間内に何匹でも釣ることができます。お得な親子券があり、親子二人が1時間400円で利用できます。貸し竿は無料。エサは100円で購入できます。
もちろん、動物と触れ合える動物広場もあります。ヤギやヒツジ、ウサギやモルモットにふれあうことができますよ。メリーゴーランドや観覧車もありますので、子どもから大人まで1日中楽しめます。

 

EPARKママこえの口コミをご紹介します!

1日いても、飽きない場所です。 動物が大好きな我が子は動物とふれあえたのが一番楽しかったみたいです。 スタッフのかたが誘導してくださるので、安心して動物た ちと触れあうことができます。 餌やりには子供は大興奮で、何度もやりたがりました!

入口でスタッフの方に「今ならポニーの乗馬に参加できますよ」と声をかけていただき、小学生3人が挑戦しました。飼育員さんが付いて小さい柵の中をポニーに乗って一周するだけですが、都内ではなかなかできない経験なので子供も喜び、親にとっても良いシャッターチャンスです。動物広場ではうさぎにエサをあげ、モルモットを抱っこさせてもらい、最近生まれたばかりのヤギの赤ちゃんにも会えました。

主なアクセス

都電荒川線 / 荒川遊園地前駅 徒歩約3分 JR高崎線 / 尾久駅 徒歩約11分 東北本線 / 尾久駅 徒歩約11分

駐車場

【利用時間】 午前7時30分~午後10時30分 【料金】 月曜~金曜 30分100円 1日500円 土曜・日曜・祝日、春・夏・冬休み期間 1時間300円 【収容台数】 114台

まとめ

お子さんにぴったりなふれあいコーナーがある動物園はありましたか?子どもとかわいい動物が触れ合っている姿は、とても微笑ましいですよね。
お子さんも、実際に動物にふれあうことで、ぬくもりや、質感、においなど、見るだけでは分からなかったことをたくさん発見できます。ぜひ、ふれあった後は、感想を聞いてみてくださいね。子どもならではのかわいい感想を聞くことができるかもしれませんよ。