子どもと一緒に行きたい!東京の水族館オススメ5選

アクアパーク品川イルカショー

お子さんが喜ぶ人気のお出かけスポットの1つ、水族館!ふだんは絵本やテレビでしか見られない魚たちが泳ぐところを見られるのは楽しいですよね。また大きな水槽に囲まれた幻想的な雰囲気も、子どもの冒険心をくすぐってくれます。
実は東京には、さまざまな水族館があります。たくさんの珍しい生き物を近くで眺めたり、イルカやアシカといった人気の動物たちのショーを観賞したり、水族館によってさまざまな楽しみ方ができます。今回は、東京で人気の高い5つの水族館を紹介します。

※記事内の写真の一部に、口コミ投稿いただいた画像を使用しております。

サンシャイン水族館

画像提供:サンシャイン水族館

 

高層ビルの一角にある、都市型の水族館

「サンシャイン水族館」は、池袋の高層ビルであるサンシャイン60を中心とした「サンシャインシティ」にある水族館です。ターミナル駅の池袋駅から歩いて行けるだけでなく、首都高からもすぐ。アクセスが抜群なうえに、買い物も一緒に済ませられるので、ママには嬉しいロケーションです。
2011年にリニューアルオープンされており、東京の最先端の水族館として、さまざまな工夫が凝らされた展示が見ものです。

 

ウーパールーパーなどの珍しい生き物や、アルマジロなどの動物も!

そんな中でも、お子さんの人気が高いのは、屋外にあるアシカの水槽です。透明なドーナツ型の水槽が頭上にあり、アシカが優雅に泳ぐ様を眺めることができるのです!体をくねらせて泳ぐ姿を目の当たりにできるので、お子さんは大興奮間違いなし!
また、「サンシャインラグーン」というメインの大きな水槽も、子ども達に人気の展示。とにかくたくさんの種類の魚が入り乱れて泳いでいるので、立ち止まって見続けるお子さんも多いようです。さらにマンボウやウーパールーパーなどめずらしい生物がいるほか、小さなかわいいアリクやアルマジロなど、変わった動物も見られます。

 

サンシャイン水族館ウーパールーパー

 

アシカのショーやエサやりの様子など、イベントも盛りだくさんなので飽きずに一日過ごせます。階の移動はありますが、エレベーターもあるので、ベビーカーでの移動も可能ですし、授乳室もあるので小さなお子さんと一緒でも安心です。

 

EPARKママこえの口コミをご紹介します!

 

子供が一番喜んだのは、様々な魚が泳いでいる大型タンク。大きなエイやサメが自分に向かって泳いでくるようで、大興奮でした。平日の午前中で静かな時間だったからか、スタッフの方が水槽に入って掃除していたり餌付けしたりするところをゆっくり見られました。

屋上部分のエリアが特に楽しかったです。コツメカワウソのお散歩に会えたり、すぐ目の前で飼育員さんの抱き上げたペンギンを見れたり、ペリカンがエサを食べる瞬間が迫力だったり、生き物と近くてとても楽しかったです。

主なアクセス

東京メトロ有楽町 東池袋駅 徒歩約3分 / JR・東京メトロ・西武線・東武線 池袋駅 徒歩駅約8分 / 都電荒川線 東池袋4丁目停留所 徒歩約4分

駐車場

サンシャインシティ駐車場有、300円 30分

アクアパーク品川

テーマパークのような非日常空間

2015年にリニューアルしたアクアパーク品川は、まるでテーマパークのような、演出が印象的な水族館です。館内に入ってまず出会うのが、海賊船のアトラクションや、乗り物がイルカになったメリーゴーランド。子どものテンションはここで一気に上がります。ただ魚を見るだけでない、テーマパークに来たかのような幻想的な空間に、お子さんも引き込まれることでしょう。

 

水しぶきが飛んでくる?!大迫力のイルカショー

 

アクアパーク品川イルカショー

 

お子さんに大人気なのが、水槽の中を歩いているような水中トンネル。すぐ隣や真上にマンタやエイなどの大きな生き物が泳ぎ回っている様子は圧巻! でも、エイのエラが顔のようになっていたり、よく見るとユーモラスな魚の一面に触れられるのも魅力です。
また何といっても見逃せないのがイルカのショー。スタジアムのような特設ステージの中で、イルカたちが跳ね回ります。最前列の席では、貸し出しているレインコートなしでは見られないほど、エキサイティングなショーにお子さんは大興奮間違いなしです!

 

EPARKママこえの口コミをご紹介します!

 

小さい子供が歩き回るにはちょうどよい大きさでした。ベビーカーで行ったのですが、ベビーカー置き場もあり、ベビーカーを置いて手を繋ぎながらよちよち歩いて、時々抱っこで回りました。 タッチパネルで触れる仕掛けの水槽やちょうどクリスマスのデコレーションの水槽など、子供だけでなく大人も楽しめる水族館でした。

水族館自体は大きくなく、種類も決して多くはないですが、小さい子供が見る分には十分だし、走り回る子供を追いかけるママとしてはちょうどいいサイズです。 トイレはオムツ交換台有り。

主なアクセス

JR 品川駅 高輪口出口より徒歩約2分

駐車場

品川プリンスホテル駐車場 500円/30分

すみだ水族館

画像提供:すみだ水族館

ペンギンの暮らす様子がよくわかる展示が人気

すみだ水族館は東京スカイツリータウンの中にあり、観光やショッピングとあわせて楽しめる水族館です! すみだ水族館で特にお子さんの人気が高いのは、何といってもペンギンの展示。ペンギンたちの暮らすスペースを上下の階から眺めることができる吹き抜け構造になっています。ペンギンが飛び込んでから、泳いで、また陸に上がる様子をひと続きで見られるので、見どころ満載! 観察好きなお子さんなら、いつまででも見入ってしまうことでしょう。

 

水族館の枠を超えた体験!参加型のイベントも

 

すみだ水族館ライト

 

他にも、見せ方が工夫されたさまざまな展示が楽しい水族館です! ライトの色がイルミネーションのように変わるクラゲの水槽や、水槽をスクリーンにして行われるプロジェクションマッピングなど、「水族館」という枠を超えた体験ができます。
また、子ども向けのプレイスペースがあります。海の生き物に関する絵本やぬいぐるみなどが置いてあるほか、お子さん向けのワークショップも開催。生き物をテーマにした工作などの体験ができます。見るだけでなく、自分で手を動かした経験ができるので、子どもにとって印象的なおでかけになるはずです。

 

EPARKママこえの口コミをご紹介します!

 

中は今まで見てきた水族館と違ってアートでオシャレな水族館です。クラゲのコーナーは照明が使ってオシャレに演出されていたり、金魚のコーナーは江戸時代の雰囲気が漂う作り込まれた空間になっていたりと、どこも工夫が感じられてまさに最先端の水族館だなと思いました。

展示の仕方に雰囲気があってレイアウトも楽しめます。お気に入りはチンアナゴでひょこっと顔を出している姿がなんともコミカル。

主なアクセス

東武スカイツリーライン とうきょうスカイツリー駅 徒歩約4分 / 都営地下鉄浅草線 押上駅 徒歩約8分

しながわ水族館

画像提供:しながわ水族館

イルカにさわろう!

4歳以上の子どもから参加できる体験プログラム「イルカにタッチ」では実際にイルカと握手することができます。1日1回、先着5名と参加できる人数の制限はありますが、イルカにふれる機会はなかなか無いためこのプログラムへの参加はおすすめです。館内には5頭のイルカがいます。それぞれかわいい名前もついているので子どもと一緒に記念に覚えてみるのも良いですね。
さらにバンドウイルカの赤ちゃんの声を聞くこともできます。期間限定ですのでかならず聴くことができるかはわかりませんが、イルカの赤ちゃんはどのような泣き方をしているのか興味がわきませんか。機会があれば一緒に体験してみてはいかがでしょうか。

 

まるで魚がキスしてくれるみたい!ふれあい水槽

 

しながわ水族館ふれあい

 

しながわ水族館の中でも特に人気が高いのは、イルカ・アシカスタジアムで行われるイルカショー。すぐ近くで繰り広げられるイルカのパフォーマンスは迫力満点です!
水槽に手を入れると「ドクターフィッシュ」の名前でも知られるガラルファという魚がキスをするように古い角質を食べてくれる「ふれあい水槽」も、お子さんには大人気の体験です。
館内にある段差の多くはスロープが設けられており、階の移動にはエレベーターも使えるので、ベビーカーでも無理なく館内をまわることができます。施設が区民公園の中にあり、来館の後でゆっくり過ごせるのも、お子さん連れでのお出かけには嬉しいポイントです。

 

EPARKママこえの口コミをご紹介します!

 

水族館は再入場できるとのことだったので先に入り、間で抜けて食事をとりました。 全体的な印象は、「ザ、水族館」という感じでしたが、イルカやアシカのショーもあり、子どもたちは喜んでいました。 子どもが何気に楽しんでいたのが、角質を食べてくれるお魚のエリアで、手を水槽につけてははしゃいでおり、しばらく離れませんでした! クラゲの水槽も幻想的でキレイでした。

コンパクトな水族館ながら、ドーム状の巨大水槽や、クラゲコーナー、イルカや近くで見れるペンギンなど見どころもって、我が子は喜んでいました。広すぎずさっと見て帰れるので、特に小さいお子さん連れにおすすめです。

ペンギンなどもいますし、一番おもしろいのはアシカのところです。水槽をぐるりと見回せて足元にもアシカが通るので子供達はアシカを追いかけて楽しそうにしていました。 再入場も出来るので一度外でお弁当やご飯を食べて、隣接の公園で遊んでからまた入場しました。

主なアクセス

京浜急行 大森海岸駅 徒歩約8分 / JR京浜東北線 大森駅 北口改札出口より徒歩約15分

駐車場

96台収容可能 100円/20分

葛飾臨海水族園

画像提供:葛飾臨海水族園

じっくり観察できる、正統派水族館

高さが地上30.7mにもなるという巨大なガラスドームが目を引く葛西臨海水族園は、水の生き物たちの魅力にふれながら、しっかりと学ぶことができる水族館です。巨大な水槽をいろいろな方向から観察したり、様々な地域の海の様子を順番に見たり。派手な演出はそれほどありませんが、水の中の生物をじっくり見ることができるので、子どもの観察欲を満たすのに適しています。

 

たくさんのペンギンと会える、国内最大級のペンギン展示

 

葛西臨海水族園コーナー

 

お子さんに人気なのがペンギンのコーナー。人気のフンボルトペンギン、ミナミイワトビペンギン、オウサマペンギン、フェアリーペンギンが展示されている、国内最大級のペンギン展示です。たくさんのペンギンに会えるのも、お子様に人気の理由の1つです。
葛西臨海水族園では、観察や体験を通して身近な生き物の魅力を実感できるプログラムにも力を入れています。お子様の年齢に合わせたいくつものプログラムに、無料で参加することができます。
また、園内では授乳室とオムツの交換台も配備されているので、赤ちゃんが一緒でも安心して展示をまわることができます。

 

EPARKママこえの口コミをご紹介します!

 

この水族園は、イルカショーなど、大型の海の動物はおりませんが、珍しい魚たちを多く展示していました。中でも私たちが気に入ったのが、「リーフィーシードラゴン」です。まるで葉っぱのような形をした、たつのおとしごのような生物です。我が子も、「はっぱみたい」と大はしゃぎでした。

園内は広く、ゆったりとしているうえ、休憩スペースでは持ち込みお弁当の 飲食可のため、親にとってはとてもありがたい施設です

葛西臨海公園の中にある水族園です。入ってすぐ大きな水槽がありサメやイワシの群れなど迫力満点です。海の中はこのように魚が生活しているんだということが想像できて楽しいです。

主なアクセス

京葉線 葛西臨海公園駅 徒歩約5分

駐車場

無し。葛西臨海公園の駐車場の利用可

まとめ

東京の水族館5か所をご紹介しました。東京の水族館ではそれぞれの個性やアイディアがたくさん詰まっているので何度行っても飽きません。展示の方法もさまざまなので、いろいろな水族館に遊びに行って、演出の違いを比べてみてもいいかもしれませんね。