ママが運動神経が悪いから…パパが運動が苦手だから…と、子どもの運動神経がよくないのは仕方ないと考えていませんか? でも、ママたちは子どもの運動神経を育てたいと思っているのも事実でしょう。「運動神経」は本当に遺伝するものなのでしょうか?
学研とプロトレーナーが開発した“運動神経を育てる”がコンセプトの子ども運動教室「リトルアスリートクラブ」の代表トレーナー遠山健太氏にお答えいただきました。

【 お答えいただいた方 】
遠山健太 とおやま・けんた リトルアスリートクラブ代表トレーナー

ワシントン州立大学教育学部初等教育学科卒。
NSCA認定ストレングスコンディショニングスペシャリスト、adidasパフォーマンストレーニング認定マスタートレーナー。全日本スキー連盟フリースタイルスキー及びスノーボードチームのフィジカルコーチ。一般社団法人日本フットウェア技術協会の理事も務める足のスペシャリスト。子ども運動教室「リトルアスリートクラブ(LAC)」では、運動神経を育てる運動プログラムを学研とともに開発。また、そのノウハウをお母さん向けに紹介した著書『ママだからできる運動神経がどんどんよくなる子育ての本』(学研パブリッシング)を出版し、多くのメディアに取り上げられている。新たに、足の裏に着目して運動神経を伸ばすプログラムを開発し、東京ドームシティ スポドリ!で開催するLACに導入。

遠山 健太トレーナー

子どもの運動神経を左右するのは遺伝なのでしょうか?

遺伝よりも環境が大事です。

環境で子どもの運動神経は大きく変わってきます。スポーツ選手が親子で活躍されるのを見て、遺伝すると思う人は多いでしょう。でも、よく考えてみると、親がスポーツ関係の仕事をしていると運動をする環境が整っている場合が多いからなのです。両親が運動が苦手だったとしても、運動ができる環境を与えてあげれば、優秀な遺伝子を持っていて何もしない子よりは、はるかに伸びる可能性があります。

運動神経を育てるための環境づくりとは?

まずは一緒に外遊びをすることです。

子どもを積極的に公園に連れて行ってあげてください。子どもが大きくなると親と一緒に公園に行く機会も減るので、小さいうちから、ぜひ公園に連れ出すことを習慣にしてほしいです。公園で遊ぶだけで、子どもは自然といろんな動きを体験できます。「基本動作」は、84種類あると言われていますが、遊具のある公園であれば遊び方によってはその半分はクリアできますし、広場や回遊式の公園であれば半数以上の動きを体験できますよ。小さいうちにさまざまな動きの体験をしないと、子どもは苦手な動きがでてくるかもしれません。

※体を自分の思い通りに動かすために必要な動作

普段の生活の中で運動神経を伸ばすポイントは?

裸足で過ごし、“足の裏”を刺激することです。

裸足でいることによって、足の裏にあるメカノレセプターという感覚受容器が刺激され、体のバランス力が向上します。そして、足の裏の感覚を養うことで足の裏の筋肉が発達し、アーチ(土踏まず)が正しく形成され、足の指もうまく使うことができるようになるのです。足の指の力は、歩くことだけでなく、走る、跳ぶ、投げるといったさまざまな運動に影響するので、とても大事です。けれど現状では、足の指が使えずによくつまずく子やかけっこの遅い子が増えています。どんなお子さんでも、裸足で生活する時間を長くすればするほど足の指が使えるようになります。それが運動神経を育てることにつながっていきます。

運動するときも裸足がよいのですか?

裸足が理想的ですね。

芝生や砂浜などでも思いっきり駆け回ってほしいと思いますが、安全面などを考えるとそういった環境はなかなかないですよね。そこで、私が代表トレーナーを務めるリトルアスリートクラブ(LAC)では、“裸足で運動”を徹底しています。さらに、この4月から東京ドームシティ スポドリ!で始める教室では、“足の裏から運動神経を育てる”をモットーに、足の裏に着目したスペシャルプログラムを用意しています。スポドリ!のフィールドには天然の芝に限りなく近い、毛足が長い人工芝が敷き詰められていて、足への負担もかかりませんし、踏んだら危ないという危険物の心配もありません。約340m²と子どもが思いっきり走り回るのに十分な広さもあり、子どもの運動には理想的な環境なんです。4月11日(土)、4月12日(日)に無料体験会を行いますので、ぜひ参加してみてください。

足の裏に着目して運動神経を伸ばす、日本初のプログラムを体験しよう!

4月より、スポドリ!にLACの年中・年長(4〜6歳)向けのクラスが登場します。天然芝に限りなく近い人工芝のスポドリ!ならではの、足の裏から運動神経を育てるスペシャルプログラムです。裸足で足の裏を刺激しながら、安全に運動を楽しむことができます!
クラスのオープンに先駆けて、4月11日(土)12日(日)の2日間、LACのプログラムの無料体験会を開催します。ただ今お申し込み受付中!

開催日時4月11日(土)10:00〜11:00/11:30〜12:30
4月12日(日)  9:30〜10:30/11:00〜12:00
対象年齢年中・年長(4〜6歳)
定員各20名
会場東京ドームシティ スポドリ!
東京ドームシティ スポドリ!
無料体験会お申し込み&新クラスの情報はコチラへ

《 リトルアスリートクラブ(LAC)とは 》

学研とプロトレーナーが開発した子ども運動教室。従来の幼児向けの体育・運動指導が、跳び箱や鉄棒など特定の動作の上達や体力の向上を主眼においているのに対し、LACの運動プログラムは、将来、子どもたちがどんなスポーツでも楽しめるよう、そして小学校の体育で困らないよう、”運動神経を育てる”ことを目指しています。60分間の授業の中で、多種多様な体の動き=基本動作を行い、たくさんの刺激を与えることで子どもたちが本来持っている運動能力を最大限に伸ばしていきます。4月から関東一円で順次教室をオープン。 リアルアスリートクラブ公式HPへ

リアルアスリートクラブ