意外と楽しい!?小学校・幼稚園のPTAの係、やってみたらどうだった?

保育園・幼稚園や小学校など、子どもが集団生活という社会の輪に身をおくと、ママたちにもなにか活動への協力が求められるようになります。子どもが通っているのだから当然…と思いつつ、それが「PTA」というとなぜか身構えてしまうことはありませんか。

PTAの仕事といっても、年間を通して学校と密に連携をとって活動する運営本部役員や委員会もあれば、行事のお手伝いに参加する係など幅広くあります。実際に参加したことのあるママたち、経験してどう思いましたか?

小学校でPTAの係の経験のある方、やってみた感想は?

1位 どちらともいえない 35%
1位 楽しかった 35%
3位 つらかった 17%
4位 すごくつらかった 7%
5位 すごく楽しかった 6%

同率1位は「どちらともいえない」と「楽しかった」でした。5位の「すごく楽しかった」というママを加えると、楽しく感じたママのほうが多いですね。

どちらともいえない
→「やるときは嫌々だったけど、知りあいが増えたし、行事も終わってみると、楽しかったこともあった」(17歳・男の子、16歳と11歳・女の子のママ)

楽しかった
→「わりと消極的でしたが、子どものPTA役員をやらせていただいたおかげで性格も変わり積極的になりました」(13歳・女の子、10歳・男の子のママ)
のように、振り返るとプラスに思えることが多かったようです。

保育園や幼稚園でも、学校のPTAほど組織がしっかりしていなくても「保護者の会」という形があるところも。経験してどう感じましたか?

保育園・幼稚園でPTA(保護者の会)の係の経験ある方、やってみた感想は?

1位 楽しかった 41%
2位 どちらともいえない 28%
3位 すごく楽しかった 16%
4位 つらかった 14%
5位 すごくつらかった 1%

こちらは「楽しかった」という声が小学校ママと比べると少し多く「すごく楽しかった」というママも3位に浮上。

しかしそれぞれで「つらかった」という声も無視できません。
「不平や文句を言う人が多い」(9歳と6歳・女の子のママ)
「役員メンバーとうまくいかなかったので」(9歳・女の子のママ)
のように、人間関係も含めて気持よく進められなかったというママや
「会議など面倒。自分の子どもが参加しないものにも行かないとならないのでつまらない」(10歳・男の子のママ)「朝の旗当番をやったのですが、仕事前にやっておきたい家事もできなく、旗当番が終わったらすぐに仕事にもいかないと間に合わず大変でした」(10歳・男の子のママ)
このほか、妊娠や体調不良で楽しめなかったというママもいました。

「行事を無事に成功できたときは喜びが大きかった」(4歳・女の子のママ)
「面倒だと感じることも多いが、保護者のヨコ(同学年)とタテ(異学年)のつながりができる貴重な機会だと思った。先生がたと親しくなることができたことは収穫だった」(17歳と9歳と3歳・男の子のママ)

園のため、学校のため、ひいては子どものため。と同時にママも子どもの様子を聞くチャンスがあったり、園や学校の取り組みなど深く話を聞くことができたり、より親しみを持てるようになったのではないでしょうか。

 

さてここで、最後にPTA経験者へこんな質問を。
「ズバリ、今後PTAの係をやりたいですか?」

1位は「やりたくない」60%でした! 次いで「どちらでもない」が2位29%、「やりたい!」というママはわずか11%でした。えぇっ! 好印象が多かったはずなのに!?

「1回でじゅうぶん!」なんてツッコミが聞こえそうです。

しかし約4割は、やりたい・どちらでもない、という“複数回引き受け予備軍”。こんな経験者ママとPTAデビューのママたちが、また次の一年を盛り立てるのでしょう。

 

 

(文:松村真子)