諦めるか死守するか…夏休み中、ママの時間はどう確保する?

natsuyasumimamajikan

いよいよ夏休みがやってきました。楽しみもあるけれど、自分の時間が取れない…と憂うつになっているママもいるのでは? 今回は、夏休み中にママたちは自分の時間をどうやって確保しているのか、アンケートしてみました。

夏休み中、ママの時間を確保するためにどんなことをする?(複数回答)

1位 パパに子どもを預ける 71人
2位 パパやママの実家に子どもを預ける 67人
3位 習い事に行かせる 19人
4位 保育園の一時預かりを利用する 16人
5位 学童クラブを利用する 12人
6位 サマースクールやキャンプに行かせる 9人
7位 子どもにお留守番をさせる 7人
※その他(託児所、幼稚園の預かり保育など) 19人

いちばん多かったのは「パパに預ける」という回答でした。
「パパとふたりで遊びに行ってもらったり、お留守番してもらう。普段なかなかできないので父娘の良いコミュニケーションになり一石二鳥」(3歳・女の子のママ)

2位は「実家に預ける」。
「両方の実家の祖父母に手伝ってもらいママの時間確保をするのがいちばんお金もかからず喜んでもらえて簡単なので毎年お願いしています」(2歳と1歳・男の子のママ)
やはり身内に見てもらうのが安心できるようですが、
「実家に預けてもぐずられてすぐに呼び出しがかかった」(2歳・女の子のママ)という人も。
子どもが小さい頃は特に、ママじゃないとダメ!という時期があるので大変ですね。

自分の時間を作るためのアイデアもあがっていました。
「子どもがいる友人と遊びます。すると子どもたちは勝手に遊んでくれるのでのんびり独身にもどり、友だちと話しこめます」(7歳と3歳・男の子のママ)
ママのそばで遊んでくれれば安心ですし、おしゃべりもできてお互い楽しめますね。

「子どもを早く寝かしつけることと、午前中に外や室内で遊ばせてから、自宅に帰って昼寝をさせます」(6歳・男の子のママ)
「昼間のプールで力を使い切って、夜は早く寝かせる」(4歳・女の子、1歳・男の子のママ)
というように、早く寝かせる作戦も人気でした。

「子どもが少し大きくなってきて、小学校の部活や友だちと約束して遊びに行ったりする時間を自分の時間にあてています。それ以外は自分も楽しめることや場所を選んで一緒に遊んでいるので、十分満足できています」(12歳・男の子のママ)
ひとりで行動したりお留守番もできる年齢になると、比較的時間が作りやすいかもしれませんが、まだ小さいとなかなかむずかしいもの。
「毎日土日状態でとにかくしんどいし、かといってわざわざ出かけるほどの気力もないのでテレビやYou Tubeのお世話になりっぱなしです」(5歳・女の子のママ)
出かけるのは疲れるしお金もかかるし…。こんなふうに家で過ごす人も多いかもしれませんね。

「一緒にいられるのは休みの間だけ。大変だけど親子とも楽しめるようにがんばります」(7歳と1歳・男の子のママ)というように、前向きに考えている人もいれば、「自由など一切ありません」(4歳と1歳・男の子のママ)と、完全にあきらめモードのママも…。

 

ただ、自分の時間が取れない…と考えすぎるのも、イライラの元になります。
「まぁ、誰かに預けてもしょせん数時間。しがらみや経済的なことを考えたら、基本あまりとれないものなので、子連れで楽しめることを全力で考えます」(12歳と10歳・女の子のママ)というように、預けて面倒なこともあるし、どうせなら楽しもう!と割り切って考えるのが、ストレスを溜めないコツかもしれません。子どもと一緒に、ママも楽しめる夏休みにしたいですね!

 

(文:伊井順子)