夏休み、子どもと何する? 子連れに人気の体験ランキング

気づけばもうすぐ夏休み。大人にとっては代わり映えのない夏でも、子どもの目に映る景色は、毎年違った彩りを見せるものです。さて、今年の夏はどう過ごしましょうか?

夏休みに、子どもといちばんしたいことはなんですか?

1位 海水浴、プール遊び 35%
2位 実家に帰省 14%
3位 水族館や動物園に行く 10%
4位 テーマパークで遊ぶ 9%
4位 キャンプ 9%
6位 温泉でのんびり 6%
7位 家でのんびり 4%
8位 ワークショップに参加 3%
8位 海外旅行 7%
8位 美術館や博物館に行く 7%
※その他 4%

夏休みに子どもにいちばんさせたいことはなんですか?

1位 海水浴、プール遊び 46%
2位 花火 14%
3位 水族館や動物園に行く 10%
4位 キャンプ 8%
5位 虫とり 6%
6位 流しソーメン 3%
6位 お墓参り 3%
8位 山登り 2%
8位 スポーツをスクールで習う 2%
※その他 6%

「子どもとしたいこと」と「子どもにさせたいこと」のどちらにおいても「海水浴、プール遊び」が1位を獲得しました。「したいこと」の声として特徴的だったのは「子どもがいちばん楽しそうに見えるから」(18歳と15歳と10歳・女の子のママ)、「歩けるようになったので、海を見せてあげたいです」(1歳・女の子のママ)といった声。子どもを楽しませたいという親心が伝わってきました。一方で「させたいこと」の声として特徴的だったのは「泳げるようになってほしい」(5歳・男の子、2歳・女の子のママ)、「昨今、公園は暑すぎて心配。でも運動不足も困る」(8歳・女の子、5歳・男の子のママ)といった声です。同じ親心でも、こちらは子どもの発達への期待が感じられました。いずれにせよ多かったのは「夏にしかできないことなので」(7歳・男の子のママ)という声でした。

同じくどちらでも3位となったのは「水族館や動物園に行く」でした。この選択肢では「子どもが好きだから」(5歳・女の子、3歳・男の子のママ)、「動物や魚の名前をいろいろ覚え始めたので、本物を見せてあげたいと思っています」(3歳・男の子のママ)といった声が多く、「子どもとしたい」声と「子どもにさせたい」声に大きな違いはありませんでした。水族館は特に「屋内施設であれば小さな子どもでもゆっくり楽しめるから」(3歳・男の子、1歳・女の子のママ)といった理由で、夏に人気がありますよね。

また「キャンプ」もどちらにおいても人気でした。その理由はやはり「自然にふれてほしい」(1歳・女の子のママ)から。非日常体験が子どもの視野を広げると考えるママが多いようです。また「男の子なのでアウトドアに強いほうが良いと感じるから。またアウトドアが強いと地震等のライフラインが途絶えたとき、対応できると感じるから。実際主人がそうだから」(6歳・男の子のママ)といった声もありました。

印象的だったのは「したいこと」のほうで2位に上がっていた「実家に帰省」です。この選択肢が選ばれた理由は「じじばば孝行に会いに行かせたい」(1歳・女の子のママ)というのはもちろんですが「実家でいろいろ経験、体験させたい」(4歳と1歳・男の子のママ)といった田舎ならではの経験をジジババ主導でさせてもらうことで、ママ自身は「実家に行けば、自分もゆっくりできるので」(2歳・男の子のママ)と、休める点にあるようです。

実家と同じく「したいこと」のほうで「温泉でのんびり」や「家でのんびり」がランクインしていることを考えると、ママ自身はゆっくり過ごしたいというのが本音なんでしょうね。でも、こうした選択肢が「させたい」こととして上がっていないのは、子どものためにはアクティブに遊んであげたいという気持ちがあるからではないでしょうか。ママに夏休みはないのかも!?

 

 

(文:戸谷 美帆)