何気ない毎日にも元気の源が! ママが自信を持てるのはどんなとき?

mamajisinari

学生時代や独身時代と違って、客観的な評価基準がないのがママの生活。家事も育児もイマイチ自信が持てないな、と思っているママもいるのではないでしょうか。ママが自信を持てるのはどんな瞬間か、また、具体的にどんな場面でそう思ったのかをアンケートで聞いてみました。

自分がいちばん自信が持てる瞬間は?

1位 子どもの成長に順調さを感じたとき 36%
2位 ママとしての役割を認められたとき 15%
3位 人の役に立てたとき 13%
4位 お得な買い物ができたとき 7%
4位 仕事で認められたとき 7%
4位 時間を有効に使えたとき 7%
7位 美的センスを認められたとき 6%
8位 目標を達成したとき 5%
※その他 4%

ランキング1位は「子どもの成長に順調さを感じたとき」で、約4割のママが選びました。子どもの成長はママにとってなによりうれしいことですし、それが順調だったときにママの自信につながるのは納得です。
「元気で明るく、子どもの成長を感じられるのがいちばん幸せ。間違っていないなと思う」(1歳・女の子のママ)
「幼稚園や普段の生活から、なにげないときに気づかせられる」(4歳・男の子と2歳・男の子のママ)
など、日常のふとした瞬間に子どもの成長を感じるという声が多く寄せられました。母としての幸せにじんわり満たされますね。

また、「健診に行った際や、子育て経験がある方に『順調に育っているね』と言われると『自分の育児はこれで良いんだ』と自信になります」(1歳・女の子のママ)というように、医療関係者や子育ての先輩などからの声が自信につながるというコメントもありました。

2位は15%のママたちが選んだ「ママとしての役割を認められたとき」。
「今の自分がいちばん重きを置いているのがママとしての役割なので、『この子がやさしい子に育ったのはママのおかげ』『子どもとの接し方が上手ね』と言われたときがいちばん自信に繋がりました」(2歳・男の子のママ)
など、ママの子育てに対する姿勢を評価されたときに自信を持てたという声が複数ありました。

「ママとして話せるから人との関わりで話題が増えた」(2歳・男の子のママ)
と答えてくれたママは、子どもを持ったことで今までとは違う社会での居場所を見つけ、活躍の場を増やすことができたのでしょうね。
「主人から『がんばってるよね』と言われると報われる」(4歳・女の子と1歳・男の子のママ)という声もありました。
ママを支える立場の人は、ぜひママのがんばりを口に出して褒めてみてはいかがでしょうか。

3位は「人の役に立てたとき」で13%のママが選びました。
「人に必要とされることがうれしいし、それに応えられたときはもっとうれしいから」(1歳・女の子のママ)という気持ちは、きっと人生のいつのステージでも根本にあるものなのでしょうね。

4位は同率で「お得な買い物ができたとき」「仕事で認められたとき」「時間を有効に使えたとき」が並びました。

「お得な買い物ができたとき」を選んだママは、「主婦にとって限られた予算内で食費を抑えられたり、ポイントで安く外食できたとき」(4歳・男の子と1歳・女の子のママ)と、賢く家計をやりくりしたときに自信を持てるとコメントをしてくれました。

「仕事で認められたとき」と答えたママからは「家庭では自信がないことばかりで、家事にも育児にも旦那に劣る。仕事はある程度地位が築けているから、自信を持って行動できる」(4歳・女の子と2歳・男の子のママ)という意見が。仕事という場所で、家庭にいるときとは違う自分を持つことで、うまくバランスがとれるのですね。

 

子育て中のママが達成感を持てる機会は、意外と多くはないもの。だからこそ日々の小さなことに敏感になって、意図的に自分を褒めるようにしてみたり、家族で褒め合うように心がけると、自信が持てることが増えてハッピー度が上がるかもしれませんね。

 

(文:薗美冬)