ママは我慢だらけ!? ママが1日に我慢することシミュレーション

mamagaman

子どもが「ママ!ママ!」言ってくれるのは今のうち。わかってはいるけれど、子ども中心の毎日はしんどいこともありますよね。

今、我慢していることはありますか?

1位 ちょっとある 47%
2位 かなりある 44%
3位 あまりない 8%
4位 まったくない 1%

なんと91%のママが、何かしらの我慢を抱えていることがわかりました!

我慢していることは何ですか?

1位 自分のためのお買いもの 141票
2位 ひとりの時間 113票
3位 十分な睡眠 92票
4位 飲み会 86票
5位 自分の体のケア 82票
6位 旅行 79票
7位 おしゃれ 75票
8位 おでかけ 68票
9位 仕事 60票
10位 食べたいものを食べる 58票
11位 だらしない生活 42票
12位 パパとのデート 31票

こんなにたくさん我慢していることがあるんですね! それもそのはず、ママの毎日は下記のような感じなんです。

まず、ママの1日は睡眠不足から始まります。子どもの夜泣きで安眠できないばかりか「とにかく、寝たいけど、子どもたちに起こされる」(4歳と1歳・男の子のママ)と朝から自分のペースで起きられません。

それでもなんとか体を起こし、「子どもによごされるのでプチプラしかきれない」(2歳・男の子のママ)と戦闘服に身を包んだら、働くママは仕事へと向かいます。
でも気になるのは、お迎えの時間。
「会社の友達とかとアフターファイブを楽しむこと」(10歳・女の子のママ)なんて夢のまた夢です。
「夫は好きなだけ仕事をできるけど、私は時間的な制約がかなりあるので」(4歳・男の子のママ)と、たまにパパをうらやましく思うこともあります。

専業主婦のママだって、「もっと外で働きたい!今までのキャリアを生かしたい!社会と接したい!と渇望しているから」(12歳と10歳・女の子のママ)と自分のキャリアに前向きですが、資格を取ろうと思っても、「まだ子どもが小さいので授乳の時間があり、集中して勉強するのはむずかしいです。やり始めたら泣きはじめます(笑)」(2歳・女の子のママ)と思うようにいきません。

専業主婦だから昼間に好きなことができると思われがちですが、「食べたいものをたべる…主婦にはなかなかできません。子どもが優先です」(7歳と3歳・男の子のママ)と好きなように食べられないし、「子育てに追われてなかなか自分の趣味はおろか時間さえも持てていないと感じます」(5歳と1歳・女の子のママ)とひとりの時間だって作れません。もちろんマッサージや美容院に行くなんて無理な話。
「子どもが寝たら、旦那が仕事から帰ってきて、家ではずっと家事をしているから」(1歳・男の子のママ)とパパのお世話だってありますしね。

休日くらい子どもをパパに預けたいのですが、子どもがママじゃなきゃダメだったり「結局帰りの時間が気になってしまって、心から満喫できないです」(4歳・女の子のママ)という状況です。飲み会なんて誘われもしなくなりました。

子育て中心の毎日だから、たまには「ストレス発散の買い物がしたいんですが、ムダな出費ですもの……(涙)」(10歳・男の子のママ)と我慢。
「専業主婦なので、何を買うにしてもパパからお金をもらわなくてはならず、いちいち説明して、ため息をつかれること」(5歳・男の子のママ)もあって、自分の物はなかなか買えません。

本当はパパとデートもしたいし、家族旅行だって行きたいけど、子ども中心の生活ではむずかしいものが…。

このように我慢することが多いママの毎日ですが、子どもの寝顔を見ていると「今がいちばん幸せ」って毎日のように思いますよね。ただ、たまにでいいから「ママいつもありがとう」って言葉に出してもらえたらうれしいですよね。パパさん、そこのところよろしくお願いします!

 

(文:戸谷 美帆)