置き去りもしつけのうち!?信じられないママ友のしつけ目撃談

situkemamatomo

家の外で子どもを注意するとき、周りの目が気になるというママは多いと思います。とくに、いつも顔を合わせるママ友の前ではどのような態度をとればいいのか迷うこともありますよね。あまりキツく叱るもの良くないし、かといってまったく叱らないのも親としてどうなのと思われそうだし…。今回は、ママ友のしつけ方についてどのように思っているか聞いてみました。

ママ友のしつけを見ていて「やりすぎでは?」と思ったことはありますか?

1位 ない 58%
2位 ある 42%

「やりすぎ」だと思ったことがないという人が多数派という結果に。やはり、人前ではなるべくキツく叱らないように意識しているママが多いようです。

「叱り方、しつけの仕方は家によって違うし、各家庭の親が自分の子どもに合った叱り方をしていると思うから」(8歳・女の子、3歳・男の子のママ)

一方で、少数派ながら約4割のママたちは「やりすぎ」と思ってしまうような場面を目にしたことがあるようです。なかでもいちばん多かったのが、子どもを叩いているのを見て引いてしまったという意見でした。

「軽くだけど頭を叩いていた」(8歳・女の子のママ)
「言うことをきかない自分の子どもを殴ったり蹴ったり! びっくりして周りのママ友たちも固まってしまいました」(10歳と8歳・男の子のママ)
軽く叩く程度であれば「しつけ」と捉えることもできますが、殴る蹴るはさすがにやりすぎですよね。また、「子どもがマネするのではないか」と心配するママもいました。子どもに悪いことをしたとわからせるためには叩くことも必要という意見もありますが、人前でも気にせず叩くのは良くないと感じるママが多いようです。

次に多かったのが「怒鳴る」という意見。
「外出先でむだに怒鳴る。一緒にいて恥ずかしい」(2歳・女の子のママ)
「怒鳴りすぎで子どもがかわいそう。人のふり見て自分も気をつけようと思う」(3歳・男の子のママ)

「叩く」と同様に、公衆の面前で子どもを怒鳴る姿は見ていて気持ちのいいものではありません。でも、子どもを怒鳴り散らすママを見て、「あんなに怒らなくていいのになぁ~」と呆れていた人も、自分の子どもにはつい感情的になり声を荒げてしまったという経験はありませんか?そんな姿をうっかりママ友に見られたら「やりすぎ」のレッテルを貼られてしまうかもしれません…。

こんな目撃談も寄せられました。
「スーパーに置き去りにしていたこと」(9歳・男の子のママ)
「小学5年生の母親が、夜家から締め出したと聞き、やりすぎではないかなぁと思うと同時に、子どもが無事でよかったなぁと思いました」(1歳・女の子のママ)
子どもを置いていくフリをしたり、家から閉めだしたり…。気持ちはわからなくもないけれど、見ているほうとしてはハラハラしてしまいます。

なかには怒りがエスカレートしすぎてしまったママも…。
「子どもがゲームや携帯の約束を守らなかったときに、子どもの前で携帯をバキっと壊したときはやりすぎだと思った。ウソをついた子どもの食事を抜いたママがいて仰天した」(13歳と11歳・女の子、8歳・男の子のママ)

 

他人に迷惑をかけないように毅然と注意することも大切ですが、殴ったり大声で怒鳴るのはやりすぎというのがママたちの共通認識。公共の場で子どもを叱るときは感情的になりすぎて他人に不快感を与えないように配慮することも必要ですね。

 

(文:柏木真由子)