子どものしつけは悩んで当たり前? 反省することがあるママは○%!

shitukehansei

ママになってから、ささいなことも含めて「しつけについて悩まない日なんてないわ」という人も多いはず。叱ったあとで「あれでよかったのかな?」と不安になったり、ちょっぴり後悔したりの連続ではないでしょうか。そこで、ママたちにしつけについて反省することがあるか、またその理由を聞いてみました。

子どものしつけについてママが反省することはありますか?

1位 よく反省する 56%
2位 たまに反省する 39%
3位 あまり反省しない 4%
4位 全然反省しない 1%

「よく反省する」「たまに反省する」を選んだママたちが圧倒的で、合計すると95%にものぼりました。多くのママたちが自分のしつけについて反省することがあるのですね。

1位の「よく反省する」と2位の「たまに反省する」を選んだママたちのコメントでは、
「感情的になってしまう」(9歳・女の子のママ)
「怒鳴ったり叩いたりした後は、猛反省します」(4歳・男の子と1歳・男の子のママ)
と、いう意見が複数ありました。ママだって、叱りすぎてしまったときはわかっているんですよね。

「感情的に、言いすぎてしまいます。今回のことに限って的確に、わかりやすくなぜいけないのか、と伝えたいのですが、前回もこうだった、その前もそうだった、とねちねちと言ってしまうことがあり、子どもを傷つけていると思います」(5歳・男の子と3歳・女の子のママ)
と自分の叱り方のパターンを客観的に捉えているママも。

「怒鳴りすぎたとき、自分がイライラしすぎたとき、やりすぎた?と反省することがある。ひと息ついて落ち着けばいいのだが、その瞬間はイラっとしてどうにもならない」(4歳・女の子と4歳・男の子のママ)
と冷静な分析をしてくれたママもいました。
「あ、今イライラしてるな」と思ったら、頭の中で1から10までゆっくり数えて一呼吸するといいという説もありますね。

「ついつい、舞台女優ばりの通る声でこらーーーーーーーーー!と叱ってしまい、窓が全開、近所中に聞こえていただろうということがたびたびあります」(12歳・女の子と10歳・女の子のママ)
というコメントもありました。こんなときのように、周囲を気にしてしまうこともありますね。

3位「あまり反省しない」と答えてくれたママは4%。
「正しいと思っています!」(5歳・女の子のママ)とキッパリとした姿勢のママや「感情に任せた怒り方をあまりしないので」(1歳・男の子のママ)と、理性のコントロールがうまくできているママからのコメントがありました。

「そこまで怒ったこともないし、大らかに育てているので」(2歳・男の子のママ)というママに育てられているお子さんは、きっとのびのびと育っているのでしょうね。見習いたいものです。

たくさんのママたちが「反省する」と教えてくれた今回のアンケート結果。「いつもひどく怒ってしまって反省ばかり」というママは、自分だけが悩んでいるんじゃないということは頭に入れておくとよいかもしれません。

 

(文:薗美冬)