年齢ごとに悩みも変わる…子どものしつけお悩みベスト3

situkenayami

子どものしつけは親の役目と言いますが、うまくできていますか? しつけについてアンケートをとったところ、なんと92%のママが「しつけに悩んだことがある」と回答しています。特に悩んでいることは何かを聞いてみたところ、このような結果になりました。

子どものしつけの内容で特に悩むのは何ですか?

1位 食事 27%
2位 生活習慣 20%
3位 性格上のこと 18%
4位 トイレ 7%
4位 言葉づかい 7%
6位 外出時のルール 6%
7位 遊びのルール 5%
7位 あいさつ 3%
※その他 7%

1、2位は、食事と生活習慣。どちらも生活のベースになることなので、きちんとしつけなくては!と思っているママも多いかもしれませんね。

「なかなか食事を座ってきちんとできない。時間がかかる」(4歳・女の子のママ)
「食事中に遊んでしまう」(2歳・女の子のママ)
「好き嫌いが多く、お菓子ばかり食べる。ごはんを食べさせる努力をしているが、うまくいかない」(4歳・男の子・2歳・女の子のママ)
食事のしつけに関する悩みは、特に子どもが小さいママからの声が多かったです。

「お友だちと仲良く遊べなかったり、順番を待てなかったり、手が出てしまったりトラブルがあったので、ダメなことはダメと伝えた」(3歳と1歳・男の子のママ)
「道で走ったり、急に飛び出したりする」(2歳と0歳・男の子のママ)
遊びや外出時のルールについても、同じく小さい子どもを持つママの悩み。まだ言葉がわからなくても、特に危ないことなどは「ダメ!」というママの気持ちを伝えることが大切ですね。

一方、生活習慣では小学生以上のママたちからのコメントが目立ちました。「やらなければいけないことをやらずに、テレビや遊びをしている」(8歳・男の子のママ)
「言われたことをあと回しにして何度も言われないとやらないこと」(8歳・男の子、3歳・女の子のママ)
小学生になると、学校の準備や宿題など子どもがやることが多くなりますが、思うとおりには動いてくれないもの。「早くしなさ~い!」というママたちの声が聞こえてくるようです…。

「女の子なのに乱暴な言葉づかい、口調が直らない」(13歳と5歳・女の子のママ)
「悪い言葉をどんどん覚えるのが困ります」(8歳・女の子、5歳・男の子のママ)
小学生以上のママからは、言葉づかいに関する声もあがっていました。成長した証拠とはいえ、そんな言葉どこで覚えてきたの?と心配にもなってしまいますよね。

性格上のことで心配しているコメントも多数あがっていました。
「我が強く、なかなか言うことをきかない。かんしゃくもち」(10歳と7歳・男の子のママ)
「我慢しやすい性格で、たまに爆発して手に負えないくらい暴れて凶暴的になります」(5歳と2歳・女の子のママ)
気性が激しめの子どもいれば、逆に「人見知りで、声が小さいです。もっと堂々とした子になってほしい」(10歳・男の子のママ)というように、おとなしい性格に悩むママもいました。

年齢によっても、しつけの悩みはそのときどきで違うと思いますが、
「どこまで本人の個性を尊重してしつけていいかわからない」(8歳・女の子のママ)
というのが、多くのママが持つ思いなのでは? 子どもの個性は十人十色だからこそ、こうすればOK!という正解がないのが、しつけのむずかしいところですよね。
しつけの悩みは、子どものことを思っているからこそ出てくるもの。ついきつく言ってしまうこともあるかもしれませんが、ママの気持ちを子どももいつかわかってくれるはずです!

 

 

(文:伊井順子)