広いけど田舎、狭いけど都会、 家を買うならどっち?

iewokau_1

住居を探すとき、賃貸だと「仮住まい」と考えられますが、マイホーム購入となると一生に一度、多くても数回あるかないかの大きな買い物。立地条件には十分な検討が必要です。
「都会のマンションをテレビで見ていると、この価格でこんなに狭いのとびっくりする」(1歳・ふたごの女の子のママ)予算と照らし合わせると理想の場所と間取りが一致しないこともありますが、下記の場合、どちらを選びますか?

もし家を購入するなら、どっちがいい?

1位 田舎だけど家が広い 50%
2位 都会だけど家が狭い 50%

ちょうど半数ずつ、という結果になりました。それぞれの魅力はどんなところでしょう。

田舎と答えたママは、
「とにかく、お庭がほしいです。普段食べる野菜やお花などを育てたりすることが自分も好きだし、子どもが育つ環境としてもいいなと思っています。それに、夏はビニールプールも出せるし、ダンゴムシなどの虫と遊べるのも魅力です」(2歳・女の子のママ)
土いじりや庭あそび、ママも子どもも外にいる時間が増えて健康でいられそう。

「子どもがいるのでのびのびと育てたい。買い置きが多いので広くて収納がないと困るので」(5歳と3歳・女の子のママ)
“のびのび・のんびり”というのが、田舎を選択した多くのママたちが答えたキーワードでした。

 

では都会派は?
「利便性を考えるとやっぱり、都会」(9歳・男の子のママ)
「まだ子どもたちが通学や習い事にあちこちへ飛び回るので、車もいらない交通の便がよい都会が便利だから」(12歳と10歳・女の子のママ)
こちらは買い物や、子どもの行動範囲を考えて“便利さ”を意識した声が多く見られました。

消去法で答えたママも。
「田舎の近所づきあいがむずかしい」(18歳と15歳と10歳・女の子のママ)
「そんな広くても家の掃除が大変」(5歳・男の子、3歳・女の子のママ)
掃除のことを気にしているママはとても多く、
「空気がきれいな田舎がいいけど、家は広いと掃除が大変だから狭くていい」(4歳・男の子のママ)
間をとった声もありました。

これまでの経験や、現在の生活スタイルを考えた意見では
「子どもが騒いでも気にならない広さがいい。都会の密集した家だと、アパート並みに響いてせっかく持ち家なのに気を使う」(7歳と1歳・男の子、4歳・女の子のママ)
「現在住んでいるエリアから離れるつもりはないので。郊外に住む友だちの庭つきのおうちもいいと思うけど、子どもが転校したりパパの通勤が長くなって、いっしょに過ごせる時間が少なくなったりするのは嫌だから」(8歳・女の子、3歳・男の子のママ)

 

掲載できなかったものも含め、どのママの声もそれぞれ納得のコメントばかりでした。
住めば都といいますが、家族だれもがストレスを感じないような環境を選べるといいですね。

 

 

(文:松村真子)