ファイナンシャルプランナーが教える!小中高教育費にかかる金額は?

ママにとって大きな不安ごとのひとつである「教育費」。いつ、どんなことにいくらかかるのか読めないけれど、子どものやりたい夢や行きたい道は、できるだけ応援したい! それにはやっぱりお金が必要だけど、一体うちは大丈夫? そんな不安をなくすにはかかる金額を知るのが一番です。まずは小学校から高校までいくらくらいかかるのかを知り、進路や教育方針などについてご夫婦で話し合ってみましょう。


◆小中高の教育費

教育費の大小は、「進路選択」でほぼ決まります。小学校から高校までオール公立の場合、1人あたり合計で約460万円、オール私立ではなんと約1620万円! その差額は約1,160万円にも。毎年捻出する金額で見ると、小学校で4.8倍、中学で2.8倍、高校でも2.4倍も私立のほうがかかっています。
高校までは、原則、日々の家計から捻出できる進路を選択することが大切です。毎月かかる金額の目安を見てみましょう。

suzuki_kyoikuhi_1

(※)「子どもの学習費調査(平成26年度)」文部科学省

 

上の表では年額の平均を12ヵ月で割って出していますが、半期ごとや年4回に分けて支払う場合もあるので、より一時にかかる負担が大きくなることも。しかも、全国から抽出された一部の学校の平均ですので、地域や学校によっては、もっとかかる場合ももちろんあります。


◆受験塾にかかるお金

小学、中学、高校生の頃は、学校以外の習い事代も多くかかります。特に中学受験、高校受験のための塾代は決して気楽に払える金額でないことも少なくありません。

都内中学受験塾では、小4で年額40〜50万円、小5で年額60〜80万円、小6では年額70〜100万円と、塾によって幅がありますが、3年間合計で200万円前後かかります。その他に個別指導塾に通ったり、家庭教師をお願いしたりする人も。また、高校受験で塾に通う場合も年額50〜70万円かかります。
もし塾の他にピアノやスポーツの習い事もしている場合は、毎月の塾・習い事代が5万円以上かかりそうですね。

また、私立に進めば塾代が浮かせると思われる方も多いですが、学校によっては私立でもほとんどの子どもが塾に行っているケースもあり、一概にもそうとは言い切れません。

 

◆想定外に出費が多いのが教育費

かけようと思えばいくらでもかけられるけれど、何があるかわからないのも教育費。公立に進むつもりが私立に通うことに、また、留学や浪人にお金がかかる可能性も。大学生になってからは自宅通学のつもりが、遠方の大学を志望して下宿になれば年間約125万円(※)仕送りが発生しますし、資格取得を目指してダブルスクールに通うこともあるでしょう。
想定外の出費が多いからこそ、親としてどこまで子どものお金の面倒をみるか小さいころからよく考えておくことが大切です。

こうした想定外の出費は、年齢があがるほど増えていきます。小さいころに無尽蔵に使うのではなく、中学3年時に200万円程度、高校3年時に300万円くらいを準備できるように、計画的に貯金することをおすすめします。

(※)教育費負担の実態調査結果(平成27年度/日本政策金融公庫)

 

 

suzuki_photo_blue1

鈴木 さや子

株式会社ライフヴェーラ代表取締役/mamaTanoマネーサロン代表
ファイナンシャルプランナー(CFP)・1級FP技能士・住宅ローンアドバイザー・キャリアコンサルタント(CDA)
All About学費・教育費ガイド
家族が笑顔になれるためのお金の知識を、主に女性向けにセミナーやコラム等で発信。商品を一切販売しないFPとして活動中。企業講演のほか、学校・児童館等で親子向けイベントも行っている。中学生・小学生の母。

 

続けて読みたい!ファイナンシャルプランナー鈴木さや子さんの記事はコチラ
ファイナンシャルプランナーがオススメする ママが今すぐできる貯蓄術!