新事実が判明!ママにも、子どもにも、パパは〇〇〇〇な存在だった!?

mamanohero

みなさん、6月1日が何の日かご存知ですか?実は「スーパーマンの日」なんだそう。1938年6月1日、アメリカのコミック「DCコミック」が創刊されました。そのコミックで大人気となったのがスーパーマン。ママこえでは「スーパーマンの日」にちなんで、ママとお子さんのヒーローについて聞いてみました!

ママにとってのヒーローは誰ですか?

1位 パパ 43%
2位 両親 20%
3位 子ども 13%
4位 アニメ・映画のキャラクター 8%
5位 芸能人・著名人 6%
※その他 10%

お子さんのヒーロー・ヒロインは誰?

1位 パパ 28%
2位 アニメ・映画のキャラクター 26%
3位 テレビのキャラクター 23%
4位 ママ 7%
5位 おじいちゃん・おばあちゃん 3%
※その他 13%

なんと!ママにとっても、お子さんにとっても、パパがいちばんのヒーローだということが判明しました!

<ママの
「私をまっすぐな道に連れてってくれて、幸せなことをたくさんくれたから!」(3歳・男の子、2歳・女の子のママ)
「男の人なのにガーデニングやピアノ、お料理が得意でなんでも上手に作れるから」(5歳・男の子のママ)
「誰よりも私を元気にしてくれる!仕事にもアツく、スタイルも崩さずにいる夫をいつもかっこいいと思っているので、私のヒーローは間違いなく夫!」(4歳と1歳・男の子のママ)
「とにかくがむしゃらに毎日働いているので、すごいと思います。そして家庭のピンチには気づいてサッとサポート。普段だらしなーいように見えるパパですが、大事なポイントはしっかり押させているのですごいと思っています」(7歳・女の子、2歳・男の子のママ)
普段から頼りになるパパもいれば、普段は頼りないパパもいるようです。でも、いざというときは!という声がたくさんありました。まっすぐ仕事に挑む姿勢や、家族を包み込む奥深い愛情も、まさにヒーローのようです。

<お子さんの声>
「たくさん遊んでくれるから」(7歳と5歳・女の子のママ)
「たくさんの友達といっしょに子どもを回してくれた」(10歳・女の子のママ)
「子どもにとって、特に息子にとっては何でもしてくれるできる人なので、いちばんの味方であり信じている大人だから」(2歳・男の子のママ)
お子さんにとって、パパはダイナミックな遊びをしてくれる頼もしい存在のよう。精神的にも肉体的にも、パパならではの強さに憧れを抱くお子さんが多かったです。
2位以降を比べると、ママとお子さんでは大きな違いが見られました。
ママにとってのヒーロー第2位となった「両親」の声としては
「何があっても私がついてる!なんて言われたことが今でも響いてる。そんな親になりたいと思うので」(4歳・女の子のママ)
といった声が代表的でした。両親はママのいちばんの味方であり、絶対に裏切らない存在ですよね。

第3位となった「子ども」の声としては
「母さんを守るからねと言ってくれた、小学3年生」(8歳・男の子のママ)
「存在自体が勇気づけてくれる」(3歳・男の子のママ)
「夫からちょっかいを出されているとき、「助けて~」というと、子どもたちがすぐに駆けつけて助けてくれるから(笑)」(7歳・女の子、4歳男の子のママ)
「いつもは駄々っ子な長男だけど、母が体調を崩していたり、忙しいときには荷物を持ってくれたり妹の面倒を見てくれる、とてもやさしい心の持ち主」(4歳・男の子、1歳・女の子のママ)
というように、思わず胸がキュンとなるエピソードが満載でした。

一方で、子どもにとってのヒーロー第2、3位に上がっていたキャラクターを集計してみたところ、1位:アンパンマン、2位:仮面ライダー、3位:ジュウオウジャー、4位:ウルトラマン、同率4位:プリキュアという結果となりました。

子どもにとっての戦隊ものよりも、ヒーローと呼び声が高かったパパ。この事実をパパに話したら、もっとがんばってくれちゃうかもしれませんね(笑)。

(文:戸谷美帆)