子どものヒーローはママの敵!? ヒーロー番組って見せてる?

強そうな武器を持ち、勇敢に戦うヒーローや、かわいらしい衣装に身を包み、けなげに敵に立ち向かうヒロインは、子どもたちの憧れ。かつては自分も憧れたというママもいるのではないでしょうか。
それでも、大人になると事情が変わったりすることも!?
今も昔も人気のヒーロー・ヒロインが出てくる番組ですが、ママたちは子どもに見せているのでしょうか。

子どもにヒーロー・ヒロインもののテレビ番組は見せていますか?

1位 見せている 59%
2位 見せていない 27%
3位 過去に見せていた 14%

「見せている」という回答が約6割。
多くの子どもたちがヒーロー・ヒロインものの番組を楽しんでいるようです。
しかし、「見せていない」という回答も約3割。
理由を聞いてみると、
「まだ小さいのでヒーローものを見せても興味を示さない」(1歳・男の子のママ)というものがほとんど。
こう答えたのは、0~2歳の子どもを持つママたち。
「まだ見せてもよくわからない年齢なのでわかるようになってから見せる」(2歳・女の子のママ)
と考えているママもいるように、2歳以下の子どものヒーロー・ヒロインデビューはもう少し先のようです。

子どもが2歳以上となると、パパやママの意向で見せていないという回答もちらほら。
「グッズの販売がこわい」(5歳・女の子、3歳・男の子のママ)
「決闘シーンが多いので。もともと多動なわが子、影響されやすく衝撃が強すぎるかなと」(5歳・男の子のママ)
たかがテレビ番組、されどテレビ番組。
子どもへの影響を考えると、悩みは尽きません。
さて、実際にはどうなのでしょうか。

番組を見せて、子どもに何か影響はありましたか?(複数回答)

1位 キャラクターグッズをほしがるようになった 51票
2位 ヒーロー・ヒロインのものまねをするようになった 41票
3位 戦いごっこをするようになった 34票
4位 誰かを守ることを覚えた 8票
5位 乱暴になった 7票
6位 友達を大事にするようになった 5票

ママたちの心配は的中!
しかし、戦いごっこは子どもにとって大事な社会勉強だと言う幼稚園の先生もいます。
遊びを通して、やっていいこと・悪いことを判断できるようになるための訓練になるのだとか。
また、戦いごっこに興じるピークは4、5歳とも。
徐々に熱が冷めていき、小学生になるころにはほとんどの子が卒業するようです。
期間限定で成長に必要な遊びと思えば、ママの不安も少しは払拭されるでしょうか。

残る心配は、おもちゃに関すること。
ヒーロー・ヒロインものといえば、1年でシリーズが変わるのがお約束。おもちゃだって、1年で総入れ替えです。
また、シリーズの途中でも登場人物が増えたり、新しい必殺技を習得したりすると、店頭に並ぶおもちゃはさらに増えます。戦いごっこが子どもの成長に必要な遊びなら、おもちゃを買ってほしがる子どもとの攻防戦は、ママのスキルアップに必要な試練なのかもしれませんね。

 

 

(文:河野能子)