こんまり派?断捨離派?ママのタイプ別、おすすめ片づけ術

katadukejyutu

子どもがいると、部屋はたくさんの物であふれがち。
片付けても、次から次へと散らかされますしね。ごちゃごちゃの部屋を見て、ため息をついているママも多いはず。

家の中の片づけをするとして、参考にしたいのは?

1位 こんまり(近藤麻理恵)の「人生がときめく片づけの魔法」 27%
2位 やましたひでこの「断捨離」 23%
3位 もたない生活をするミニマリスト 19%
4位 収納王子コジマジックの片づけ術 16%
5位 プロの収納アドバイザーに依頼 15%

片づけといっても、いろいろな方法がありますね。
EPARKママこえでは話題の5つの片づけ術をピックアップ!
ママたちの声を参考に、ママのタイプ別におすすめの片づけ術をご紹介します!

捨てることに抵抗がなく、楽しい気分でお片づけしたいママは?
『こんまり(近藤麻理恵)の「人生がときめく片づけの魔法」』

物を捨てるかどうかを判断するときに、実際に物を手に取って「ときめくかどうか」で判断するのが「こんまり」さん流です。
その考え方を
「気に入ったものだけに囲まれて暮らしたいから」(14歳・男の子、11歳・女の子のママ)
と考える多くの女性が支持しています。
片づけというと気が重くなりますが
「こんまりさんのやさしい片づけ術が前向きな気分にさせてくれるからです」(11歳・女の子、5歳・男の子のママ)
と、楽しい気分で片づけできる点が魅力のようです。

 

捨てることに抵抗がなく、心もいっしょに整理したいママは?
『やましたひでこの「断捨離」』

やましたさんの片づけ法は、ヨガの「断行・捨行・離行」の考え方が元になっています。
「気持ちの整理もできそう」(9歳と1歳・女の子のママ)
というように、自分の心と深く向き合いながら、必要なものを見極めていきたい人に向いているようです。

 

とにかく物を少なくして、シンプルに生活したいママは?
『もたない生活をするミニマリスト』

極限に少ない物だけで生活をしているミニマリスト。
そんな彼らの存在は
「本当に必要なものだけにしたい」(4歳・男の子のママ)
「物が少なければ、散らからないかなと思って」(4歳と1歳・女の子のママ)
と考えるママにとって、憧れの存在のようです。

 

物が捨てられず、収納でカバーしたいママは?
『収納王子コジマジックの片付け術』

「断捨離やミニマリストなどは、やりたくてもできない性格なのがわかりきったから。捨てることよりうまく収納することを学びたい」(6歳・男の子、3歳・女の子のママ)
というように、捨てられないママに人気なのがコジマジックの収納術。
「うまく物をしまえてないと思うから。棚の中で、とっちらかっているから」(1歳・女の子のママ)と、上手な収納法を知りたいママにも支持されています。

 

確実に片づけたい、相談したい、生でテクニックを盗みたいママは?
『プロの収納アドバイザーに依頼』

「モノが多いのも問題だけど、それらを収納する仕組みがないと感じているので」(3歳・男の子のママ)
と、プロに片づけの仕組みを作ってもらったほうが維持しやすいと考えるママに向いている方法です。
「一緒にして学びたい」(2歳・男の子のママ)
というように、実際に目で見て学べるメリットは大きいですよね。
あなたは、どのタイプですか?
おうち時間が楽しめるように、梅雨になる前に片づけてみるのもいいかも!?

 

(文:戸谷 美帆)