先輩ママに聞く!トイレトレーニングの極意とは!?

toitore

暖かい季節になりましたね! これからお子さんのトイレトレーニングを始めようとしているご家庭も多いのでは?

子どものトイレトレーニングを始めたきっかけは?

1位 幼稚園入園に向けて 22%
2位 春や夏という暖かい季節だから 18%
3位 年齢的に始めるべきだと思った 15%
4位 保育園から指示があった 11%
4位 トイレのタイミングを教えるようになった 11%
6位 まわりの子どもたちが始めていた 8%
7位 おしっこの間隔があいてきた 5%
8位 子どもが始めたいと言った 3%
9位 まわりの人に勧められた 2%
10位 サイズの合うオムツがなくなった 1%
※その他 4%

ママたちにアンケートを取ったところ、トイレトレーニングを始めたきっかけの第2位は「暖かい季節だから」なんです。
まさに今が始めどき!?
でも、どうしたらいいのかわからないというママも多いと思います。
そこで、先輩ママからアドバイスをもらいました!

【心構えとして大事なことは?】
「いつか必ずおむつは外れるので焦らないこと。焦ると子どもがうまくできないときにイライラしてしまうし、イライラすると逆効果になったと思う」(5歳・女の子のママ)
このように、焦らず、イライラせず、怒らず、という声が多々ありました。

 【おすすめの方法は?】
<トイレの概念を教えることから始める>
「トイレの絵本やアニメなどでまずはトイレに興味をもってらう!親がトイレにいくときもついてこさせたり。あとはとにかくうまくできたらほめまくる!かなり大げさに、すごい!かっこいい!お母さんもうれしいなぉーって伝える!」(2歳・男の子、1歳・女の子のママ)

<楽しくトイレに行ける環境を作る>
「男の子だと、濡れると絵がでてくるグッズ(トイレットペーパーに絵を書いても楽しいです)を使って一緒に楽しむのが良かったです。野菜や果物の絵を書いて「ニンジンさんに水をあげて~」とか声かけすると子どもがやる気を出しましたよ」(8歳・男の子のママ)
「シールを貼らせるなど、きっかけを作ってあげて楽しくやる。本人にパンツを選ばせ、お兄ちゃん、お姉ちゃん感を出してあげて」(4歳・男の子、4歳・女の子のママ)

<薄手のパンツを履かせる>
「漏らされると大変ですが、勇気を持って薄手のパンツにしないとなかなか進みません」(4歳・男の子のママ)
「層の厚いトレパンはおしっこを漏らしてもあまり不快感をないようで、トイトレが進みにくいと思いました。最初から普通のパンツを履かせたほうがおしっこの感覚がつかみやすいと思います」(3歳・男の子のママ)
「うちはトレパンを好まなかったのでパンツの上からオムツをはかせるという裏技でトイレトレを成功させました」(9歳と3歳・男の子のママ)

<保育園や幼稚園を利用する>
「家庭でやろうとするとうまくいかなかった。プレ幼稚園に通うようになり、やっとはずれた。焦らずに、幼稚園や保育園など第三者にやってもらう機会にやれればいいと思う」(3歳・女の子のママ)

<後戻りすることを理解する>
「とんとん拍子にすすむと思わず逆戻りもあるし病気で中断もあるので長丁場になると思って挑んだ方が良いと思います。」(8歳と3歳・女の子のママ)

 

先輩ママが言うように「焦らず、子どものペースで、楽しく」が基本のトイレトレーニング。
ただそう簡単にはいきません。イライラすることや、怒ってしまうことだってあると思います。
でも、自分の子どものことをいちばんわかっているのはママです。
そんなママが手探りしながら子どものためにしていることって、きっと間違っていないと思います。
トイレトレーニングに限らず、自分のやり方と子どもを信じて、わが家流のしつけを模索していきたいですね。

 

(文:戸谷美帆)