パパのおかげで今の幸せがある!?ママたちの結婚満足度は?

papakekkonyokatta

結婚生活を共にしてみると、知らなかった相手の一面が見えてくるものです。
それが「おっ!」と見直す一面なのか、「えっ!?」と失望する一面なのか…。
それらのバランスによって、結婚への満足度が変わってきますよね。
みなさんはパパと結婚してよかったと思いますか?

ズバリ!パパと結婚してよかった?

1位 よかった! 65%
2位 どちらでもない 23%
3位 よくない 12%

アンケートを取った結果、「よかった」が半数を超え、第1位となりました。
【結婚5年未満】【結婚5~10年未満】【結婚10年以上】の結婚年数別で見ても、「結婚してよかった」が1位となりました。

また、パパへの満足度についても聞いてみました。

【結婚5年未満】パパとの結婚に満足していますか?

1位 満足 61%
2位 不満足 38%
3位 どちらでもない 1%

【結婚5~10年未満】パパとの結婚に満足していますか?

1位 満足 58%
2位 不満足 36%
3位 どちらでもない 6%

【結婚10年以上】パパとの結婚に満足していますか?

1位 満足 68%
2位 不満足 32%
3位 どちらでもない 0%

すべての結婚年数で「満足派」が最も多い結果となりました。

年数による変化を見てみると、「結婚5年未満」に比べて「結婚5~10年未満」では、パパに満足している人が減少しています。その代わり「どちらでもない」と答える人が増加。
でも「結婚10年以上」になると、パパに満足している人が再び増加し、どちらでもないが0になりました。
このような変化は、雨降って地固まる夫婦の移り変わりを表しているのかもしれませんね。


【結婚して「よかった!」の声】
「ここまで家族のことを考えてくれる主人はいない」(6歳・男の子、5歳・女の子のママ ※結婚5~10年未満)
「周りをみると、育児家事をまったくしないダンナさんも多いので、それから見るといい人と結婚したなと思う。本人には言わないけど」(5歳・男の子、1歳・女の子のママ ※結婚5~10年未満)
「高学歴や高収入ではないけど、毎日子どもと一緒に遊んだり笑えたりできることに幸せを感じているから」(6歳と2歳・男の子のママ ※結婚5~10年未満)
「毎日顔を見てても元気をもらえるし、お互い高め合えている。お互いを補う努力ができる」(5歳と2歳・女の子のママ ※結婚5年未満)
「とにかくやさしくて、男らしい!」(15歳・男の子、9歳・女の子のママ ※結婚10年以上)
「子どもがかわいいので。今のパパでないと子どもと会えなかったと思うとよかったと思える」(1歳・男の子のママ ※結婚5年未満)

【「どちらでもない」の声】
「良かった!と思うときと、良くない(もっと子育てに協力してほしい)と思うときと、両方あるから」(3歳・女の子のママ ※結婚10年以上)
「不倫されている真最中です。戻ってきてほしいのに、離婚だ別居だと、女に入れ込みすぎています」(8歳・男の子のママ ※結婚5~10年未満)
「もうちょっと育児に参加してほしい。ファイト、パパ!!」(3歳・男の子、1歳・女の子のママ ※結婚5~10年未満)
「もう少し収入が良ければなぁと思います」(1歳・女の子のママ ※結婚5年未満)

【結婚して「よくなかった」の声】
「仕事熱心だが本当に仕事ばっかりで自分勝手だから」(2歳・男の子のママ ※結婚5年未満)
「女が多い家事育児しない借金つくる」(4歳と1歳・女の子のママ ※結婚5~10年未満)
「収入は低いし臭い」(6歳・女の子のママ ※結婚5~10年未満)
「パパがいなければ息子はいなかったので、そこだけは感謝だけど、家族の長としての自覚がなさすぎて好き放題やってるから」(お子さんの年齢・性別不明 ※結婚5~10年未満)

まとめると「よかった!」理由としては「家族を大切にしてくれる」「家事・育児に協力的」「不自由のない生活させてくれる」「頼りになる」といった声が目立ちました。
それに対し「どちらでもない」「よくなかった」理由としては正反対の声が見られました。
また、結婚年数による意見の大きな違いは見られず、ママの満足度が高いパパは結婚当初から高く、低いパパは初めから低いようです。
ただ、
「結婚してから辛いこともありましたが、ふたりで乗り越えられました。今ふたりの子どもにも恵まれていますが、この人と一緒でなかったら、この幸せはない!と言えます」(5歳と3歳・男の子のママ ※結婚10年以上)
というように、年数を経たからこそわかるパパの良さもあるようです。
それだけでなく
「不満があるのはお互い様なので…、これからよりよくなろうと思います。お互いに」(6歳と4歳・男の子のママ)
といった姿勢が、結婚生活では大切かもしれませんね。

 

 

(文:戸谷美帆)