ママ友のLINEグループトーク、返信のプレッシャーに勝てるかが重要!?

ママ友との連絡ツールは何を使っていますか?
アンケートしたところ、1位はやはりLINEで、約6割のママが回答しています。
LINEには、数人でグループを作って、そのグループ内で会話ができる「グループトーク」があります。
今回は、そのグループトークについて聞いてみました。

LINEで、ママ友とグループトークはしていますか?

1位 ママ友とのグループトークはしていない 60%
2位 1~2グループでしている 21%
3位 3~5グループでしている 13%
4位 5~10グループでしている 5%
5位 15グループ以上でしている 1%

「グループトークはしていない」が1位。
LINEは使っているけど、グループトークは使っていない人のほうが多いようです。
それでも4割のママたちは活用しています。
メンバーにまとめてメッセージを送れる便利な機能ですが、なかにはトラブルを経験したことがあるママも…。
グループトークで嫌な思いや失敗したエピソードを教えてもらいました。

いちばん多かったのが、返信に関するコメント。
「ラインの既読済みなのに、返事が遅れ、指摘され気まずかったです」(5歳と2歳・男の子のママ)
タイミングによって、すぐ返信できないことはよくありますよね。
返信できるようになるまで既読にしたくないので、メッセージを開かないようにしている…という話もよく聞きます。

「嫌な思いはしていないが、何かしら発言しなきゃいけないなと感じてしまうのが面倒」(0歳・女の子のママ)
「嫌な思いはないですが、ひとりが発信すると、必ず返事をしないといけない風潮が、忙しいときなどは苦痛です」(9歳と7歳・男の子のママ)
というように、多くのママが返信のプレッシャーを感じているようです。

次に多かったのが、通知に関する内容。
「夜寝る前(11時半頃)に平気で鳴る。けっこう嫌になります」(9歳・男の子のママ)
グループでメッセージをやり取りする時間を決めたり、それが無理なら夜だけでも通知をオフにするなど対処したほうがいいかもしれませんね。

「全員の返事を待たずに、予定を決められてしまったことがあり、予定が入っていることを言い出しにくい思いをしたことがあります」(5歳・男の子、3歳・女の子のママ)
グループ人数が多いと、全員の返事があったかどうか確認せずに、こういったことも起こりがちです。

なかにはこんなトラブルになってしまったママも…。
「私が発言したことに気にくわなかったのか、私ひとりあてにラインで文句がきた。いい歳になっても大人な対応ができない人もいるので、久しぶりに言い合いをした」(1歳・女の子のママ)
必ずしも気が合う人ばかりとは限らないので、メッセージのやり取りだけではむずかしいところがありますよね。

「他のママがパパに送る内容をグループに送信していたことがある」(3歳と0歳・男の子のママ)
送る相手やグループを間違えた…という声もいくつかあがっていました。
笑い話になればいいですが、あまり知られたくない内容のときなどは、送る前にしっかり確認したほうがいいかもしれません。

グループトークはしていないママの声を聞くと、
「嫌な思いをしたくないからグループトークしない」(5歳・女の子のママ)
「面倒そうなので、関わったことがない」(17歳と9歳と3歳・男の子のママ)
というように、トラブルを避けるため、あえて関わらないようにしている、という人が多かったです。

 

便利な反面、メッセージを読むタイミングなどでちょっとした行き違いがあったり、面倒だったりすることも…。
でも、気の合うママ友とのグループトークは楽しい面もたくさんあります。
内容や返信に少し気を使うこともありますが、上手に使って楽しみたいですね!

 

 

(文:伊井順子)