既読スルーは絶対にできない!?ママ友とのLINEやメールはどのくらい重要?

mamatomomail

共通点が多いママ友の存在は、ときには良き相談相手にもなってくれる同志でもありますが、ママ友に対する距離感は人によって温度差があるようです。アンケートからなかなか聞けないママたちの本音が見えてきました。

ママ友との連絡ツールでいちばん使用するものは?

1位 LINE 61%
2位 メール 36%
3位 電話 3%

便利で気軽にできる「LINE」はママたちの間でも人気のようです。
次に、およそ95%のママが使っていると回答したメールやLINEのやりとりの重要性についてたずねました。

メールやLINEでのママ友とのやりとりは、あなたにとって重要ですか?

1位 そこそこ重要 27%
2位 それなりに重要 25%
3位 それほど重要ではない 22%
4位 まったく重要ではない 17%
5位 大変重要 9%

6割以上のママが「重要」と回答。その理由として、「情報交換」や「連絡手段」として活用しているという意見が多く寄せられました。

「子どもがお世話になったときなどにお礼を言ったりするのに必要。電話するほどでもないし、放置というのも失礼な気がするからちょうどよい」(18歳と15歳と10歳・女の子のママ)
電話は時間帯や相手の都合を考えないといけないけれど、メールやLINEならいつでも気軽に連絡できるのがメリットですね。

また、LINEのグループや既読機能が面倒だと感じる人が多いなかでこんな意見も。
「習いごとの連絡はLINEのグループで連絡がある。普段のやり取りで、すぐに返事がほしいときや伝えたいことがあるとき、LINEだと仮に返事がなくても、自分の伝えたいことが相手に伝わっているかどうか、既読かどうかわかるので」(9歳・男の子のママ)

そして、ママ友のおかげで精神的に救われたというコメントも。
「ママ友と話すことにより、肩の荷が軽くなったり、悩みを聞いてもらってスッキリできたり。精神的に助けられることがあるので、友達ってよいなぁと思います」(5歳・女の子、4歳・男の子のママ)
子育て中のママは自由な時間なく息が詰まることも。ママ友との交流が息抜きになっているケースも多いようです。

でも、前向きな気持ちだけではなく、
「無視すると陰口言われそうで嫌でもやめられません…」(9歳と8歳と1歳・男の子のママ)
という理由でやりとりを続けているママもいました。

一方で、「重要視していない」理由を聞くと、元々メールやLINEのやりとりが苦手、面倒と感じているママが多いように見受けられました。
「直接会って話したいから」という理由もあれば、
「すっごく頻繁にメールしてくる人とは疎遠になっちゃいますね。こちらはそんなに暇人ではないので」(10歳・男の子のママ)
と、一定の距離を保ちたいママもいました。

 

同じ子どもがいるママ同士でも考え方は人それぞれ。
でも、子育てをしていると周囲の手助けが必要になることが少なからずでてきます。
無理に連絡をとりあう必要はないけれど、家族以外に信頼できる友人がいると心強いもの。
最低限のマナーや相手を思いやる気持ちを忘れず、ママ同士も心地良い関係を築いていけるといいですね。

 

(文:柏木真由子)