我が子は睡眠不足!? 子どもを何時に寝かせてる?

kodomonosuimin

「寝る子は育つ」ということわざもあるように、十分な睡眠をとることは子どもの発育に大きく影響します。
とはいえ、なかなか思いどおりに寝てくれなかったり、親の都合で早寝早起きを実践するのはむずかしいこともあるでしょう。子どもの睡眠時間についてママたちにアンケートをとりました。

お子さんの睡眠時間は足りていると思いますか?

1位 まあまあ足りている 45%
2位 十分に足りている 30%
3位 少し足りない 21%
4位 まったく足りない 2%
4位 わからない 2%

「足りている」と感じているママが75%と圧倒的多数!
その理由をたずねてみると、「朝早く起きるから」「目覚めが良い」「お昼寝をしている」「夜ぐっすり寝ている」という意見が多く聞かれました。

「7時半には布団に行き、絵本を一冊読んで寝ます。翌朝6時半頃には自発的に機嫌よく起きてきます。11時間程度の睡眠時間が確保できているので十分なのではないかと思います」(5歳と3歳・男の子のママ)
理想的な早寝早起きを実践しているママもいました。
寝る前に絵本を読む習慣が眠気を誘う手助けになっているのかもしれませんね。

一方、睡眠時間が足りないと感じているママの回答では、
「朝すっきりと自分から起きられない。目の下にくまがあるのを義理の母に指摘された」(4歳と3歳・女の子のママ)
なんていう声も聞かれました。

「本当は21時に寝かせたいが、親の仕事が終わるのが遅いので、ごはんやお風呂も遅くなってしまう」(8歳・女の子のママ)
仕事をしているママや、旦那さんの帰りが遅いという家庭では、どうしても寝かしつけが遅くなってしまうようです。

早い時間に布団に入っているのになかなか子どもが寝てくれないというケースも。
「毎日なんとか9時までにお布団に入るようにはしているけど、お布団に入ってから寝ないで遊んだりしてしまうので、結局寝不足につながっているような気がする。毎日疲れるだろうから、早く寝てほしいけどなかなかうまくいかない」(7歳・男の子、4歳と2歳・女の子のママ)

また、「昼寝をしないから睡眠時間が少ない気がする」(3歳・男の子のママ)という声も聞かれましたが、反対にお昼寝をするので夜なかなか寝てくれないと感じているママもいました。

では、実際に何時ごろ寝ている子どもが多いのでしょうか?
年齢別にアンケートをとりました。

【0~9歳】では、21~22時に寝ている子どもがいちばん多く、次いで20~21時、22~23時と続きました。
【10歳以上】では、同じく21~22時がいちばん多くなりましたが、その次が22~23時と年齢が高くなると寝る時間帯が遅くなる割合が多くなりました。
ただし、3番めに多かった19~20時、23~24時が8%で同数に。
塾などの習い事も増えてくる年齢なので、子どものスケジュールによって早寝派と夜更かし派に分かれるのかもしれません。

睡眠時間が足りないと集中力が低下し、心身のバランスを崩すこともあると言われています。
子どもの様子を見て睡眠が足りていないかもと感じたら、十分な睡眠時間を確保できるように生活スタイルの見直しも必要ですね。

 

(文:柏木真由子)