安全性がいちばんのポイント!ママたちが選んだベビーカーブランドは?

babycarbland

赤ちゃんとのお出かけに便利なベビーカー。
街を歩いていても、いろんなベビーカーを見かけますが、実際にどのブランドが多く選ばれているのか、
アンケートしました。

実際使用している、もしくは使用していたベビーカーブランドは?

1位 combi(コンビ) 41%
2位 Aprica(アップリカ) 33%
3位 GRACO(グレコ) 7%
4位 Air Buggy(エアバギー) 4%
5位 pigeon(ピジョン) 3%
6位 Richell(リッチェル) 8%
7位 KATOJI(カトージ) 7%
その他 7%

1位、2位には、日本のベビー用品の2大ブランドが並び、全体の約7割を占めています。3位以下は細かく票が分かれていますが、4位のGRACO(グレコ)以外は、すべて日本のメーカー。「その他」には、西松屋、マクラーレン、good babyなどがあがっていました。

デザイン、使い勝手などそれぞれの特徴がありますが、やはり日本ブランドを選ぶママが多いようです。

いろんな種類のベビーカーの中から、ママたちは何を重視して選んでいるんでしょうか? 次に、ベビーカーに求めるポイントを聞いてみました。

ベビーカーに求めるいちばんのポイントは?

1位 安全生 41%
2位 押しやすさ 20%
3位 重さ 15%
4位 赤ちゃんの快適さ 9%
5位 価格 5%
6位 耐久性 3%
7位 デザイン性 2%
7位 大きさ 2%
7位 スマートさ 2%

1位はやはり「安全性」。
「赤ちゃんの乗るものなので、なによりも安全であることが絶対条件だった」(2歳・女の子のママ)
というママが多かったです。
「ストッパーがついているのはもちろんのこと、折りたたみ式など子どもの指が使用中に挟まれないかなど、子どもが危なくないか」(3歳と1歳・男の子のママ)
走行中だけでなく、折りたたみ方法など、総合的に安全面をチェックしているママもいました。

続いて重視されているポイントは「押しやすさ」。
「毎日使うものなので、押しやすくないと使わなくなるから」(3歳・女の子のママ)
「新しいものはどれも安全そうだったので、実際に押してみて楽なものに決めた」(3歳と0歳・男の子のママ)
子どもの快適さと、ママが疲れてしまわないように、できるだけ押しやすいものを、と考える人が多いようです。実際にいくつかを押し比べてみてから購入したというママも多かったです。

外出が多いママは、3位の「重さ」も重要なポイントになりそうです。
「自分ひとりで子連れで移動することが多かったので、抱っこしてベビーカーも持つ場合も想定していたから、軽いほうが良かったので」(9歳・男の子のママ)
「最悪自分で駅の階段などをベビーカーを持って昇り降りしなくてはいけないので」(3歳・男の子のママ)
エレベーターがないところもたまにあって、ママひとりで、赤ちゃん、荷物、ベビーカーを抱えなければならないときも…。
電車やバスに乗ることが多いママは、できるだけ軽いものを選びたくなりますよね。

「地面に近いと夏は暑く冬は寒いと聞いたので、できるだけシートが高いものを選びました」(8歳・女の子、2歳・男の子のママ)
というように、赤ちゃんの快適さを重視したというママもいれば、
「ピンクのクラシックなデザインのベビーカーにひとめ惚れして買ったから」(1歳・女の子のママ)
デザインが決め手になった人もいます。
安全性は絶対のポイントですが、その他はママたちそれぞれのこだわりが見える結果となりました。

 

気に入ったベビーカーだと、赤ちゃんとのお出かけもますます楽しめますよね。ひと昔前と比べると、機能的でおしゃれなベビーカーが多く、選択肢も増えているようです。アンケート結果も参考にして、ライフスタイルに合ったベビーカーを選びたいですね!

 

(文:伊井順子)