生まれる前から始めるママも!絵本の読み聞かせは親子の大事な時間

小さいころから本を読むことは子どもにいい影響があるという話は、子育てをしていると育児本などでもよく目にするし、教育に関する講演会などで耳にすることもありますよね。
実際のところ、ママたちはよく子どもたちに本を読んであげているのか、アンケートで聞いてみました。

お子さんに読み聞かせしていますか?

1位 よくしている 53%
2位 時々している 32%
3位 あまりしていない 12%
4位 まったくしていない 3%

「よくしていると答えたママは53%と過半数。
2位の「時々している」の32%と合わせると、85%というかなり多くのママたちが、少なくとも時々は読み聞かせをしていることがわかりました。
読み聞かせはママや子どもたちに大人気なんですね。

ママたちが読み聞かせをする理由を聞いてみると、さまざまな理由があがりました。

まずは
「私自身が本が好きなのでたくさんの本を知ってほしく、子どもにも読むようにしています」(1歳・男の子のママ)
と、ママ本人が本好きだからという意見が複数ありました。
そして
「本を好きになってほしいから」(1歳・男の子のママ)
「日本語の向上、好奇心を刺激したいため」(8歳・男の子と6歳・男の子のママ)
「本から知らない世界があることを知ってほしく、まずは本が好きな子になってほしいなと思ったので」(2歳・男の子と0歳・男の子のママ)
など、子どもにとっていい影響を与えてくれることを期待しているコメントもたくさんありました。

「スキンシップ」(2歳・男の子のママ)
「ふれあいの時間を持てるから」(7歳・男の子のママ)
「大事なコミュニケーション」(3歳・男の子のママ)
という声に代表されるように、親子のコミュニケーションの時間ととらえているママたちも多いようです。

また、
「読んでと、本を持ってくるので」(2歳・男の子と0歳・男の子のママ)
と、子どものほうからリクエストがあるという声もたくさんありました。
小さな手で絵本を持って「読んで」とおねだりされたら、ママもうれしくなっちゃいますね。

「子どもを早く寝かせたくて、読み聞かせをしていたのですが、絵本の素晴らしさにママの私がすっかりはまりました。忙しくてめんどくさいときもあるけれど、寝る前の15分は家事を止めて読み聞かせをしています。読み聞かせの後は不思議と気持ちがスッキリしています」(13歳・女の子、11歳・女の子、7歳・男の子のママ)
というように、読み聞かせの子どもに対する効果に期待して始めたけれど、やっているうちにママ自身が「子どもに絵本を読む」ことに楽しみを見出したという意見もありました。
子どもが成長したあとも、ボランティアなどで読み聞かせをしている人がいるのは、そういう魅力があるからなのでしょうね。

では、読み聞かせをしているママたちはお子さんが何歳のときから始めたのでしょうか。

読み聞かせをお子さんが何歳のときからしていますか?

1位 6ヵ月未満 46%
2位 6ヵ月~1歳未満 21%
3位 1歳~1歳半未満 11%
4位 生まれる前から 7%
5位 1歳半~2歳半未満 5%
6位 2歳 3%
6位 まだしていない 3%

6位以下は、7位は3歳、8位が4歳と5歳が同率で並ぶという結果でした。
この結果を見て、1位の「6ヵ月未満」もかなり早いころから読み聞かせをしているママが多いことがわかりますね。
そして注目したいのは、4位の「生まれる前から」を選んだママが7%もいるということ!
赤ちゃんはお腹の中でママの声や外の音を聞いているというのは、よく知られている話です。
絵本を読むママの声はお腹の中の赤ちゃんにも心地よく聞こえるでしょうし、ママ自身も絵本を読むことで、心を落ち着かせたり、赤ちゃんに会うことが楽しみになったりして、よい効果をもたらすのかもしれませんね。

 

親子ともに、リラックスできて楽しい時間を過ごせる絵本の読み聞かせ。
子どもが小さいときにしか味わえない、至福の時間です。
さあ、今日はどの本を読みましょうか?

 

 

(文:薗美冬)