【プレママ・0~2歳児】出産前と出産後、ママのファッションはどう変化した?

mamafashion

ジーンズやレギンスに、Tシャツ、カットソーなどのアイテムが圧倒的に多くなるママファッション。
子育てしやすいスタイルにシフトチェンジはしても、おしゃれ心は忘れたくない。
そんなママたちのファッション事情を聞いてみました。

ママのファッションは子どもが産まれてから変わりましたか?

1位 変わった 89%
2位 変わってない 11%

出産後にファッションが変わったというママが9割近く!
子育て中は、ファッションに重視するポイントが「おしゃれ」からほかのことに変わってくるようです。
では、ママたちは何を重視して選んでいるのでしょうか?

子どもが産まれてからファッションはどんな風に変わりましたか?

1位 動きやすい服装 33%
2位 ヒールの靴を履かなくなった 24%
3位 スカートをはかなくなった 17%
4位 ファストファッション中心 12%
5位 露出を控える服装 8%
6位 その他 6%

1位~3位のトップ3は、とにかく「動きやすさ」を重視した結果になりました。
子どもを抱っこしたり、走りまわったりするには腕の足の動きやすい服装が必須。
またヒールの靴やスカートに気をとられていると、子どもの安全面も心配です。

続いて4位に入ってきたのは「ファストファッション中心」という意見。
こちらは動きやすさというよりも、経済的な事情が関係しているようです。
独身時代にはブランド物を購入していたママも、家族全員の洋服代を考えると自分だけぜいたくをしていられない…と思うもの。
適度にファッショナブルで、しかもリーズナブルなファストファッションは、ママたちの救世主のようです。

5位は「露出を控える服装」。
産後は体型や体重が変化していくことが多いので、以前着ていたような服が似合わなくなってきます。
衣替えのたびに「これはさすがにもう着られないわ…」と思うママも多いのでは?
ママ友の中に入っても悪目立ちしないように気を使っている、とも言えるのかもしれません。

6位「その他」で多かったのが、「授乳がしやすい服装」(0歳・男の子の子ママ)という意見。
ササッと授乳するには、トップスの形はとても重要。うっかり飲ませにくい服を着てしまうと、泣く子をあやしながらママも汗だく…なんてことにも。
「自分のファッションの好みがわからなくなった。適当に近くにあるものですましてしまう」(1歳・女の子のママ)
産前にヒールやスーツが多かったママは、産後のファッションとのギャップにとまどうことも多いですよね。

そして、ファッションで日々悩むのがコーディネート。
ママたちはどうやってコーディネートしているのでしょうか?

普段のコーディネートはどのように決めますか?

1位 朝手当たり次第にパッと決める 76%
2位 前日じっくり考えて決める 11%
3位 朝じっくり考えて決める 8%
4位 前日子どもに決めてもらう 2%
5位 朝パパに決めてもらう 1%
5位 朝子どもに決めてもらう 1%
5位 その他 1%

多くのママが、その日の朝にパパッと決めているよう
少数派ですが「パパに決めてもらう」というママも。センスを信頼できるおしゃれパパなのでしょうか。うらやましい!

 

ママたちにとってファッションはどんな意味を持つのか、聞いてみました。
「自分のテンションをあげてくれる。気持ちをリフレッシュさせてくれる。ストレス解消」(9歳・男の子のママ)
「外出する際に恥ずかしくなければ良い程度のもの。ただし、本音を言えば、以前のようにファッションにお金も時間もかけて、女性らしさを楽しみたい。今はまだ我慢のときかと考えている」(1歳・男の子のママ)
「流行を取り入れることで世の中に取り残されていないことを実感するもの」(0歳・男の子のママ)

 

 

子育てのために好みは変わっても、ママたちにとってファッションは気分を上げてくれたり、生活に潤いを与えてくれるもののようです。
プチプラだって、コーディネートをあれこれ考えるのは楽しいもの。
適度に流行も取り入れながら、自分らしいファッションを楽しんでいきたいですね。

 

(文:照井みき)