子どものお誕生会、87%が家族でお祝い!友達を呼ぶのは…?

バースデーケーキやプレゼントが魅力的なのはもちろん、みんなに祝福される幸せな誕生日。
大人になると手放しに喜べなくなったりもしますが(笑)、子どものころの誕生日って実に待ち遠しく、ワクワクしましたよね。
同じように、自分の子どもにも心に残る楽しい思い出をつくってあげたい…そんなママの気持ちがあらわれたアンケート結果があります。

子どもの誕生日には家族でお誕生会をしますか?

1位 する 87%
2位 しない 11%
3位 したりしなかったり 2%

いとしいわが子が生まれた、ママにとっても特別な1日。
約9割のママが、子どもの誕生日には家族でお祝いをすると答えています。
そこで、誕生日にはどんなことをして過ごすのかを聞いてみました。

「まだ1歳の誕生日しかしていないのですが、一升餅を担がせたり、子どもが食べられるように大好きないちごとパンケーキと水切りヨーグルトでケーキを作って家族みんなで食べたりしました」(1歳・女の子のママ)
子どもにとって初めての誕生日といえば、一升餅ですね。
背負わせたり踏ませたりと、その方法は地域によって違いがありますが、子どもが無事に1歳を迎えてうれしい気持ちは全国共通でしょう。

とくに決まった風習もなくなる2歳以降になると、「いつもよりやや豪華な食事とケーキなどを食べて、プレゼントをあげる」(3歳・男の子のママ)という過ごし方がポピュラー。
テーブルに並ぶのは、お寿司やお赤飯、フライドチキンやステーキなどが挙げられました。また、腕によりをかけて子どもの好物を作るというママも。
「手作りケーキと、手巻寿司でファミリーパーティー。そのときのお気に入りキャラでデコチョコ作ります」(8歳と6歳と3歳・男の子のママ)

素敵なレストランで食事をしたり、テーマパークで誕生日を過ごすというママもいましたが、自宅でごちそうとケーキを食べて、バースデーソングを歌ってプレゼントを渡す、というのが、誕生日の過ごし方の主流であるようです。

ほとんどのママが誕生日に家族でパーティーをするのはわかりましたが、家族以外の人を招待してお誕生会を開くママはどれくらいいるのでしょうか。
アンケートをとってみました。

子どもの友達を呼んで、お誕生会をしたことがありますか?

1位 ない 84%
2位 ある 16%

友達をゲストに迎えてのパーティーを開いたことがあるのは、わずか16%。
「家族や親戚でするので」(4歳・女の子、2歳・男の子のママ)
「本人が呼びたいと言ったり、友達から招待されたら考えればいいと思うので」(3歳・男の子、0歳・女の子のママ)
子どもが小さいうちは家族でお祝いしたいと考えているママが多いようです。

それでも、「子どもが呼びたいと言ったので」(10歳と2歳・女の子、5歳・男の子のママ)というリクエストがあれば、ママは俄然がんばります。
友達とのお誕生会を開いたことのあるママに、パーティーの内容について教えてもらいました。
「子どもが好きなものがよいと思ったので、ハンバーグ、焼きそば、サンドイッチ、ポテトサラダを用意しました。遊びは景品付きでクイズをしました」(9歳・女の子、6歳・男の子のママ)
アンケート結果によると招待人数は2~5人、お料理はピザやお寿司などをデリバリーしたり、子どもの喜ぶものを手作りしておもてなしをしているようです。
パーティーだからといって張り切りすぎず、遊びは普段どおり子どもたちに任せたり、トランプやボードゲーム、テレビゲームしていると答えてくれました。

しかし、気張らないといってもさじ加減もむずかしく、「子どもの友達を呼んでも、いつもの遊びと同じになってしまう」(9歳・男の子のママ)という声も。
だからなのか、スペシャルな1日を演出すべく趣向を凝らしたパーティーを開くママも。
「お友達10人とその両親を招待。食事は前日から用意できるようにキッシュやパイ、カップケーキ。当日にサンドイッチを作りました。女の子はプリンセス、男の子はパイレーツの仮装にしてもらい、椅子取りゲームや来てくれたお返しを選んでもらうゲームをしました」(7歳・女の子、2歳・男の子のママ)
「子ども用の大きいトランポリンを借りて、庭で行うことが多いです。呼ぶのはだいたい10人前後」(4歳・男の子のママ)
まるで外国映画のワンシーンのようなバースデーパーティーですね!

 

誕生日は家族で過ごすのが主流だとわかった今回のアンケート。
友達とワイワイ過ごすパーティーもいいけれど、大切な家族で心からお祝いすることをママたちは重要視していました。
この世に生を受けたことを『おめでとう』と、祝福してくれる人がいる…そんな幸せを子どもにも感じてほしいですね。

 

 

(文:河野能子)