子どもの運動会に呼ぶのは、パパの親?ママの親?

undokaiyobuhito

子どもの晴れの舞台、運動会。
パパやママの親を呼んで、大勢でにぎやかに応援しているファミリーも見かけますね。
どのくらいのママたちが親を呼んでいるのか、アンケートで聞いてみました。

運動会にパパやママの親を呼ぶ?

1位 どちらのも呼ばない 36%
2位 パパ、ママ両方の親を呼ぶ 29%
3位 ママの親を呼ぶ 25%
4位 パパの親を呼ぶ 10%

1位は「どちらも呼ばない」で36%。
1位がこの結果というのは少々意外な気もします。
「みな、他界している」(8歳・男の子と5歳・女の子のママ)
「呼ぶほどでもない」(3歳・女の子と1歳・男の子のママ)
「義理父母は、働いているので。自分の父親は高齢のため来られないと思う。体力的にも厳しいと思う」 (1歳・女の子のママ)
と、それぞれ理由を挙げてくれました。

「園庭が狭いため、各家庭の観覧人数に制限があるので」(3歳・男の子のママ)と答えてくれたママも。
都市部の幼稚園(保育園)や小学校では、そのように制限を設けているところもあるようです。

また、こんなコメントもありました。
「特に行きたいと言われないし、どちらとも呼んでも気まずいし、どちらかでも気まずいので」(7歳・女の子と5歳・男の子と2歳・男の子のママ)」
確かに、どちらかにしか声をかけないと気まずいかもしれませんし、それならいっそ、どちらにも声をかけないと決めてしまったほうが気が楽という気持ちもわかりますね。
「義実家(夫両親)のフィーバーがすごすぎるので、両家平等に呼ばない……」(0歳・女の子のママ)
という、ちょっぴり「フィーバーぶり」が見てみたいと思うコメントもありました。

2位は「パパ、ママ両方の親を呼ぶ」で、 29%のママたちが選びました。
「どちらも平等に」(7歳と6歳の男の子のママ)
「両方の両親が来たいと希望しているから」(1歳・男の子のママ)
約3割の子どもの、パパママの両親が揃って応援に来る場合の応援部隊の人数を考えると、「おじいちゃん、おばあちゃんを呼ぶおうちが多いんだな」という印象になるのも納得ですね。

3位は「ママの親を呼ぶ」 で25%。
「パパの親は遠方のため」(2歳と0歳の男の子のママ)と、実家との距離を理由に挙げるママが複数いました。

4位は「パパの親を呼ぶ」 で10%。
「夫の両親が近くに住んでいるので、声をかけている」(3歳・男の子と0歳・女の子のママ)
「毎年恒例。ママの親はしょっちゅう会ってるので、特別な日はパパの親を呼ぶ」(0歳・男の子のママ)
と、パパの親を気づかうママの声が印象的でした。

 

今回のアンケート結果では、「実家に声をかけない(かける)なら平等に」、という意見が複数あり、ママたちが両親と義両親の間で孫をめぐって気まずくなったりしないように気をつかっているのがよくわかりました。

とはいえ、「子どもの成長を見てもらいたい」(5歳と1歳の女の子のママ)とも思いつつ、だれに声をかける、あるいはかけないといった調整や、当日の準備のことを考えると「面倒だから」(1歳・女の子のママ)と二の足を踏むママも少なくないようです。

(文:薗 美冬)