楽しみだけど、正直大変! 子どもの運動会、ママの本音は?

undoukaitanosimi

運動会といえば子どもにとって一大イベント。
徒競走や、みんなで力を合わせる団体競技、練習を積み重ねたお遊戯や演舞など、パパやママにがんばる姿を見てもらえる最大のチャンスです。
そんなわが子の様子を1日中見られるのだから、ママだってとっても楽しみ…ですよね?

スバリ、子どもの運動会は楽しみ?

1位 すごく楽しみ! 56%
2位 どちらかといえば楽しみ 32%
3位 あまり楽しみではない 10%
4位 まったく楽しみではない 2%

やはり、楽しみにしているというママが8割を超える多さです。
「子どもの成長や笑顔をビデオに撮って、後々まとめて見るのが楽しみ」(4歳と2歳・男の子のママ)
「かわいい写真が撮れそうだから」(5歳と4歳・男の子、2歳・女の子のママ)
と、心待ちにしていたり
「子どものがんばる姿、今、想像するだけでも涙出ます。やはり成長を感じられるすてきな機会」(15歳・男の子、9歳・女の子のママ)
今のうちから目が潤んだりするママも。

どんなところに注目しているかというと
「学校で運動能力がどれくらいあるのか、見たい」(13歳・男の子、5歳・女の子のママ)
「ちゃんとできるのか、どこまで団体生活に慣れたのか見たい」(5歳・男の子のママ)
普段家では見られない、学校や園という子どもの社会をのぞけることにワクワクしますね。

そんななか、楽しさだけでは乗り切れない、ママの思いもあるようで…
「暑くて見ているのは結構苦痛」(2歳・女の子のママ)
「出番もたいしてないし、遠くからしか見られないので、正直めんどくさいと思う気持ちもある」(17歳・女の子のママ)
グラウンドが表舞台の運動会では、日陰で涼みながらゆっくり見るのがなかなか難しいもの。
近年は熱中症も懸念されるほどの暑さで、立って見ていなければならないのはつらいですね。

しかも
「人数が多く親も大変です。とにかく場所取りが戦争なので…」(4歳・女の子のママ)
汗がきらめく子どもの姿をベストポジションで見ようと、トラックの外では親同士も陣取り合戦!
「母は前日から大忙し。当日はひとり朝早く起きてからも大忙しで、午前中にもうグッタリしてしまう」(5歳・男の子のママ)との声も。
何が忙しいかというと…
「前日までのお手伝い、お弁当の計画、買い出し、見に来る祖父母への気遣いなどでもう1週間くらい前から忙しい。雨で延期になることもしばしばあり、大人数のお弁当を用意する場合は大変」(1歳・女の子のママ)
などの事情があり、大イベントゆえにママも気力と体力の勝負になります。

ほかにも
「仕事の休みと合わないので無理にお休みを取ることになるから」(3歳・女の子、1歳・男の子のママ)
「下の子が暴れそうなので」(3歳・女の子、1歳・男の子のママ)
など、運動会に集中できない状況のママも少なくはありません。

 

楽しみだけど…大変だけど…。そんな渦巻く気持ちがコメントの中で多く見られましたが、きっとママを支えるのは
「子どもが楽しそうに『2学期になったら運動会の練習を始めるんだ』と1学期のうちからずっと言っているので親の私も楽しみになった」(9歳・男の子のママ)
「自分も子どものときに運動会が好きだったから」(0歳・女の子のママ)
という『子どもの気持ち』ではないでしょうか。

子どもにとって運動会は、みんなの歓声に包まれてお祭り気分。
ときに悔しい思いを抱えながら、がんばった自分にうれしくて、家族で食べられるちょっと豪華なお弁当がママからのごほうび。
もしかしたらママのママも「疲れる」と思いながら、精いっぱいのエールを送ってくれていたのかもしれません。
そんな幸せいっぱいの思い出と家族の笑顔のために、ここはママもふんばりどころですね。

(文:松村真子)