子ども服のブランドにこだわる?ママたちに人気のブランド1位は?

kodomohukubrand

ファストファッション全盛の昨今、子ども服もかなりお手頃な価格で購入できるようになりました。
安くてかわいい服は大歓迎ですが、高めのブランド服も憧れますよね。
では、子ども服のブランドにこだわるママはどれくらいいるのでしょうか?

子ども服を買うときにブランドにはこだわる?

1位 少しこだわる 40%
2位 あまりこだわらない 39%
3位 まったくこだわらない 19%
4位 かなりこだわる 2%

「あまりこだわらない」「まったくこだわらない」を合わせると、ブランドにこだわらない派のママが6割近く。
ランキングでは「少しこだわる」が1位ですが、全体的にはこだわらない派のママのほうが多い結果となりました。

では、こだわらない派のママたちがブランドにこだわらない理由は?
やっぱり値段がネック?
「すぐ着られなくなるのに高いものは買えない」(2歳・男の子のママ)
「ブランドにこだわらず、安いものを買うので」(8歳と3歳と0歳・男の子、5歳・女の子のママ)

着心地・かわいさ重視!
「ブランドの服は高額で普段使いしにくいため、あまりブランドにはこだわらない」(1歳・女の子のママ)
「機能重視なので」(7歳・男の子のママ)
「丈夫で子どもに似合えばどこのものでもいい」(8歳・女の子のママ)

ブランドに興味がない
「ブランドにはあまり興味なく、気に入った物やデザイン、サイズ感などで選んでます」(0歳・女の子のママ)

こだわらない派は、良し悪しの判断をブランドに頼らず、目と足で探す楽しさを知っているのかもしれませんね。

一方、「少しこだわる」「かなりこだわる」というこだわり派のママたちに、ブランド服の魅力を聞いてみました。
生地が丈夫・質がいい
「ブランド品は高いだけあって生地もしっかりしているので、よく洗う子ども服でもよれずに着られる。人にお古であげるときも喜ばれる」(2歳・男の子、1歳・女の子のママ)
「姉妹なので長持ちするブランドを選びます」(7歳と3歳・女の子のママ)

統一感・デザイン重視
「女の子なのでかわいいものを着せたくなってしまう」(8歳と5歳・女の子のママ)
「着るときにテイストをそろえたいし、丈夫さも重視してるから」(1歳と0歳・男の子のママ)

それ以外にも、
「友達もそうしているから」(2歳・男の子のママ)
「やはり、近所の目」(2歳・男の子のママ)
など、地域性や周囲のテイストに合わせてブランドを着せているという人もいました。

ちなみに、ママたちの好きなブランドの1位は、「GAP」。
店舗数も多く、アメリカならではのカラフルな色合いとお手頃価格が人気です。
「品質がよくデザインもシンプルで飽きがこない。セールをよく開催していて良いものを安くゲットできるから」(0歳・男の子のママ)
定期的なセール開催も魅力のひとつですね。

次に人気なのは、子ども服の老舗ブランド「ミキハウス」。
「ダブルBシリーズは一目でわかる知名度とくまちゃんがかわいいですよね。また品物そのものが良いので、かなり使い勝手がいいお洋服です」(3歳・男の子のママ)
お祝いにいただいてからファンになったというコメントが多いのも特徴です。

以下、「ユニクロ」「ファミリア」「無印良品」「ラルフローレン」…と続きます。ここで、あがったブランドの販売価格にかなりの高低差があることに気づきませんか?
時代の流れとともに、ママたちの懐具合の二極化も進んでいるのかも…!?と感じたアンケート結果でした。

(文:照井みき)