お惣菜を家庭でおいしく食べるコツ&子どもに人気のお惣菜8つ

お惣菜を家庭でおいしく食べるコツ&子どもに人気のお惣菜ベスト8

家族の栄養管理を担うママですから、レトルト食品やお惣菜に抵抗感がある方も少なくありません。でも、たまにはママだって、家事を手抜きしたいですよね。そんなときには、ちょっとしたひと手間で、お惣菜に、手作り感をプラスしてみてはいかがでしょう?今回は、先輩ママたちのアンケートを元に、お惣菜をおいしく食べるコツについてお届けしていきましょう。

レトルト食品やインスタント食品、お総菜などをお子さまに与えるとき、罪悪感はありますか?

1位 はい 56.5%
2位 いいえ 43.5%

僅差ではありましたが、罪悪感を持つママのほうが多いようです。
では、こういった出来合いのものを食卓に出したときのママの心情はどうなのでしょうか?

レトルト食品やインスタント食品、お総菜を活用したとき、同居している家族の目が気になることはありますか?

1位 いいえ 65.3%
2位 はい 34.7%

意外にも家族の目は気にならないママが多いようです。これは食卓に出すときに、ママがひと手間を加えて出しているからかもしれません。
ではみなさん、具体的にどういった工夫をしているのでしょう?

スーパーやコンビニのお惣菜を、お家でおいしく食べるコツを教えてください

「トンカツ、レタス、トマトを食パンに挟んでトースターで焼いて食べれば栄養満点でおいしいですよ」(14歳・男の子、11歳・女の子のママ)

「ポテトサラダにはマヨネーズとコショウを足す。さらに、刻んだゆで卵やスライスきゅうりなどの具も足します」(11歳と9歳・男の子のママ)

「プレートに少しずつ盛りつける」(11歳・男の子、7歳と2歳・女の子のママ)

「野菜炒めを春巻きの皮で巻いて一手間かけるとお惣菜感が出なくてオススメです」(10歳・男の子のママ)

「揚げ物は、電子レンジではなくて、オーブントースターで温め直す」(9歳・女の子、6歳・男の子のママ)

「食べ残したお惣菜はキッシュかケークサレにすると、子どもが食べやすくなります」(9歳・女の子、2歳・男の子のママ)

「フライものはフライパンで温めなおし、油を落とします。これで結構カロリーダウンになります」(8歳・男の子のママ)

「トースターでカラっとあたためて、生野菜か野菜のオイル漬けを添えます」(7歳・男の子のママ)

「カツがしんなりしていたら、親子丼風にして食べるとしんなり感が気になりませ」(7歳と4歳・女の子のママ)

「煮物は味付けが濃かったり、匂いや舌触りが苦手だったりすることがあるので、一度ザルにあけて湯通ししたあと、鍋にあけて味を調えています」(4歳・男の子のママ)

「ほうれん草のおひたしの場合、鰹節やしらすをのせてタンパク質も補っています。買ってきた惣菜に、具を加えることでいかにも買ってきた感じがなくなります」(4歳・男の子のママ)

「お皿は変えて気分を上げています。フライものは食感が全然違ってくるので、面倒でも必ずトースターで温めています」(2歳・女の子のママ)

「揚げ物は衣を外したり、肉や魚はできるだけ食材の中心部を選んだりして、味の濃さや油っこさを軽減してあげる」(2歳・女の子のママ)

「ドレッシングなどをかけたり、ポン酢や生姜、わさびや調味料で工夫したりするとおいしく食べられます」(1歳・女の子のママ)

お皿に移したり、野菜をくわえて見た目を変えたり、オーブンで温めなおして食感を良くしたりと、ママたちのさまざまな工夫が伺えました。

とはいえ、どんな工夫を加えるにしても、まずメニューが重要!子どもたちには、どんなお惣菜が人気なのでしょう?

スーパーやコンビニのお惣菜の中で、子どもに人気のものを教えてください

1位 からあげ 38.8%
2位 コロッケ 24.7%
3位 焼き鳥 11.8%
4位 ハンバーグ 5.3%
5位 メンチカツ 2.4%
5位 とんかつ 2.4%
6位 白身魚のフライ 1.2%
7位 オムレツ 0.6%

・その他…12.9%

やはり揚げ物が上位を占めていました。「その他」の回答には、フランクフルトやつくね、餃子などがあがっていました。ランキングにも多くあげられた揚げものは、オーブントースターやグリルを活用すると衣をカリっと仕上げることができます。みなさんもぜひ、ひと手間かけて、おいしくいただいてください!

おわりに

罪悪感を持つママも多い出来合いのおかずですが、忙しいママだからこそたまには手抜きだって必要。アンケートにあったようにひと手間を加えたり、一品だけをお惣菜にしたりして、お惣菜を賢く活用してみませんか?きっとママの強い味方になってくれるはずです。