目安はハーフバースディあたり!?離乳食はいつ始めた?

“離乳食”は赤ちゃんにとって生まれて初めてのしっかりした食事。あなたのお子さん、離乳食を始めたのはいつごろでしたか?そのときの反応は? 献立に何か工夫はありましたか?ママたちの貴重な経験を教えてください!

妊娠中、カフェイン入りのコーヒーや紅茶飲んでた?

1位 生後6ヵ月ごろ 44%
2位 生後5ヵ月ごろ 29%
3位 生後7ヵ月ごろ 14%
4位 生後3ヵ月ごろ 7%
5位 生後8ヵ月ごろ 5%
6位 生後10ヵ月ごろ 2%
6位 生後4ヵ月ごろ 2%
7位 生後9ヵ月ごろ 1%
7位 生後11ヵ月ごろ 1%
7位 1歳をすぎてから 1%

一般的に離乳食開始、とされているのが生後5ヵ月~生後6ヵ月。1位と2位を占めたのはこの月齢で、7割以上のママからの声が届きました。始めた理由でやはり多いのは「一般的な開始時期だから」。育児書や検診、離乳食教室などがきっかけになっています。また、

「大人が食べるのを見て、ものすごくほしそうにしたから」(0歳・女の子のママ)

という理由も目立ちました。

離乳食で苦労したこと、工夫したことは?

離乳食で苦労したことは、好き嫌いがあり食べ方にムラがある、早飲みしたり一度に多くの量を詰め込む、まだまだ母乳をほしがる、など。

「メニューが決まったものになりがち」、「食材をひたすら細かくしたり裏ごしするのが大変だった」という声もあるように、ママの苦労も多い離乳食作り。

あなたなりに工夫したことは?

「圧力なべでまとめて野菜、お肉を蒸して、ついでに野菜スープや洋風だしをとって
一石二鳥!」(2歳・男の子のママ)、
「あれもこれも作っても初めは食べてくれないので、主食に野菜やたんぱく質類を一緒にして一品つくり、それで全体の栄養をとれるようにした」(2歳・男の子のママ)
「早い時期から手づかみメニューにして、自分で食べる楽しさを知ってもらうようにしました!」(1歳・女の子のママ)

など……。小分けにして冷凍する、製氷器にスープをストックするなどの、離乳食の定番術も多く支持されています。

早めの離乳食デビューを果たしたママは……

生後5カ月以前のちょっぴり早い離乳食スタートを選んだママたち。赤ちゃんが意欲的に食べたがったというコメントのほかに、

「ミルク卒業に向けて」(3歳・男の子、0歳・女の子のママ)

といった理由がありました。そしてマイペースに進めた生後7ヵ月以降のママたち

「アレルギー対策で少し遅めに始めた」(4歳・女の子のママ)、
「乳があれば生きていける。本人がほしがっているから」(12歳と7歳双子・男の子のママ)
「小さく生まれたので遅かったです」(3歳・男の子のママ)

子どもの状態を見ながらママそれぞれの考えで離乳食開始をゆっくりにしています。

そして離乳食作りの苦労や手間について語るママは多し!
「一人目なのでまじめにやりすぎたり、これでいいのかなと気にしすぎて離乳食の準備が嫌でした」(1歳・男の子のママ)

こんな率直な意見に賛同するママは多いのでは?

「同じものを作っても食べたり食べなかったり、がんばって作ったものに限って全然食べてく れなかったりなので、適度にあまりがんばりすぎないようにしています」
(5歳・男の子、1歳・女の子のママ)

というママもいました。

まとめ

離乳食作りに限らず、育児はママの毎日の仕事。子どものことを大切にするのはもちろんですが、ママが気持ちよく笑顔でい続けるために、少し肩の力を抜いてみることはやはり必要なことですね♪